初心者が挑戦!はじめてのWordPressでホームページ制作【第2回:WordPressをインストール】

カゴヤ・ジャパンに入社して2年目の籠屋京子と申します。
この連載は第2回目を迎えました。

第1回では、私に合ったサーバー探しを行い、共用レンタルサーバーを使うことにしましたね。
第2回では、その共用レンタルサーバーにWordPressをインストールし、初期ドメインのURLでホームページを表示します。

実は、今回の記事はサポートサイトに手順が載っているので、そちらを見ながらインストールしていきます!もっと詳しく知りたいときは以下のページを参考にしてくださいね。

無事インストールできるのか!?躓きやすいポイントもご紹介しながら進めていますので、一緒にWordPressをインストールしていきましょう!

今回のゴール

共用レンタルサーバーにWordPressをインストールして初期ドメインのURLでホームページを表示する!

用意するもの
・共用レンタルサーバー
(インストールの際には、契約を済ませておいてくださいね!)

共用レンタルサーバーのご契約はこちら

籠屋京子
「今回は以下の内容で契約しました。」

プラン名 共用サーバーS22
アカウント名 kagoya-kyoko
初期URL http://kagoya-kyoko.kir.jp

MySQLデータベースを作成

1)MySQLデータベース利用開始設定

籠屋京子
「WordPress をインストールするには、『MySQLデータベース』というホームページのデータを格納する場所を用意しておく必要があります。まずはMySQLデータベースを作成していきましょう!共用サーバーの場合、MySQLデータベースはコントロールパネルから簡単に作成できるようです。初回に利用開始の設定が必要ですので、下記の手順に沿って設定を行います。」

1.コントロールパネルにログインします。

2.上部メニューの「コントロールパネル」→「データベース」→「MySQL」→「利用開始」の順にボタンをクリックし、画面を進めていきます。

3.「利用開始」の画面からデータベースサーバーの接続環境を選択します。
サポートサイトでは選択肢の説明も記載しています。)

4.選択ができましたら、「利用開始」のボタンをクリックします。

籠屋京子
「これでMySQLデータベースが利用できるようになりました!」

2)MySQLデータベースを作成

籠屋京子
「利用開始の設定ができましたら、下記の手順に沿ってMySQLデータベースを作成していきます。」

1.上部メニューの「データベース」→「MySQL」→「DB追加」の順にクリックし、画面を進めていきます。

2.「DB追加」内の「データベース名」項目内に、データベース名を入力します。任意の名前を16字以内で入力します。

3.入力後に「データベース追加」をクリックします。

4.データベース追加完了の画面が表示されます。

籠屋京子
「これで、MySQLデータベースが作成できました!」

WordPressのインストールを行う

WordPressのインストール

籠屋京子
「そして次は、コントロールパネルにWordPressをインストールしましょう!」

1.上部メニューの「簡単インストール」→「CMS」→「WordPress」→「ver5.2.2」(WordPressのバージョンを選択)の順にクリックし、画面を進めていきます。

2.「WordPress 日本語版」ページが表示されます。

3.「インストール」内の「確認」項目の2つのチェックボックスに✓を入れます。

4.「インストール」内の「ディレクトリ」項目内の「新規にディレクトリを作成して、インストール(入力してください)」のラジオボタンに✓を入れます。

5.そして、4.の下記のボックスにインストールするディレクトリ名を入力します。

6.「インストール」内の「ディレクトリ」項目の少し下にある「インストール」ボタンをクリックします。

7.インストールが完了し、インストール完了画面が表示されます。

8.そして、インストール完了メールが届きます。

籠屋京子
「これで、WordPressをインストールできました。」

WordPressの初期設定を行う

WordPressの初期設定

籠屋京子
「次は、WordPressを利用する前の初期設定を行います!」

1.インストール完了メールに記載している「初期設定をするためのURL」項目のURLをクリックします。

2.開いた画面の「さあ、始めましょう!」をクリックします。

WordPressの初期設定
1)WordPressがプログラムがデータベースにアクセスするための情報の入力

籠屋京子
「まず、WordPressがデータベースにアクセスするための情報を登録します!」

1.WordPressがデータベースにアクセスするための情報を登録する画面が表示されます。

2.下記の5点を入力します。

データベース名 WordPress で使用したいデータベース名。コントロールパネルより追加したMySQLデータベース名を入力します。
ユーザー名 データベースのユーザー名を入力します。
パスワード データベースのパスワードを入力します。
データベースのホスト名 localhost が動作しない場合にはWeb ホストからこの情報を取得することができます。
テーブル接頭語 ひとつのデータベースに複数の WordPress をインストールしたい場合、これを変えます。

籠屋京子
「わからない場合は、下記の手順で確認する方法もあります。」

1)「データベース」→「MySQL」→「DBサーバー情報」

2) DBサーバー情報の表の記載部分は下記から確認ください。

ユーザー名 「DBユーザー名」に記載
データベースのホスト名 「DBサーバー名」に記載

3.「送信」をクリックします。

籠屋京子
「あれ、、、エラーになって進めません。サポートに聞いてみましょう。」

サポート
「ユーザー名がおかしいようです。ユーザー名は、アカウント名に「-」がある場合、DBユーザー名は「_」に置き換える必要があります。ここに気を付けて、もう一度、入力していただけますか?」

 ―再度、①~⑤を見直して入力し直します―

籠屋京子
「送信できました!ありがとうございます。」

4.「この部分のインストールは無事完了しました。WordPress は現在データベースと通信できる状態にあります。準備ができているなら…」という表記が出ます。

5.「インストール実行」をクリックする。

籠屋京子
「これで、WordPressがデータベースにアクセスするための情報を登録できました。」

WordPressの初期設定
2.WordPressの必要情報の入力

次に、WordPressの必要情報入力します。

1.WordPressがデータベースにアクセスするための情報を登録した後、WordPressの必要情報入力ページが開きます。

2.WordPressの必要情報5点を入力します。

  1. サイトのタイトル
    このWordPressで作成するサイトのタイトルを入力します。
  2. ユーザー名
    管理者権限でログインするためのユーザー名を入力します。
  3. パスワード
    管理者権限でログインするためのパスワードを入力します。
  4. 籠屋京子「半角文字7文字以上で、セキュリティを強化するために、大文字と小文字のアルファベット、数字や ! ” ? $ % ^ & ) などの記号を組み合わせてください。パスワードは、失くさないように大事に保管してくださいね。」

  5. メールアドレス
    入力したメールアドレスに管理者権限でログインできる「ユーザー名」と「パスワード」が送られますので受信可能なメールアドレスを入力してください。
  6. 検索エンジンでの表示
    Google や Technorati のような検索エンジンへの登録を希望しない場合は、チェックを外します。

3.入力できましたら、下記の「WordPressをインストール」をクリックします。

4.「成功しました!」が表示されます。

籠屋京子
「これで、WordPressのインストールができました!」

籠屋京子
「さて、ちゃんとホームページは表示できるでしょうか?http://kagoya-kyoko.kir.jp/kagoya_kyoko/ にアクセスしてみましょう!」

籠屋京子
「表示できました!」

第2回では、WordPressをインストールしました。
初心者には難しいポイントがいくつかありましたが、無事にインストールできて良かったです。
皆様もいかがでしたでしょうか。

次回 第3回:独自ドメイン、SSLの設定

籠屋京子
「次回は独自ドメイン、SSLの設定にチャレンジします。」



他の連載記事を読む

第3回:独自ドメイン、SSLの設定▶
高速でセキュアな環境で運用できるWordpressユーザー向けに特化したWordPress専用サーバー

人気記事ランキングトップ10

カテゴリ一覧

新着記事Pick Up!