アフィリエイトで稼げない人と稼げる人の違い(アフィリエイト基礎講座vol.3)

アフィリエイト基礎講座vol.1で「アフィリエイトの始め方」、vol.2で「おすすめASP」をご紹介し、実際にアフィリエイトを始めた方もいると思います。初心者の方が初めにぶつかる壁が「毎日更新しているのに稼げない…」「すぐに稼げると思ったのに稼げないじゃん!」となり心が折れてしまうことです。当記事ではアフィリエイトで稼げる人稼げない人の違いなどについて書いていきたいと思います。

アフィリエイト基礎講座vol.3

アフィリエイトが稼げないと言われている理由

そもそもアフィリエイトが稼げない、というのはありえません。

アフィリエイト=稼げないのであれば、数十社数百社あるASPは全社すぐに倒産します。2019年7月現在、東証一部に上場しているASPさん含めASPさんの決算を見るとアフィリエイトは稼げることが丸わかりで、「アフィリエイト市場」も2013年に1,350億円規模だったものが2020年には3,500億円規模に拡大すると言われています。 

つまりアフィリエイト=稼げないのではなく、稼げる人と稼げない人の格差がどんどんひろがっていて、稼げない人が増えてきてい、というのが答えだと思います。

理由1) 競合サイト数の増加

僕がアフィリエイトを始めたのは約7年前。その頃「比較サイト」と聞いて思いつくのは価格コムくらいでしたが、現在は比較サイト、つまりアフィリエイトサイトのライバルになりえるサイトが増え、相対的に稼ぎにくくはなってきています。

理由2) 企業の参入

僕の記憶だとここ3年くらいで、企業の一事業部、もしくは会社でアフィリエイト事業に取り組んでいるところが増えてきています。それらは資金や人員をかけて全力でアフィリエイトによる収益を上げることを事業としていて、副業で片手間でアフィリエイトを頑張っている人とは比べ物にならないくらいカッコイイサイトを作り、それらを複数ジャンルで量産することができます。

これも副業アフィリエイターが稼ぎにくくなってきた一つの理由です。

実は実際にアフィリエイト収入がある人の割合も少ない

みなさんは稼いでいるアフィリエイターさんの事をSNSやブログなどで知ると思います。その人たちをみていると「自分にもできる!」「かんたんに稼げる!」と思ってしまいがちです。

しかしその人たちは泥臭い努力をしていますし表面上ではわからないような苦労をたくさんしています。そのようなマイナスの側面を見ずに「安易に稼げる」と思う人が多いことから、現実とのギャップに苦しむ人が多いのではないか、と考えています。 

また、実際にアフィリエイトサイトを運営している人へのインタビューで「月1万円以上アフィリエイト報酬がある人は全体の10%しかいない」ことがわかっており、その点も「アフィリエイト稼げない」と思われている要因の一つではないでしょうか。 

「月に2〜3万円稼げれば良い」という考えから「全アフィリエイターの上位10%に入らないといけない」というマインドセットに切り替える事が近道かもしれません。

とは言っても、まじめにアフィリエイトに取り組んでいる人限定でアンケートすれば月に2.3万円稼いでいる人の割合はもっと多いと思いますし、そこまで悲観的になることではないとは思います。

稼げない人と稼げる人の違いとは

収入格差イメージ

上記のようにアフィリエイトで稼げている人が少ないのは事実ですが、稼げる人と稼げない人の違いは何なのでしょうか。先ほども書きましたように、アフィリエイトで稼げている人は「上位10%の一握り」なのでその10%に入るように努力しなければなりません。

あなたが副業でアフィリエイトを始めると仮定して、使える時間は帰宅後と土日の休み。「上位10%」である専業でアフィリエイトをやっている方や企業は、あなたが本業のお仕事をしている時間にアフィリエイトと向き合っています。 

スタート時点で大きく遅れているのに加えて、アフィリエイトと向える時間がライバルよりも大幅に少ない事を自覚してください。出遅れているのに加えて使える時間も少ないのに勝たなければいけない、そうなったときに「知恵」「お金」どちらかを使用しないと稼ぐ事は難しいでしょう

たとえば誰も気づいていない、競合アフィリエイトサイトがないジャンルでアフィリエイトサイトを作成し、誰にも気づかれないように月に2.3万円の報酬を稼ぐ、みたいな事ができる「知恵」があれば簡単に稼ぐ事ができます。

しかしそれはなかなか難しいので、僕が始めた頃は「お金」を使いました。自分が記事を書く時間がなければライターさんにお金を払って記事を執筆してもらい、デザインを整える技術もなければ時間もなかったのでデザイナーさんにお金を払ってアフィリエイトサイトのデザインをしてもらう。このように「お金」を使って自分自身のリソースを増やす努力をする事が大切だと思います。

もちろん寝る間を惜しんで「時間」の面で追いつこうとするのもアリだと思います。「技術」「情報」「時間」「お金」全ての面でライバルよりも劣っている事を自覚し、どれか一つでも勝てるような環境を作る事が稼ぐための第一歩です。

稼げるようになるために必要なこと

Hand putting wooden five star shape on yellow background

稼げるようになるための「考え方・心構え」「ジャンル・商材選び」は

に書かせていただいておりますのでそちらをご参考にしてください。簡単にまとめると以下の内容がポイントです。

  1. 俗に言う「稼げるジャンル」という物を選ぶ 
  2. 「稼げるジャンル」の細かいワードを狙いに行く(「〇〇 おすすめ」「〇〇 比較」など誰もが思いつくようなキーワードで勝負しない)
  3. ASPの担当者さんと仲良くなることで、高単価の案件を教えてもらう

ここでは、上記以外の「稼げるようになるために必要なこと」を具体的にご紹介していきます。

記事の書き方

後発で勝負するのであればとにかくユニークな記事、切り口で勝負!

教科書のような文章でアクセスを獲得するのは非常に難しく、また商品も売れにくいのでおすすめできません!ユニークな読んでいて楽しい記事はSEO的な文脈においてもCVR的な文脈においても有利です。 

また、文章だけでなくタイトルに「現役銀行マンが教える」「3児の母が本当におすすめする」など入れ、書いている人の背景がわかりやすいと信ぴょう性のある記事に仕上がりやすく、そのような場合もSEO的にもCVR的にも有利に働きます。

記事を分析し更新する

記事を公開して放置しっぱなしという人も多いのではないでしょうか?僕もついつい放置してしまいがちですが、「Googleのサーチコンソール」という検索最適化ツールに登録して、自分が書いた文章が検索エンジンにどのように評価されているか、評価されていないかを判断して改善のヒントにしましょう。

最初から完璧な文章をかける人はいません。プロのアフィリエイターも記事を書いてはチェックして改善、と日々のルーティンでおこなっています。

私の考えでは、記事は「見られない記事に価値はない」と思っているのでまずはたくさんの人に読まれるように編集、執筆をしていくべきだと考えています。とはいえ今からアフィリエイトを始められる方は細かい事を考えずにガンガン記事を書いて行く事が大切だと考えています。

完璧を目指すより終わらせろ-マーク・ザッカーバーグ

まとめ

今からアフィリエイトで稼ぎたい!と考えているアフィリエイターにとってはなかなか厳しい内容を書きましたが、逆に考えるとこのくらい本気でやればアフィリエイトは今でもまだまだ稼げるというのは紛れもない事実です。

本気で取り組めばASPの方やその先にいる広告主の方に伝わり、協力してくれる事も増えますし、ご自身のアフィリエイトサイトにも伝わり、それがユーザーにも伝わり、売上が発生します。足元の状況は厳しくなっていくでしょうがお互い頑張りましょう。

また、これからアフィリエイトを始めようと考えている方には、カゴヤのWordPress専用サーバーの利用がおすすめです。通常は自分でサーバーを契約してWordPressのインストール・設定を行わなければなりませんが、こちらであれば初めからWordPressがインストールされたサーバーを利用できるので安心です。さらに、初期費用無料かつ月額440円~と費用を抑えてアフィリエイトを始めることができるので、初心者の方にはメリットが大きいと思います。

WordPress専用サーバー

▼ 連載の他記事を読む ▼


高速でセキュアな環境で運用できるWordpressユーザー向けに特化したWordPress専用サーバー

人気記事ランキングトップ10

カテゴリ一覧

新着記事Pick Up!