お問い合わせはこちら

【2022年版・採点表付き】初心者におすすめのWordPress無料テーマ6選

公開
初心者推奨のテーマ

WordPressは無料テーマでもオシャレなもの、」SEO対策やマニュアルが充実したものがあり、初心者でも簡単にウェブサイトやブログを開設できます。テーマ選びのポイントを踏まえたおすすめの無料テーマを採点付きで紹介するとともに、有料テーマとの違い、有料テーマを選んだ方が良いケースを解説しています。

テーマとは

そもそもWordPressのテーマとは、ウェブサイトに使うデザイン・構成・機能をセットにしたテンプレートのことです。テーマをダウンロードして設定すれば、初心者でも簡単にオシャレなサイトやブログを作成できます。

テーマは有料・無料のものがあり、またブログ向け・企業サイト向けなど目的ごとに種類も豊富です。テーマによって備えている機能も異なり、好みに合わせてカスタマイズすることもできます。

Q. 有料テーマと無料テーマの違いは?

有料テーマと無料テーマでは、主に以下のような違いがあります。

  • デザインバリエーションの豊富さ
  • カスタマイズの範囲の広さ
  • SEO対策の充実度
  • サポート・マニュアルの充実度

一般に、有料テーマの方がデザインや見せ方のバリエーションが豊富で、サポートやマニュアルも充実しています。業種などの専門性に特化したテーマでは、「痒い所に手が届く」見せ方ができるケースもあります。

ただし最近は初心者でも使いやすく、SEO対策やマニュアルが充実している無料テーマもあります。特に個人ブログや副業のアフィリエイトサイトの場合、有料テーマでなくても事足りることが多いでしょう。

有料テーマがどんな人・利用目的に向いているか、具体的にどのようなことができるかを知りたい人は、ページ後半初心者でも有料テーマをおすすめするケースを参照してください。

初心者がWordPressのテーマを選ぶ際のポイント

有料テーマに比べると、テーマの選択肢、機能、マニュアル・サポートなどが限られている無料テーマ。だからこそ、選ぶ時は以下の5点を意識しましょう。

ポイント① 利用目的に合っている
ポイント② セキュリティが整っている
ポイント③ サポートやマニュアルが充実している
ポイント④ シンプルで操作しやすい
ポイント⑤ SEO対策に強い

利用目的に合っている

利用目的により、適したデザインやレイアウトは大きく変わります。使いやすさ、見やすさを意識してテーマ選択しましょう。例えば、ブログや企業サイトの場合、以下のような特徴を持ったテーマを選ぶことをおすすめします。

  • ブログの場合…訪問者が新規記事を読みやすい、過去の記事を検索しやすい
  • 企業サイトの場合…情報を整理して掲載できる、機能を拡張しやすい
  • LP(ランディングページ)の場合…画像やコピーの配置がしやすい、SEO対策が充実している

セキュリティが整っている

安心して使えることは、サイトを作る人にとっても閲覧する人にとっても重要です。各テーマのセキュリティの高さは以下のような点をチェックすると良いでしょう。

  • 定期的にバージョンアップされており、更新履歴が公開されている
  • 大幅なバージョンアップでは、その理由が確認できる
  • できれば日本製のもので、文字化けなどの不具合も確認できる

サポートやマニュアルが充実している

設定に困った時やトラブルの時に頼れる情報があると安心です。以下のように良い点も悪い点もきちんと公開されていたり実際に使っている人のノウハウやTipsが公開されていたりすると、問題が起きた時にも解決しやすいです。

  • 公式サイトが、動画やマニュアルを公開している
  • 様々なトラブル事例や解決方法が公開されている
  • 問い合わせ窓口がある
  • 有料で受けられる質の高いサポートが用意されている
  • 公式サイト以外にも、日本語で書かれた評判、口コミ、ノウハウ情報などが豊富にある

シンプルで操作しやすい

目的や機能が絞られてシンプルだと、サイト作成の作業も少なく、また訪問者にとっても見やすく使いやすいです。具体的には以下のようなポイントをチェックすると、シンプルで操作しやすいかどうかが分かります。

  • 設定に必要な項目が少なく、すぐにページ公開ができる
  • 利用者を迷わせるような、余計な装飾や機能がついていない

さらに、シンプルなテーマであれば、WordPressに慣れてきた時にカスタマイズしやすいというメリットもあります。

SEO対策に強い

SEO対策とは、グーグルなどの検索エンジンで上位に表示されるようにするための対策です。上位に表示されれば、それだけ多くの人に見てもらえます。そのためのポイントは数多くありますが、例えば以下のような特徴があることが望ましいです。

  • ページの表示速度が速い
  • レスポンシブに対応している(サイズの異なる端末での表示を最適化できる)
  • メタディスクリプションを設定できる
  • SNSシェアボタンが設置されている
  • パンくずリストが設置されている

なおSEO対策はプラグインを活用する方法もあります。SEO対策向けのプラグインは数多く公開されており、以下の記事はその中でも代表的な「Yoast SEO」について詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

人気プラグインYoast SEOの機能と使い方

人気プラグインYoast SEOの機能と使い方

サイトを公開しているならSEO対策は行いたいところ。WordPressの「Yoast SEO」というプラグインが評判高いと聞いても、どんなことができるようになるのかがややこしかったり、設定が難しかったりとなかなか手を出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、ポイントを押さえれば初心者でも設定はできますよ。早速確認していきましょう。 Yoast SEO、その機能とは? Yoast(ヨース…

初心者におすすめのWordPress無料テーマ6選

無料テーマの中でも、カゴヤが厳選したおすすめテーマを6つご紹介します。

【採点表】おすすめの無料テーマ

今回ご紹介するおすすめの無料テーマを、先述の「テーマを選ぶ際のポイント」に照らし合わせて採点したのが以下の表です。

ポイント利用目的セキュリティサポートなどシンプルさSEO対策総合評価
Cocoonブログ4455★★★★☆
Lightning企業HP
LP
5545★★★★★
LION MEDIA企業HP
メディア
3445★★★☆☆
Luxeritasブログ
メディア
4555★★★★★
Simplicity2ブログ4455★★★★☆
Xeory Extension企業HP
LP
5545★★★★★

おすすめテーマ①Cocoon(コクーン)

Cocoon

Cocoonは無料テーマの中でも特に人気がある、シンプルで使いやすいテーマです。ブログやアフィリエイトサイト向けのテーマですが、汎用性が高く、企業サイトやLPでも使われています。

特に魅力的なのが「スキン機能」という、ワンクリックでサイトの色やフォントを変更する「着せ替え」のような機能です。テーマ変更より簡単にサイトの雰囲気を変えることができます。

製作者が個人であり、サポートも個人では難しい面があるためセキュリティやサポートに限界はありますが、総じて完成度の高いテーマです。 Cocoonは後で紹介するSimplicity2の後継テーマです。どちらも優れたテーマなので、デザインの好きな方を選ぶと良いでしょう。

Cocoon(外部リンク)

おすすめテーマ②Lightning(ライトニング)

Lightning

LightningはWordPress公式テーマに登録されており、7万件を超える有効インストール数を誇ります。サポートも充実しているため、企業サイトやLPによく使われています。

このテーマの特徴は、開発元である株式会社ベクトルが様々なプラグインを用意してくれていること。このプラグインを使えば機能を大幅に拡張することができるため、サイトを随時カスタマイズしていきたい人におすすめのテーマです。WordPressを始めたばかりの初心者の方には多少操作が難しいかもしれませんが、公式ページには動画での操作マニュアルもあります。

Lightning(外部リンク)

おすすめテーマ③LION MEDIA

LION MEDIA

LION MEDIAは、無料テーマとは思えないデザイン性の高さが特徴のテーマです。SEO対策も充実しており、CTA機能も付いていることから企業サイトやメディアサイトに向いています。ブログを開設したい場合は、ブログ向けのLION BLOGを利用しても良いでしょう。

ただしデザインにこだわろうと思うと自分でのカスタマイズが必要になるため、初心者には少々ハードルが高いです。また長期間アップデートがないため採点表の「セキュリティ」はやや低スコアです。

LION MEDIA(外部リンク)

おすすめテーマ④Luxeritas(ルクセリタス)

Luxeritas

Luxeritasは表示速度が高いテーマで、訪問者がストレスなくサイト内を閲覧することができますそのためブログやメディアサイトでよく使われるテーマです。SEO対策もしっかりとされており、サポートも「対応が早い」と評判です。

機能性が高く、初心者でもプラグインなしでサイトを制作することができます。またシンプルなため、初心者に優しいのも嬉しいポイント。Cocoonのスキン機能に近い「デザインファイル」という機能も存在し、テーマを変更せずにサイトのデザインを簡単に変更することができます。

Luxeritas(外部リンク)

おすすめテーマ⑤Simplicity2(シンプリシティ2)

Simplicity2

おすすめテーマ①のCocoonと同じ人が開発したテーマで、Cocoonの前身となるテーマです。「とにかくシンプルなWordPressテーマを作ろう」という考えのもとに開発されており、ブログで使われることが多いです。 機能面ではCocoonの方が優れていますが、シンプルに使いたいならSimplicity2でも充分でしょう。こちらでもセキュリティ、SEO対策などはしっかりされています。

Simplicity2(外部リンク)

おすすめテーマ⑥Xeory Extension(セオリー エクステンション)

Xeory Extension

Xeory Extensionは、コンテンツマーケティングで有名な「バズ部」が開発したテーマで、信頼性の高さが大きな魅力です。デジタルマーケティングを熟知しているからこそ、企業サイトやLPなど企業の情報発信に最適化されたテーマになっています。 デザインはシンプルで、企業の雰囲気などに合わせたカスタマイズもしやすいです。またSEO対策もしっかりされており、記事それぞれをSEO観点でチェックしてくれる機能もあります。

Xeory Extension(外部リンク)

初心者で有料テーマをおすすめするケース

WordPressには使い勝手が良い無料テーマも多く、初心者でも簡単にサイトを作成することができます。 しかし、利用目的によっては有料テーマを選んだ方が良いケースもあります。ここでは有料テーマがどのような場合に良いのか、無料テーマと違って何ができるのかを簡単に紹介します。

  • Webに関する知識は浅いが、企業サイトやビジネスサイトの担当になった
  • アフィリエイトサイトでお金をしっかり稼ぎたい

一般に、有料テーマはサポート体制が充実しています。いつでも質問できたり、購入者専用のマニュアルが用意されていたりします。そのため「初心者なのにWeb担当になってしまった」という場合にも心強いでしょう。

また有料テーマの中には、目的に特化したテーマも数多く存在します。例えばカゴヤの「業種特化型WordPressテーマ」は、業種・業界や利用目的に合わせて、必要な画面や機能が揃っています。病院なら診療時間の案内ページ、企業なら会社概要のページなど、雛形となるデザインが既にあるので、必要情報を書き込むだけで簡単にページ作成ができます。

有料テーマでできることの具体例

今回は一つの例として、カゴヤの業種特化型WordPressテーマの一つ「ECサイト向けWordPressテーマ」をご紹介します。

このテーマでは、インターネットショッピングに必要な画面や機能が揃っています。商品一覧ページもただ画像が表示されるだけでなく、商品カテゴリ、商品名、価格、値引き情報などが最適なレイアウトで表示されるようになっています。

このように「痒いところに手が届く」のは、業種・業界や目的に特化したテーマならではです。

まとめ

最近の無料テーマは充実したものが多く、初心者でも簡単に魅力的なサイトを作成することができます。選び方のポイントを押さえれば無料でも安心して使うことができるので、お気に入りのWordPressのテーマを見つけてサイトを作ってみてください。

ただしセキュリティやサポートも重視されるビジネス利用の場合、また他のサイトと差別化したい場合は、有料テーマも検討した方が良いでしょう。後でテーマを変えると再設定の手間もかかるため、無料テーマにこだわりすぎず、広く検討することをお勧めします。

カゴヤの「業種特化型WordPressテーマ」なら、業種・業界や利用目的を選ぶだけで、簡単にハイレベルなサイトを作ることができます。テーマの使用方法なども質問できるプレミアムサポートサービスも用意していますので、慣れない人が担当になっても安心してお使いいただけます。

WordPressテンプレートテーマ