EC-CUBEとは?できること、機能をわかりやすく解説します

ECサイトをオープンさせたい!と思って調べると、よく見かけるのが「EC-CUBE」。EC-CUBEとは、無料で使えるオープンソースのECサイト構築パッケージのことです。EC-CUBEは無料にもかかわらず、豊富な機能が標準で装備されている上、操作も比較的簡単にできます。ここではその機能やメリット、導入までのフローをわかりやすく解説していきます。

EC

EC-CUBEとは?

ECCUBE

日本企業の株式会社ロックオンが提供している、ECサイト構築パッケージの名称です。日本発で、シェアは国内NO.1のオープンソースのソフトウェアです。(第3回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査)

ECサイトの運営や管理に特化したCMS(コンテンツマネジメントシステム)で、詳しい知識を持たなくても導入が可能です。大手ECパッケージは多くの場合有料ですが、EC-CUBEは無料で使用できます。

尚、最新バージョンは3.0です。カゴヤ・ジャパンは最新バージョンのインストールにも対応しております。

EC-CUBEでできること

EC-CUBE にはECサイトの運営に必要な基本機能が網羅されているため、必要な機能を独自で探し回る必要はありません。さらに優れている点は、そのプログラムの拡張性と豊富な関連サービス(有料と無料共に有り)があることと、日本国内の開発と制作環境が充実していることが挙げられます。また、ECサイトの規模の大小に関係なく使うことができます。

それでは公式サイト「機能一覧」ページより、無料で利用できる基本機能を紹介します。

管理機能

まずは店舗運営に不可欠な管理面についてです。その運営を正確かつ効率良く行うために、以下の管理機能が備わっています。

  • 認証機能
  • 商品管理
  • 受注管理
  • 会員情報管理
  • コンテンツ管理
  • メルマガ配信
  • 売上集計

特に重要な機能は、以下の4つです。

商品管理 商品とその関連情報の登録や編集を行います。CSVファイルでの一括登録も可能で、円滑に実行できるように、ひな形となる見本のファイルも用意されています。
受注管理 受注マスターと受注登録があり、注文者・受注商品・支払方法・配送先の情報より構成されています。CSV形式のファイルで一括ダウンロードができます。
会員管理 基本的な会員情報に加えて、購入履歴も含まれます。
コンテンツ管理 サイト全体のレイアウトの指定や、各ページの新規作成や編集などをまとめて行うことができます。また新規作成画面では、metaタグの埋め込みが可能です。

フロント機能

管理機能の次は、会員の操作画面を設定する機能です。売上に直結するので大変重要な役目を果たしています。

  • 商品紹介
  • 商品注文
  • お客様ページ
  • その他(お問い合わせフォームなど)
商品紹介 商品の特徴を、魅力的なデザインやレイアウトでわかりやすく提示しています。商品購入の検討から、実際に購入手続きに移行するために最も重要な機能です。ユーザレビューやお気に入り登録機能も整っていて、購入促進に役立っています。
商品注文 商品の購入手続きを滞りなく進めるための、各種プロセスが整っています。決済だけでなく、配送時間の指定まで可能です。
お客様ページ 会員の登録から退会までを管理しています。注文履歴の表示やお気に入り商品の登録までが対応可能です。

EC-CUBE導入のメリット

ECに特化しているEC-CUBEは、CMSの仕組みを整えています。導入すると以下のようにさまざまなメリットを享受することができます。

無料でインストールできる

大手ECパッケージはほとんどが有料です。そのため、ビジネスの特性や規模、自由度にあわせてシステム自体の開発を行う場合は、膨大なコストがかかります。

しかし、ECの標準機能を利用するだけなら、EC-CUBEで基本的なプログラムを利用するとよいでしょう。インストールも無料なので、大きな初期投資のリスクも極力抑えることができます。

日本製で導入事例も多く、信頼性が高い

オープンソース(ソースコードを公開しているソフトウェア)のECパッケージは、その多くが海外製です。一方EC-CUBEは日本製で、国内を中心に3万店舗以上が導入している(株式会社ロックオン調べ)パッケージです。日本国内でこれだけ事例が多いことからも、安心して導入を決定できるのではないでしょうか。

標準でECサイトに必要な基本機能がほぼ揃っている

すぐにでも営業を開始するために、まずはパッケージに基本機能が組み込まれている必要があります。開店当初は、過剰な機能が運営の支障になることもあるため、注意が必要です。
一例として、EC-CUBEには「EC-CUBEペイメント」と呼ばれる決済サービスが、プラグインで提供されています。豊富な決済手段と充実したサポート体制が整っているので便利です。

自由にカスタマイズできる

EC-CUBEをある程度使っているうちに、運用している店舗特有の問題が発生する場合があります。その解決方法の一つとしてカスタマイズがありますが、使いやすい点がポイントです。

実際には専門的なプログラムの改修ではなく、拡張プログラム「プラグイン」によって、手軽に誰でも実施できるのが特徴です。EC-CUBEのプラグインは、決済、デザインテンプレート、集客、顧客管理、販促など800種類以上用意(一部は有料で販売)されています。

利用者のためのコミュニティと情報が充実している

1.8万人のEC-CUBE利用者が登録する「開発コミュニティ」の場が、XOOPSにて提供されています。ここでは質問や会話することで交流でき、ECパッケージ初心者でも効率的に問題解決できます。

もちろん、インターネット上にも多くの役立つ記事(Googleで約500万件)が公開されています。検索により情報の取捨選択が必要なため、多少は手間がかかりますが、こちらも重要な情報源となっています。

物流サービスとも連携している

利用者に商品を届けるためにコストがかかることは理解していても、商品の販売管理が優先的になり、物流のことはどうしてもおろそかになりがちです。また、物流業者の選択に迷うことも多いのではないでしょうか。

そのような場合、「EC-CUBEで使える物流サービス」を利用すれば、「簡単・便利で、お得に導入」することができます。

EC-CUBEの動作環境

EC-CUBEを動作させるためには、以下のシステム要件を満たす必要があります。またEC-CUBEのバージョンによって、システム要件は若干異なります。最新版(3.0系)の場合は、上記のリンクに記載のある内容をご覧ください。

なお、CPU・メモリ・HDDなどのハードウェア要件は、公式サイト上には明記されていません。これは利用者側の対応ブラウザについても同様です。

利用者が独自にレンタルサーバーなどにインストールする際は、くれぐれもサーバーの動作環境にお気をつけください。

動作しないリスクを回避するためには、動作確認がとれていて、簡単インストールに対応したレンタルサーバーを選択するようにしましょう。こちらの章の最後でご紹介します。

WEBサーバー

IIS(8.0)Apache(2.2.15)は、動作確認済みです。Nginxは公式では動作が確認されていないため、インストールには注意が必要です。

PHP

PHPのバージョンでは、5.4.39 / 7.0.9が動作確認済みです。PHPライブラリとして、必須と推奨の指定が多くあり、正しく快適に動作させるためには、全て組み込んでいなければなりません。詳しくは、システム要件ページの「ソフトウェア要件(3.0系)」を参照してください。

データベース

通常の用途で、動作が確認されているデータベースとそのバージョンは、PostgreSQL(8.4.20 / 9.3.6)※MySQL(5.1.73)です。
※pg_settingsテーブルへの参照権限が必須になりますのでご注意ください。

レンタルサーバー

EC-CUBEに限った話ではありませんが、導入には、最初から動作可能なレンタルサーバーを選択する方が賢明です。その際のポイントは以下の通りです。

  • EC-CUBEオフィシャルパートナー(10社)か、動作検証済レンタルサーバー(8社)より選択
  • 簡単インストールに対応したサービスの方が早くて確実
  • やむを得ない場合を除き、EC-CUBE単独で一つのサーバーを使用する方が、快適で安定する
  • 利用料金は月1千円前後が多い
  • 一例として、カゴヤ・ジャパンの無料オプションは、インストール方法が詳しく解説されているためおすすめ。共用サーバーなどのプランに対応

EC-CUBEの導入フロー

では、はじめてEC-CUBEを導入する場合、開店までには具体的に何をすればいいのでしょうか。下記にまとめてみました。公式サイト「EC-CUBEとは」ページの「開店までのSTEP」の項目をもとに、補足しながら解説します。

  1. 無料のデモサイトで、実際のフロント画面と管理画面の動作を確認する
  2. 対応サーバーを用意する(前項の「レンタルサーバー」からの選択が無難)
  3. EC-CUBEをダウンロードし、サーバーへインストールする(簡単インストールが便利)
  4. 決済方法を決定・申込・導入する(「EC-CUBEで使える決済サービス」参照)
  5. EC-CUBE管理画面の基本情報を入力・設定する
  6. デザインなどのカスタマイズをする(デザインテンプレートプラグイン有。一部有料)
  7. 正式公開前の動作確認
  8. ECサイト正式オープン

EC-CUBEのファイルサイズは15MB程度なので、ダウンロードするには比較的コンパクトなプログラムです。なお、利用者が独自にダウンロードする場合には、最初に会員登録が必要です。

まとめ

ここまでいかがでしたか。EC-CUBEの特徴と導入のメリットを中心に解説してきました。ここまででおわかりいただけたかと思いますが、ECに特化し、導入と運営のノウハウが凝縮しているEC-CUBEをおすすめします。ぜひカゴヤ・ジャパンの無料オプションなどを活用して、素敵な店舗を開設し運営してみてはいかがでしょうか。

高速でセキュアな環境で運用できるWordpressユーザー向けに特化したWordPress専用サーバー

人気記事ランキングトップ10

カテゴリ一覧

新着記事Pick Up!