初心者が挑戦!はじめてのWordPressでホームページ制作【第1回:私に合うサーバー探し】

カゴヤ・ジャパンに入社して2年目の籠屋京子と申します。
みなさんホームページを作るのは初心者には難しいとお思いですか?

実は私も自分でホームページを作るのはハードルが高いと思っていて、「WordPress を使えば簡単に作れるよ!」とよく言われるのですが、これまで自分で作ったことがありません。

「レンタルサーバー屋に勤めていてそれはダメだ」とまわりからの後押し(圧力?)もあり、こんな初心者でも本当にWordPressを使えば簡単にホームページを作れるのか挑戦し『カゴヤのサーバー研修室』でレポートしていきたいと思います!

私に合うサービスプランの選び方

サポートセンターに聞いてみた

まず、ホームページを作成するのにレンタルサーバーの契約が必要です。
カゴヤ・ジャパンもレンタルサーバーを提供しているのですが、たくさんのプランがあって、どのプランがよいのか迷ってしまいますね。

そこでまずは自分に合ったサーバー選びのポイントなどをサポートセンターの担当者に聞いてみました!(※世の中にはそれぞれに特色があるレンタルサーバーサービスがたくさんありますが、大人の事情もあり、カゴヤ・ジャパンのレンタルサーバーを前提にお話ししますね。)

籠屋京子
「WordPressでホームページを作りたいのですが、サービスプランがたくさんあるようです。どのプランを選んだらよいですか?」

サポート担当
「利用用途や想定されるアクセス数などのサイトの規模によっておすすめのプランは変わってきます。どのような内容のホームページを作る予定ですか?」

籠屋京子
「Twitter で #京子のきょうどこ行く というハッシュタグをつけて紹介している京都のお出かけスポットや興味を持ったイベント情報などのまとめサイトを作りたいと思っています。」

初心者向けのWordPress専用サーバー

サポート担当
「ブログ用途でサイト規模もあまり大きくなさそうですし、初心者向けのサーバーということであれば、WordPress がはじめからインストールされている「WordPress 専用サーバー」がおすすめです。アフィリエイトサイトや、企業のコーポレートサイトなどの用途であれば、月額440円からの低価格から利用いただけます。」

高速でセキュアな環境で運用できるWordpressユーザー向けに特化したWordPress専用サーバー

サポート担当
「ただしWordPress専用サーバーは、初心者向けサービスということもあり、あらかじめ構築された環境の範囲内でWordPressを利用することになります。そのため、1契約で1サイトという制約や .htaccess を使えないなどの制限があります。」

籠屋京子
「WordPress専用サーバーは、初心者向けサービスなんですね!1サイトなので、私はこのプランが合ってそうです。」

自由度が高い共用サーバーとマネージド専用サーバー

籠屋京子
「ちなみに、WordPressサイトを自由に設定したり、複数サイトを運用したい場合はどのプランがおすすめですか?」

サポート担当
「複数サイトを運用される予定や様々な設定をしながらWordPressサイトを作りこみたい場合などは、共用サーバーやマネージド専用サーバーをおすすめしています。
ちなみに独自ドメインは利用しますか?」

籠屋京子
「(…独自ドメイン?)
独自ドメインって何ですか?」

サポート担当
「ホームページのアドレスを「会社名.co.jp」など自分専用のわかりやすいアドレスに変更できるのが独自ドメインです(サーバー研究室でも詳しく説明しているので読んでみてくださいね)。」

こちらもチェック⇒【図解】ドメインとは?をわかりやすく解説します

サポート担当
「独自ドメインのメールアドレスは使いますか?ビジネスで利用するお客様には独自ドメインのメールアドレスの方が会社名をドメインに含めることができますし、フリーのメールアドレスで済ませる方も増えていますが、会社としての安心感も与えることができるのでおすすめしています。」

籠屋京子
「そうなんですね。今回作成するホームページは会社として立ち上げるものですので、独自ドメインのメールアドレスを設定して使いたいです。」

サポート担当
「それならメールサーバーもついている共用サーバーかマネージド専用サーバーをおすすめします!ちなみに、独自ドメインは 有料(たとえば、co.jp ドメインの場合は8,400円)ですが、共用サーバーかマネージド専用サーバーを契約すると1個無料で取得できるのでおすすめです。」

籠屋京子
「共用サーバーかマネージド専用サーバーを契約すると独自ドメインが1個無料で取得できるんですか!?それはお得ですね!」

サポート担当
「また、共用サーバーかマネージド専用サーバー利用の場合は「簡単インストール」機能もあるので、初心者でも手軽にWorddPressを使っていただけると思いますよ。」

共用サーバーに決定

籠屋京子
「そうなんですね。私には共用サーバーかマネージド専用サーバーのどちらかが合ってそうですね。私の場合ですと、どちらがおすすめですか?」

サポート担当
「ECサイトやアクセスが多い大規模サイトでなければ、共用サーバーをおすすめします。まずは共用サーバーで利用開始いただいて、後からアクセスが多くなってきたり、スペック不足でサーバーが重くなった時点でマネージド専用サーバーにプランアップしていくことも可能なので、使いやすいと思いますよ。」

籠屋京子
「それなら共用サーバーにします!サービスプランの選択に迷ったらサポートセンターに問い合わせれば対応いただけるのですよね?」

共用レンタルサーバー

サポート担当
「はい。不明があればいつでもご相談ください。
他にもWordPress 向けプランの比較ページなどもご用意していますので、ぜひご覧ください。」

質問に答えるだけでおすすめプランを診断

サポートセンターの担当者にプラン選択のポイントを伺ってまとめてみました。
質問に答えるだけでおすすめプランを診断できますのでご活用ください。

まとめ!WordPressが使える3つのサーバーの違いは?

WordPress専用サーバー

WordPressのインストール不要。
・WordPressの設定なく、管理画面から始められる。
・構築された環境での使用になるので様々な設定ができない。
・ドメインは1個のみ使用可能。
・アフィリエイトサイトや、企業のコーポレートサイトなどの用途であれば、月額440円からの低価格から利用可能。
・メールは利用できない。

共用サーバー

2週間お試し期間がある。
独自ドメインが1個無料で取得できる。
WordPress簡単インストール機能付き。
・価格帯がリーズナブル。
・スペック不足になった際にマネージド専用サーバーへプランアップができる。
・複数サイトを運用する予定や様々な設定をしながらWordPressサイトを作りこみたい場合向き。
・メールも利用できる。

マネージド専用サーバー

独自ドメインが1個無料で取得できる。
WordPress簡単インストール機能付き。
・他のサーバーの影響が受けにくい。
・ECサイトやアクセスが多い大規模サイト向き。
・複数サイトを運用する予定や様々な設定をしながらWordPressサイトを作りこみたい場合向き。
・メールも利用できる。

次回 【第2回:WordPressをインストールしよう】

では、いよいよ次回から実際にWordPressのインストールにチャレンジします。

高速でセキュアな環境で運用できるWordpressユーザー向けに特化したWordPress専用サーバー

人気記事ランキングトップ10

カテゴリ一覧

新着記事Pick Up!