無料で使える!ホームページテンプレートまとめ

無料でおしゃれなサイトを作成できる豊富なホームページテンプレートの中からおすすめを厳選してご紹介しています。あなたのサイトの目的に合ったテンプレート選びがきっとできますよ。

Webサイトテンプレートイメージ

テンプレートを選ぶポイント

検索エンジンで探してみると、ホームページの無料テンプレートは星の数ほどでてきます。その中でも、あなたが構築するホームページで使うのに、最適なテンプレートを選ぶ際のポイントとして、以下の4つがあげられます。

  • 個人利用・商用利用共に可能か
  • 取り扱うコンテンツの雰囲気にあったデザインか
  • コンテンツを分かりやすく配置できるか
  • レスポンシブデザインに対応しているか

簡単に1つずつ解説します。

まず無料のテンプレートには、それぞれライセンスの利用規約が設けられています。テンプレートによっては個人利用・商用利用共に可能ですが、場合によっては個人利用のみ無料で利用できて、商用利用の場合は有償となることもあります。ご自身の利用用途と照らしあわせて、この点に問題ないか確認してください。

次にデザインについてです。ホームページに掲載するコンテンツの雰囲気にあったものを選ぶようにしましょう。たとえば会社のホームページであれば、フォーマルで清潔感のあるデザインが好まれます。たいして趣味のホームページであれば、よりカジュアルなテンプレートを選んでもよいかもしれません。

第三に、作成するコンテンツを配置しやすい、使いやすいテンプレートを選ぶようにしましょう。そのためにはあらかじめ、構築するホームページのコンテンツについてイメージをある程度かためておきます。その上で、ナビゲーションを参考にテンプレートがどのような構造になっているか確かめます。その構造に作成予定のコンテンツが適切に配置できると思われるものを選ぶのがおすすめです。

最後のレスポンシブデザインとは、ホームページにアクセスした端末ごとに見やすい表示へと自動的に切り替わるデザインをさします。レスポンシブデザインであれば、PC用のサイト・スマートフォン用のサイトをわけて作成する必要がありません。現在では、閲覧者はさまざまな端末でホームページにアクセスするので、レスポンシブデザインに対応したテンプレートが便利です。

日本語向け!オススメ無料テンプレート

ここでは日本語環境で使うことを想定して作成された、入門者向け・初心者向けの扱いやすいおすすめ無料テンプレートを紹介します。難しいhtmlの編集をする必要がなく、比較的シンプルに使えるテンプレートを選んでいます。

おすすめテンプレート(1)個人サイト用

個人サイト向けテンプレート
(参照元:https://template-party.com/db_template/?act=list&kind=1&info9=kojin&html=list_kojin.html#beginner5)

デザインがシンプルで見やすい上に、1カラムレイアウトで初心者の方でも編集しやすいのが特徴です。趣味の紹介など簡単ホームページの作成に適しているでしょう。またレスポンシブデザインに対応しているので、アクセス元の端末を意識せずにホームページを作成することができます。

なお無料で利用する場合は、HP最下部の著作権表示を削除することはできないので注意しましょう。この表示を削除する場合は、別途有料のライセンス契約が必要となります。

おすすめテンプレート(2)ビジネス用

ビジネス用テンプレート
(参照元:http://f-tpl.com/tpl_072/)

コーポレートサイトに使うのに適したビジネスライクなデザインのテンプレートです。その上で比較的コンテンツが多くても、直感的に目的のコンテンツへたどり着きやすいようナビゲーションが構成されています。こちらのテンプレートももちろんレスポンシブデザインに対応しています。

なお商用でも完全無料で利用可能なデザインですが、テンプレート内の著作権表記は外せません。この表記を削除したいときは有料のシリアルキーを購入する必要があります。

おすすめテンプレート(3)飲食店用

飲食店用テンプレート
(参照元:https://template-party.com/db_template/?act=list&kind=1&info9=food&html=list_food.html)

お店で提供するメニューを強く印象づけられるデザインの、飲食店用ホームページテンプレートです。おしゃれな見た目でお店の印象を良くしてくれるでしょう。

またお店の情報やメニューなど、必要なコンテンツが設置しやすいようにナビゲーションも出来上がっているので使いやすいのも特徴です。レスポンシブデザインにも対応しています。なおこちらも「おすすめテンプレート(1)個人サイト用」で紹介したのと同じサイトのテンプレートで、著作権表示を消したい場合に限り有料となります。

海外のおしゃれデザイン無料テンプレート

海外にも、おしゃれで高品質な無料テンプレートが溢れています。日本語化対応する際の注意点(後述)があるものの、より印象的なホームページを構築したい場合は、海外のテンプレート利用を検討してもよいのではないでしょうか。

おすすめテンプレート(1)個人サイト用

個人向け海外テンプレート
(参照URL:https://html5up.net/story)

写真などの画像をきれいにみせたい場合におすすめのテンプレートです。特にトップに掲載する写真次第では、サイトのイメージを強く印象づけることができます。サイトの構造自体はシンプルなので、趣味で簡単なホームページを作りたいときに適しているでしょう。こちらのテンプレートも、もちろんレスポンシブデザインに対応しています。

おすすめテンプレート(2)ビジネスサイト用

ビジネス用海外テンプレート
(参照元:http://www.free-css.com/free-css-templates/page217/narrow)

おしゃれでデザイン性が高い上に、ビジネスライクで清潔感を演出できるシンプルなビジネス用テンプレートです。会社概要やサービス紹介のページが分かりやすくナビゲーションされているので使いやすいでしょう。レスポンシブデザイン対応のテンプレートです

おすすめテンプレート(3)キャンペーンサイト用

キャンペーンサイト用海外テンプレート
(参照元:https://startbootstrap.com/template-overviews/landing-page/)

商品のキャンペーンサイトなどを構築する際に適したデザインのテンプレートです。おしゃれではあるもののフォーマルさもあり、ビジネスに適しています。

また商品の特徴や開発者・ユーザーの声を掲載しやすいようにあらかじめデザインがきまっているため、このテンプレートを利用すればサイトの構築時間を大幅に短縮できるでしょう。こちらもレスポンシブデザイン対応です。

日本語化する際の注意点

海外のテンプレートとはいえ、htmlなどの書式は世界共通なので、基本的には日本で公開されているテンプレートとほぼ同様に利用することができます。ただ1つ注意すべきなのは、ブラウザに解釈させる文字コードとhtmlファイルの文字コードをあわせることです。この2つが異なると文字化けの原因になります。

具体的には、htmlファイルの

<head></head>

部分の確認です。ここには、そのファイルをどんな文字コードで読み込めばよいか以下のように指示している部分があります。

<meta charset="UTF-8">

この場合、そのhtmlファイルを保存する際に、文字コードの指定を「UTF-8」で合わせる必要があります。ここがばらばらになってしまうと文字化けの原因となるので注意しましょう。たとえばWindowsのメモ帳であれば、そのファイルを保存する際に、文字コードを選ぶ箇所が表示されます。編集の際は、ここを正しく選んでファイルを保存してください。

無料テンプレートでおしゃれなサイト作成を

無料のホームページテンプレートを使えば、手軽にプロがつくったようなおしゃれなホームページを作成できます。ホームページのテンプレートにもさまざまな種類があるので、ご自身の作成するコンテンツにあうものを選ぶようにしましょう。またその際、レスポンシブデザインに対応したテンプレートであれば、PC用・スマートフォン用それぞれ別々にコンテンツを作成せずにすみ便利です。

安心で選ぶならカゴヤサーバー

人気記事ランキングトップ10

共用レンタルサーバー

高速でセキュアな環境で運用できるWordpressユーザー向けに特化したWordPress専用サーバー

カテゴリ一覧

新着記事Pick Up!