メールサーバーとは?仕組み・役割をわかりやすく解説します

メールは送信・受信それぞれ別々のサーバーソフトによって運用されています。ここではメールサーバーの仕組みやサーバー毎の役割、あわせてメールに必要なDNSサーバーの役割まで分かりやすく解説します。メールサーバーを運用する際は、まずこれらの点を正しく把握することが必要です。

Mail symbols with woman using device in a beige chair

メールサーバーとは

一口にメールサーバーと言っても、単一の機能やサーバーだけで成り立っているわけではありません。メールの送信や受信のシステムを運用するためには、複数の役割をもったサーバーが連携することが必要です。具体的にはメールの送信や配送を行うSMTPサーバーユーザーがメールを受信するための機能を提供するPOP3サーバーがあり、この2つをあわせてメールサーバーと呼びます。

メールサーバーの仕組み

前述した通りメールサーバーは、メール配送・送信を受け持つSMTPサーバーとメール受信を受け持つPOP3サーバーが分業して成り立っています。さらにメール配送の仕組みを成立させるためには、メールアドレスのドメイン名から宛先のメールサーバー(SMTPサーバー)のインターネット上の住所にあたるIPアドレスを割り出すDNSサーバーが必要となります。これらのサーバーがそれぞれの役割を果たして、メールのシステムを成立させているわけです。その上でたとえばWebメールを運用するのであれば、さらにWebサーバーを連携させることになります。

メールサーバーの仕組み

メールサーバーの役割

以下、SMTPサーバー・POP3サーバーそれぞれの役割について1つずつ解説します。それぞれのサーバーの役割を正しく把握することで、より鮮明にメールサーバーの仕組みをイメージできるようになるでしょう。

SMTPサーバーの役割

SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)とは、簡単に言うとメールを他のサーバーへ送信・配送するための仕組みのことです。ユーザーはメールソフト等でメールを作成し、それを送信します。SMTPサーバーはユーザーからメールを受け取った後、DNSサーバーに依頼して宛先のメールアドレスのドメイン部分から配信先のメールサーバーを割り出した後、そのサーバーに対してメールを配送します。

この一連のメール配送を受け持つのがSMTPサーバーの役割です。またこのようにサーバー間でSMTPを使いメール配送することを、SMTPリレー・メールリレーと呼ぶことがあります。25番ポートという決められたポート番号で通信することでSMTPソフト間のメールリレーが実現します。このポート番号は、メールソフトの設定などでよく使いますので覚えておくと便利です。

SMTPサーバーの役割

なお少し前から日本国内の多くのインターネットサービスプロバイダ(特に個人向け)では、悪意のある顧客が自分でSMTPサーバーを構築して迷惑メールを配信するのを防ぐために、特定のサーバー以外の25番ポートの通信を禁止するOutbound Port 25 Blockingを導入しました。Outbound Port 25 Blockingが導入されたインターネット回線では、ユーザーがメールソフトからメール送信する際にSMTPサーバーと通信できるようにするため、一般的に25番ポートの代替としてサブミッションポート(587番ポート)の利用が可能です。その他、メールクライアント・SMTPサーバー間の通信を暗号化するSMTP over SSL(465番ポート)が使われることがあります。

SMTPサーバーの役割について郵便のシステムになぞらえると、ユーザーがメールソフトを使いメール送信する行為は、郵便ポストに手紙を投函することに例えられます。そして郵便ポストに投函された手紙を郵便局が回収し、その手紙の届け先となる郵便局まで配送する – ここまでの役割がSMTPサーバーの仕事にあたると言えばわかりやすいでしょうか。

POP3サーバーの役割

POP3(Post Office Protocol)サーバーの役割は、郵便のシステムでは私書箱の運用と同じようなものと考えると分かりやすいでしょう。SMTPサーバーによって配送されたメールは最終的にPOP3サーバーへ渡されます。POP3サーバーの中には、1つ1つのメールアドレス毎にメールボックスと呼ばれる郵便の私書箱にあたる機能が用意されており、そこに配送されたメールが保管されます。ユーザーはメールソフト等でこのメールボックス(私書箱)へアクセスし自分宛のメールを取り出すわけです。この一連の仕組みを提供するのがPOP3サーバーの役割。POP3では110番ポート、POP over SSLという暗号化を伴う方式では995番ポートをそれぞれ利用します。

POP3サーバーの役割

ちなみに、メールの配送においてメールの送信(SMTP)と受信(POP)で別々のプロトコルが使われるのには理由があります。それは、メールの送信・受信それぞれの「都合」によるものです。郵便ポストにいつ手紙が投函されるか分からないように、メールの送信や配送もいつ行われるか分かりません。そのためSMTPサーバーは基本的に常時起動してメールが配送されるのを待ち受けている必要があります。一方ユーザーは常にパソコンを起動しているわけではなく、自分の都合の良いタイミングでメールソフトを起動してメールの受信を行います。そのためにPOP3サーバーはメールを蓄積しておいて、ユーザーの要求に応じてメールを取り出せる仕組みを用意しているわけです。

IMAPサーバーとは

またパソコンだけでなくスマートフォンやタブレットでもメールを読む現代では、POP3サーバーだけでなくメールをサーバー上に置いたまま管理するIMAP(Internet Message Access Protocol)サーバーもよく使われるようになりました。IMAP接続を使えば、パソコンなどのローカルにあるメールソフトではなくサーバーにメールが保管されるので、スマートフォンやタブレットなども含めて複数の端末で、サーバー上の同じメールが読めるようになります。また端末を切り替える際に、メールのエクスポート・インポートといった面倒な移行作業が不要であることもIMAPサーバーを利用するメリットといえます。

郵便に例えるような私書箱にメールを置いたまま管理するようなものです。自宅にメールを持ち帰ることはないので、私書箱へアクセスさえすればいつでもどこからでもメールを確認できて便利です。スマートフォン・タブレットの普及が広がるにつれ、今後もIMAPサーバーの重要性は増していくことでしょう。IMAPのポート番号は143番、SSLによる暗号化を行うIMAP over SSLは993番ポートが使われます。

DNSサーバーの役割

メールサーバーの運用にはDNSサーバーの役割も重要です。
SMTPサーバー間でメール配送をする際、配送先のSMTPサーバーのIPアドレスを調べる作業などをDNSサーバーに依頼します。具体的にはメールアドレスの@以降のドメイン部分の情報を基に、DNSサーバーはIPアドレスを導き出します。

これも郵便に例えてみると、@以降のドメインを東京都千代田区丸の内のような住所にあたる部分とすれば、その地域を担当する郵便局の名称(MXレコード)と、郵便局の住所にあたるIPアドレス(Aレコード)を割り出すのがDNSサーバーの役割です。DNSサーバーが調べた結果を基にSMTPサーバーがメールの配送を行います。DNSサーバーでは53番ポートが使われます。

まとめ

いかがでしたか。メールのシステムは、メールの送信(SMTP)・受信(POP3・IMAP)それぞれのサービスを提供するサーバーの連携によって成り立っています。配送先のサーバーの住所を調べるためのDNSサーバーもここに絡んできます。メールサーバーを構築したり運用したりするためには、まずメールサーバーの仕組みとSMTPサーバー・POP3(IMAP)サーバー・DNSサーバーそれぞれの役割をきちんと把握しておくことが必要です。

高速でセキュアな環境で運用できるWordpressユーザー向けに特化したWordPress専用サーバー

人気記事ランキングトップ10

カテゴリ一覧

新着記事Pick Up!