ログイン
ログイン

京都発の最新データセンター

最適なファシリティと技術力で高品質、低価格を実現!

KAGOYA DC+
高密度実装可能なファシリティでコスト削減が可能

1ラックあたり「最大8kVAの電源供給」「ラック搭載耐荷重1t 」のため、電源容量や耐荷重不足で複数ラックを利用しているお客様ならラックを集約することでコスト削減が可能です。

【一般的なデータセンターとの
1ラックあたりのスペック比較】

  耐荷重 供給電力
一般的なデータセンター 500Kg ~ 700Kg 最大4kVA ~ 6kVA
カゴヤ・ジャパンのデータセンター 1000 kg 最大 8kVA

データセンターの特長

  • ロケーション
  • ファシリティ
  • セキュリティ
  • スペック