お問い合わせはこちら

ノーコード開発とは?メリット・デメリットを分かりやすく紹介

公開
ノーコードとは

Webサイトの制作やアプリケーションのプログラム開発には、長い期間と高額な費用を必要とします。ノーコード開発を利用することにより、これまで多くかかっていた開発期間とコストを削減できるようになります。

しかし、ノーコード開発とはどのような開発手法なのか、詳細をご存知ない方もいらっしゃるのではないでしょうか。 この記事では、ノーコード開発とはどのような手法なのか、メリットやデメリットについて詳しく解説します。

ノーコード開発とは

ノーコード開発とは、プログラミングの知識やスキルがなくても、アプリケーションやWebサービスの開発ができる方法を指します。

通常、Webサービスの制作やアプリケーションの開発は、ソースコードの記述によってプログラミング開発を行います。しかし、ソースコードを書く必要がないノーコードは、短期間での開発が可能となります。

ノーコードによる開発は、ドラッグ&ドロップの操作のみで直感的にアプリケーションの開発やWebサービスの制作ができるため、パーツを配置するだけで簡単にアプリ開発を行うことが可能です。

ITエンジニア不足の現代において、社内にエンジニアが在籍していなくても、Webサービスやアプリ開発を推進できるため、ノーコードは大きな注目を集めています。

【事例付き】ノーコード開発のできることは?

ノーコード開発では、主に以下にあげるような開発を実施できます。

  • Webアプリ・サイトの開発
  • スマートフォンアプリの開発
  • 業務効率化システムの開発

この章では、ノーコードで開発した製品の事例をもとに詳しく解説します。

【業務効率化システム】ノーコードWeb開発&運用プラットフォーム”Forguncy”

グレープシティ株式会社が提供する「Forguncy」は複数システムをダイレクトに接続することでデータの参照・更新が行えるデータ管理機能に加え、Excelと同等の使用感で操作が可能なデザイン機能を搭載したノーコードWeb開発&運用プラットフォームです。

これを使用することで基幹システムの仕様上、仕方なくExcelやAccessをそのまま利用してデータ管理していた作業の効率を大幅に改善させることが可能となります。

また、グレープシティ株式会社とカゴヤ・ジャパン株式会社の協業モデルである「Forguncyプラン」を利用する事でForguncyをオンプレミス環境からクラウド環境に切り替え、テレワークなどのリモートワークでも使いやすくなり、サーバー管理の手間の削減などのメリットを享受できます。

Excel業務を効率化!ノーコードWebアプリ作成ツールForguncy(フォーガンシー)

Excel業務を効率化!ノーコードWebアプリ作成ツールForguncy(フォーガンシー)

社内のあちこちに散在しているExcelやAccessの業務を、簡単にWebアプリ化・クラウド化して集約できないか、と考えたことはないでしょうか。けれども開発や運用のコストがかかりすぎる・・・そんな課題を解決できるノンプログラミングツールが、グレープシティ株式会社の「Forguncy(フォーガンシー)」です。 今回紹介するノンプログラミングツール「Forguncy」は、Excelでの非効率な業務を改…

【Webアプリ】人材募集サービス”kitene”

シースリーレーヴ株式会社が提供する「Kitene」は、Twitterに特化した人材マッチングアプリです。Twitterを活用して、リアルタイムでTwitterユーザーへ人材募集の情報を配信できます。

Twitterの投稿履歴から、履歴書などから把握できない応募者の人となりが分かることが、他の求人アプリにはない強みであると言えます。

Kiteneは、ノーコードツール「Bubble」を活用して開発を行い、開発期間はわずか1ヶ月、開発人数3名という低コスト・ハイスピードでの開発に成功しました。

【スマートフォンアプリ】地元レストラン検索アプリ“AppDuJour”

AppDuJourは、日本の食べログのような、地元のレストランを検索できるアメリカ発のスマホアプリです。アプリケーション開発の経験、知識のない状態から約7ヶ月で開発・リリースしています。

ユーザーは、好みの条件を指定してレストランを検索します。一方、レストラン側は月額制料金を支払う(サブスクリプション型の契約)ことで、新規顧客の獲得へつなげます。

【Web・スマホアプリ】物件の内見アプリ“あいホームバーチャル展示場”

あいホームバーチャル展示場」は、いつでもどこでも、スマホから住宅展示場を見学できるVR型内見アプリです。 あいホームが手がける全17棟のモデルハウスの、ほぼすべての部屋を自宅からでもどこにいても内覧が可能で、複数の住宅を比較検討する際に最適なサービスです。

不動産DXを実現する同サービスは、インテリアコーディネートを購入できる仕組みも提供し、優れたCX(顧客体験)を実現します。

このアプリケーションは、ノーコードによって約1ヶ月という短期間での開発となりました。開発者によると「実装する機能は極力シンプルに」「いらない機能はすべて削ぎ落とす」という2つのコンセプトをもとに開発が行われました。

【スマートフォンアプリ】結婚式の準備アプリ“ブラリノ”

ブラリノ」は、結婚式の招待状やご祝儀管理などの煩雑になりがちな準備作業を支援するアプリケーションです。

ブラリノには、以下の機能が実装されています。

  • オンラインご祝儀(事前にキャッシュレスで受け取り可能のため、式場への支払いも楽々)
  • 事前引き出物選択/発送(引き出物も事前に選択可能)
  • 写真共有(式に参加できなかった人も、クラウドに保存された写真の共有が可能)

すでにバイアウトを達成していることから、ノーコード開発アプリの質の高さを証明する良い事例となります。

ノーコード開発ではできないことは?

開発期間や人件費を削減できるノーコード開発ですが、以下にあげるような不向きな点も存在します。

  • 複雑なアプリケーション開発
  • 高速な表示速度のアプリケーション開発
  • 独自を追求するシステム開発
  • 複数領域を必要としたシステム開発

ノーコード開発は、開発するアプリケーションが複雑になるほど、コストが上がってしまう特徴があります。また、表示速度が高速なことを求められる開発にも向いていません。ページを読み込む速度が少し遅くなってしまう傾向があります。よって、シンプルでかつ高速を求められないアプリ開発に向いています。

また、独自システムには向いておらず、例えばGoogleの検索アルゴリズムのような開発には、現在はまだ向いていません。

ノーコード開発のメリット

ノーコード開発を活用することで、以下のようなメリットが得られます。

  • プログラミングの知識がなしでも開発ができる
  • 開発コストを削減できる
  • 開発期間が短い

それぞれ、詳しく解説します。

プログラミングの知識がなしでも開発ができる

ノーコード開発における一番のメリットは、プログラミングの専門知識が無くても開発できることです。

ソースコードを書く必要が無く、プログラミング言語やITスキル・知識がない人でも開発が可能なため、エンジニアに発注せず手軽にアプリを開発できます。

学習期間は2週間前後のため、少ない学習コストで開発ができる点も大きなメリットです。

開発コストを削減できる

直感的に操作でき、自社の誰でも簡単に開発が行えるため、外部への発注の必要がなくなり開発コストを削減できます。

通常の開発では、ITエンジニアへ依頼する必要があり、高額な人件費を必要とします。しかし、ノーコードで開発できるサービスは、ドラッグ&ドロップやテンプレートを活用するだけで開発が可能なため、新たにエンジニアを採用する必要がありません。

外部へ発注するコストは全て削減できるため、開発コストを大幅に削減できることが利点です。

開発期間が短い

ノーコード開発は、開発期間が短いことも大きな利点です。ソースコードを書く必要がなく、さらにプログラミング言語やコーディングのスキル・知識を学習する時間も不要になります。

アプリケーションによっては、最短で1日程度でリリースすることも可能なため、大幅なスピードアップが可能です。開発時間が短いことは、競合よりも優位に立つ大きな要因となるでしょう。

ノーコード開発のデメリット

多くのメリットを得られるノーコード開発ですが、デメリットも存在します。活用するためには、デメリットの内容もしっかり理解した上で導入を検討しましょう。

プラットフォームに依存している

ノーコード開発には、プラットフォームの依存度が高いデメリットがあります。

使用するノーコードツールに依存するため、セキュリティ面やデザイン、機能に制限が出てきます。ノーコードツールを提供する企業がサービスを終了してしまうと、開発したアプリが使用できなくなる可能性があります。

サービスをリリースする場合、ツールの利用者数や同行、調達金額をしっかり調査するようにしましょう。資金の少ないノーコードツールは、突然サービスが終了する危険性もあるため、特に注意することが重要です。

実装できる機能や拡張性に限界がある

ノーコード開発では、簡易的に開発が可能である反面、複雑なシステム開発には不向きであると言えます。そのため、実装できる機能が制限されてしまう特徴があります。

あらかじめ、ノーコードツールにある機能を使用するので、それ以外の機能を実装するケースには向いていません。ツールによって搭載されている機能も異なるため、そのツールで開発可能なアプリであるかを事前に理解しておくことが重要です。

例えば、独自のアニメーションや、検索アルゴリズムなどを実装するアプリ開発には、まだプラットフォームが対応できていないのが現状です。

提供企業が海外企業のため日本語の情報が少ない

ノーコード開発には、海外企業のサービスが中心であることもデメリットと言えます。そのため、サポートを受けるには英語での対応が求められます。また、学習ツールも英語で書かれていることが多いため、翻訳しながら学ぶ必要がでてきます。

英語が得意でない人には、ハードルの高い作業と言えるでしょう。

国産のツールや日本語対応をしているツールは、ECサイトを構築する用途であればいくつか存在します。しかし、日本語で開発できるツールと言い換えると、まだまだ選択肢が少ないと言わざるをえません。

ノーコード開発とローコード開発の違い

ノーコード開発とローコード開発の違いは、「コードの記述が全くない」ノーコードに対して、ローコードは「非常に少ないコード数」によってアプリ開発をする違いがあります。

またローコードは、機能性の高さについてもノーコードと違いがあります。ノーコードは機能が限られているため用途も限定されてしまいますが、ローコードは拡張性やAPIを持つアーキテクチャの利用により、機能の拡張や外部サービスとの連携によって独自のアプリを開発できます。

ローコードはノーコードに比べて広範囲なアプリ開発に向いており、ノーコードに実装されている機能では開発が困難なアプリやシステムの開発に向いています。

ローコードツールによっては、カスタマイズにより独自の機能を追加できます。ノーコードでは実現できなかった、顧客の細かなニーズにも対応できることが特長です。

ノーコード開発におすすめのプラットフォーム

この章では、ノーコード開発におすすめのプラットフォームを紹介します。例えば以下のように、開発するアプリや利用用途によって、おすすめのプラットフォームが分類されます。

  • Webアプリの開発におすすめの人気プラットフォーム
  • スマートフォンアプリ開発におすすめの人気プラットフォーム
  • Webサイトの制作におすすめの人気プラットフォーム
  • 業務の効率化におすすめの人気プラットフォーム

ノーコードのプラットフォームを選ぶ際には、これらの分類ついて理解した上で選定するとよいでしょう。

Webアプリの開発におすすめの人気プラットフォーム

■「Bubble

Bubble(バブル)は、ドラッグ&ドロップやその他の設定行うだけで、Webアプリを開発できるノーコードプラットフォームです。
ノーコードツールの中では1番汎用性が高いと言われているため、多くのアプリケーション開発に向いているプラットフォームと言えるでしょう。

特徴・プログラミング開発経験者向け
・フロントエンド、バックエンド、データベースの開発が可能
・コードを書き加えて機能の拡張が可能
・外部サービスとの連携によって独自アプリの作成も可能
日本語対応していない
直感的な操作ドラッグ&ドロップによる直感的な操作が可能
難易度
(高・中・低)
料金体系
(月額)
Free:無料
Personal:25ドル
Professional:115ドル
Production:475ドル
ノーコード開発ツールBubbleとは?料金やメリット・デメリットを紹介

ノーコード開発ツールBubbleとは?料金やメリット・デメリットを紹介

プログラミングをせずにアプリケーションの開発ができるノーコードツールの中でも、汎用度の高いツールであるBubble(バブル)。Bubbleを活用することで、プログラミング経験の無いエンジニアでも、Webアプリやスマートフォンアプリの開発ができるようになります。 しかし、Bubbleとはどんな特徴のあるツールなのか、ご存知ない方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、Bubbleの料金やメ…

スマートフォンアプリの開発におすすめの人気プラットフォーム

■「Adalo

Adalo(アダロ)は、スマートフォン用のWeb&独自アプリケーションを簡単に作成できるプラットフォームです。パーツを組み立てるだけで開発できるため、プログラミングスキルや知識がない方でも活用できるノーコードツールです。

特徴・Bubbleに比べて開発が簡単
・テンプレートが豊富なため、プログラミング知識がなくても開発が可能
・モバイル用のアプリ開発のみ
・パソコンで使用するアプリ開発には不向き
日本語対応していない
直感的な操作パーツを組み立てるだけの操作で開発が可能
難易度
(高・中・低)
料金体系
(月額)
Explore:無料
Pro:50ドル
Business:200ドル

Webサイトの制作におすすめの人気プラットフォーム

■「Webflow

Webflow(ウェブフロー)は、Web制作において汎用性が最も高いプラットフォームで、高度なWebサイトの制作が可能です。

特徴・フロントエンドだけでなく、バックエンドやデータベースも構築可能
・Web制作に特化したノーコードツール
・非常に汎用性が高い
・コードをエクスポートすることも可能
・HTML/CSS経験者向け
日本語対応していない
直感的な操作直感的にWEBサイトの作成が可能
難易度
(高・中・低)
料金体系
(月額)
Starter:無料
Basic:12ドル
CMS:16ドル
Business:36ドル
Enterprise:要問い合わせ

業務の効率化におすすめの人気プラットフォーム

■「Airtable

Airtable(エアテーブル)は、ExcelやGoogleスプレッドシートの表計算ツールのような、クラウド型のデータベースプラットフォームです。

普段から、表計算ツールを使用している人であれば、直感的に操作することが可能です。

特徴表計算ツールを普段から使っている人であれば誰でも直感的に操作が可能
データベース管理に特化しているツール
Viewの切り替え、データの型の指定、リレーションを組むなどの情報を簡単に管理
日本語対応していない
直感的な操作表計算ツールに慣れている人であれば直感的な操作が可能
難易度
(高・中・低)
中(データベースの概念の理解が必要)
料金体系
(月額)
Free:無料
Plus:10ドル
Pro:20ドル
Enterprise:要お問い合わせ

まとめ

ノーコード開発は、プログラミング開発のスキルや知識が全くない人でも、直感的な操作によって短時間でアプリの開発やWebサイトを作成できます。人件費の高額なITエンジニアの採用や、外部への開発をアウトソースする必要がないため、アプリ開発のコスト削減を図れます。

プラットフォームにはさまざまな種類があるため、使用用途にマッチしたツールを選定した上で、アプリ開発に活用しましょう。