【初心者向け】WordPressのバックアップ&復元方法

初心者の方向けに、WordPressのバックアップ方法(手動及びプラグイン利用)と復元方法を紹介します。大切な企業サイトを守るためには、情報のバックアップをとっておくことが大切です。WordPressのアップデートやもしものトラブルのときのためにも、必ずバックアップをとっておくようにしましょう。

WordPressバックアップ

Word Pressデータの仕組み

wordpressのデータの仕組

WordPressで作成したホームページは、その他の多くのウェブサイトのように、ホームページの情報が記載されたHTMLファイルによって成り立っているわけではありません。この場合のHTMLファイルは「静的ページ」と呼ばれ、あらかじめサーバー上にそのデータが保存されています。たいしてWordPressで生成されるウェブページは「動的ページ」と呼ばれ、ユーザーのアクセスがあるたびに、データベースに保存された情報を基にしてHTMLファイルが生成されます

静的ページであれば、ウェブサーバーにアップされたHTMLファイルや画像ファイルなどのみダウンロードしておけば、それだけでバックアップは完了です。一方WordPressでは、ウェブサーバー上にアップロードされた動的ページを生成するWordPressの各種プログラムのファイルと、データベースサーバーに保存された記事情報などのデータの2種類をバックアップする必要があります。

Word Pressバックアップ方法

WordPressのバックアップは、一般的に専用のプラグインを使って行います。なおプラグインを使わずにバックアップを行う方法もありますが、専用の知識が必要となる上に作業も煩雑です。このことからプラグインを使わないバックアップは上級者向けといえます。

プラグインを使ったバックアップとは?

WordPressのバックアップ用プラグインをインストールすることにより専用の画面から簡単にバックアップが設定できることに加えて、比較的手間もかかりません。メニューも分かりやすく用意されているため、専門的な知識も必要としません。そのため初心者の方はプラグインを使うのがおすすめです。

自動バックアップにおすすめのプラグイン

WordPressをバックアップするためのプラグインは複数ありますが、中でも初心者向けでよく使われるのが「BackWPup」です。設定画面が直感的にわかりやすく構成されており、初心者でもあまり迷わずにすむでしょう。

バックアップ方法

ここではBackWPupを使ったバックアップ方法を解説します。

  1. WordPressの「プラグイン」メニューを表示し「新規追加」をクリックします。
    プラグインインストール
  2. プラグインの検索欄に「BackWPup」と入力し、表示されたプラグインの中から「BackWPup」をインストールします。
    プラグイン検索
  3. インストールが完了したら「有効化」をクリックします。これで「BackWPup」が使えるようになります。
    プラグイン有効化
  4. WordPressの管理画面の中に、「BackWPup」というメニューが表示されているのでクリックします。
    BackWPupのメニュー表示
  5. BackWPupメニューの中から「ジョブを作成」をクリックします。ジョブとは簡単に言うと、バックアップ設定の1つのセットと捉えてください。
    ジョブの一般設定
  6. 「一般設定」画面に遷移します。
    「このジョブの名前」欄にバックアップの設定名を入力します。ここは任意の名前で構わないので、自分で分かりやすい文字列を入力してください。「ジョブのタスク」はデフォルトのまま、「データベースのバックアップ」「ファイルのバックアップ」「インストール済のプラグイン一覧」にチェックが入っている状態でかまいません。「バックアップファイルの作成」もそのままでよいです。次に「バックアップファイルの保存方法」では、「フォルダーへバックアップ」をえらびます。ここまで設定できたら「変更を保存」をクリックします。
  7. 上記タブの「スケジュール」をクリックします。スケジュールを設定しておくことで、設定した感覚で自動的にバックアップを取ることが可能です。スケジュールを決めるには「ジョブの開始方法」で「WordPressのCron」をえらびます。
    ジョブスケジュールの設定
    「スケジューラーの種類」は「基本」のままとし、「スケジューラー」で、自動バックアップを行う間隔と時間をきめます。ここでは毎日午前3時にバックアップするようにしていますが、他のタイミングをえらんでも構いません。なおバックアップをしている間は、サーバーに負荷がかかるので、できるだけアクセス数の少ない時間帯に行うようにしましょう。選択がすんだら、最後に「変更の保存」をクリックします。これでジョブの作成は完了です。左側のメニューから「BackWPup」をえらんで下さい。
  8. 設定したスケジュールでバックアップを行う設定としたため、そのタイミングがきたら自動でバックアップが行なわれますが、任意のタイミングでバックアップを行うことも可能です。その場合は、「BackWPup」で「作成したジョブを実行」をクリックします。
    BackWPupメニュー画面
  9. 作成したジョブにマウスポインタをあて「今すぐ実行」をクリックすると、バックアップが即時で開始されます。なお同じ画面で「編集」をクリックすると、作成したジョブの内容を編集することも可能です。
    ジョブを今すぐ実行する
  10. 復元を行うためには、あらかじめ作成したバックアップファイルを「BackWPup」の画面からダウンロードしておくことが必要です。WordPress左側のメニューの中から「バックアップ」をクリックします。
    作成されたバックアップファイルの一覧が表示されるので、ダウンロードするファイル(基本的には最新のファイル)にマウスポインタをあわせ「ダウンロード」をクリックします。
    バックアップダウウンロード
    ダウンロードしたファイルはZIP形式で圧縮されているので、復元する際は解凍してPCのわかりやすい場所に保存しておいてください。

バックアップを復元する方法

ここでは作成したバックアップファイルを使い、サイトを復元する方法を解説します。

  1. バックアップしたファイルをFFFTPなどのFTPソフトで復元対象のWordPressのフォルダーへアップロードします。
    ffftpでWordPressへアップロード
    バックアップしたファイルは以下をのぞいて全てアップロードしてかまいません。
    ****(ドメイン名が入ります).sql
    ****.xml
    ****(サイト名が入ります).pluginlist***.txt
    backwpup_readme.txt
    manifest.json
    なお、最初の「.sql」のファイルは後で別の場所へアップロードするので分かりやすい場所に移動しておいてください。(他ファイルは削除しても構いません。)
  2. 次にデータベースの復元を行います。データベースの復元では、MySQLの管理ツールである「phpMyAdmin」を利用します。phpMyAdminを開く方法はお使いのレンタルサーバーのマニュアルなどで確認して下さい。
    phpMyAdminへアクセスしたら「インポート」を開きます。
    phpMyAdminでサーバーへインポート
    先程ダウンロードしたファイルの中から「****(ドメイン名が入ります).sql」をえらび「実行」をクリックします。これでデータベースの復元も完了です。バックアップしたデータがすべて復元されているか、対象のサイトを開いて確認して下さい。

バックアップをとって万全の対策を!

データの誤削除やサーバーの障害などで、大切なサイトデータが消失してしまう可能性があることを、企業のサイト管理者であれば頭の片隅においておくべきです。そしてそういったもしもの事態に対処するためには、日ごろからバックアップをとっておくことが不可欠。WordPressであれば、紹介したプラグインや設定でバックアップや復元を行うことができるので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

Word Pressの基本を知りたい方はこちら
WordPress(ワードプレス)とは?できること・機能を分かりやすく解説します

高速でセキュアな環境で運用できるWordpressユーザー向けに特化したWordPress専用サーバー

人気記事ランキングトップ10

カテゴリ一覧

新着記事Pick Up!