お問い合わせはこちら

【すぐに仕組みを導入できる!】 サイトでの収益化につなげ運営に重宝するWordPressプラグイン16選

公開
更新

業務目的で実装したい WordPress プラグインをご紹介します。適切なものを導入すれば、自組織の Web サイトで利用者の使い勝手が向上するだけでなく、Web サイトの運営者にとっても業務改善につながります。ぜひ商売や各種の課題解決に役立てていただきたいと考えます。

収益化に役立つプラグイン

目次

Webサイトの収益化と管理業務の効率化にWordPress プラグインを活用する!

WordPress プラグインの本質

Web サイトの制作時に、最初から全てのプログラムを自前で用意するのは確かに理想ですが、一部の専門家を除き、あまりにも時間と費用がかかります。関連するプログラムを全て習得し、実際に作業をして動作するまでに費やす作業時間が膨大になるからです。

商売で Web サイトの公開をWordPress を使う場合でも同様です。費用と時間をたっぷりかけ自前で全てを用意するのではなく、便利な拡張機能「WordPress プラグイン」を使う方法があります。WordPress という壮大な仕組みの使い勝手を良くするため、これまで世界中の開発者たちが得意分野で拡張機能を充実させてきました。これらの成果(著作権など)を尊重し、適切に使いこなすのが何より確実で賢い解消方法と考えます。

目的を明確にして最短でプラグインを探す

2022年9月現在、WordPress 公式サイトには59,000以上のプラグインが登録されています。公式サイトに掲載のない優れたものも、世界中には無数あります。これらの膨大な数の中から本当に必要なプラグインを選ぶ方法として、使用する目的を明確にしてそれに合うものを探していくことをおすすめします。

「使用する目的」と言っても利用者とその用途により異なります。本記事ではWeb サイトの収益化のため、高度で煩雑な作業を減らし円滑に進めることを想定しています。今回は筆者がWordPressでの作業現場で重宝するものから選んでいます。直面した課題や問題を、短時間で解決できるものばかりです。

プラグインの選定や利用時に注意するポイント

基本編

信頼できるプラグインを選ぶ(インストール数、公開年や更新頻度など)

  1. 信頼できるプラグインを選ぶ(インストール数、公開年や更新頻度など)
  2. プラグインをインストールする前に備える(いざというときのバックアップ)
  3. 利用は必要最低限に(多すぎるとWeb サイトの表示スピードを落とし、SEOに悪影響を与える可能性があるため)

応用編(有料版のすすめ)

無料版をインストールした方に向けて、更に高度な機能を有料で提供しているプラグインがあります。その有料版を購入するほうが、時間と費用の削減につながることがあります。利用頻度や目的によりますが、有料版だからといって常に避けた方がいいというわけではありません。

【Webサイトの利用者向け】使い勝手を改善する

利用者にとって、Web サイトで目的をより快適に達成できるように整える方法です。具体的には表示速度の向上と、ページに動画を埋め込み更新を楽にするものを選んでいます。目標自体は多岐にわたるため、その他にも多くのプラグインがあります。

(注)2022年8月時点の情報をもとにまとめています。

【表示速度の向上】WP Fastest Cache

WP Fastest Cache
画像出典 : WordPress 公式サイトプラグイン「WP Fastest Cache」
概要(目的など)・ページの表示速度の向上
・(利用者向け)すぐにページが開き必要なページによりはやく到達できる
・(運営者向け)SEOの効果を向上する
選定理由・使いやすく高性能との情報が多い
・基本的な対策が一通りできる
費用(有料版の有無)無料版のほかに有料版あり(49.99ドル~ / ライセンス)
期待できる効果・利用者は快適にWebサイトが使える
・(有料版のみの機能)モバイル端末対応など
類似プラグイン名とその違い・「W3 Total Cache」「WP Super Cache」と比べわかりやすい(管理画面で設定する項目が絞られているため)
・個別機能に特化したプラグインもある
詳細情報■wordpress.org 公式サイト
https://ja.wordpress.org/plugins/wp-fastest-cache/
■プラグイン作者のサイト
https://www.wpfastestcache.com/
有効インストール数1百万以上
最終更新月2022年7月

【YouTube動画の一覧表示】Embed Plus Plugin for YouTube

Embed Plus Plugin for YouTube
画像出典 : WordPress 公式サイトプラグイン「Embed Plus Plugin for YouTube」
概要(目的など)・大量のYouTube 動画を一覧にして表示
・レイアウトの指定がある程度できる
・WordPressのページに簡単に埋め込む
・レスポンシブに対応
選定理由YouTube トップページや以下のページに似せたレイアウト画面が、簡単な操作で実現できる。
・ギャラリー
・チャンネル
・プレイリスト
・ライブストリーム
費用(有料版の有無)無料版のほかに有料版あり(39.99ドル~ / ライセンス)
期待できる効果YouTubeで収益化するために必要なページを短時間で制作する
類似プラグイン名とその違いVideo Gallery – YouTube Playlist, Channel Gallery by YotuWP
Feeds for YouTube (YouTube video, channel, and gallery plugin)
All-in-One Video Gallery
詳細情報■wordpress.org 公式サイト
https://ja.wordpress.org/plugins/youtube-embed-plus/
■プラグイン作者のサイト
https://www.embedplus.com/
有効インストール数200,000+
最終更新月2022年7月

【Webサイトの利用者向け】安全に利用できるようにする

「安全」という用語には多くの意味があるなかで、本記事ではセキュリティの向上と障害時の対応に活用できるプラグインをご紹介します。

【管理画面の保護】SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Plugin
画像出典 : WordPress 公式サイトプラグイン「SiteGuard WP Plugin」
概要(目的など)以下の方法などでWordPressの管理画面を不正なログインから守る
・管理画面のアクセス制限(IPアドレス)
・管理画面のログインURLの変更(初期設定の「wp-login.php」は全てのWebサイトで共通で危険なため)
選定理由WordPress管理画面のセキュリティを1つのプラグインでまとめて向上する
費用(有料版の有無)無料版のみ
期待できる効果情報セキュリティの強化
類似プラグイン名とその違い・多機能型
Wordfence Security」など
・機能の限定型
WP fail2ban」「Limit Login Attempts Reloaded」「IP Geo Block」など
詳細情報■wordpress.org 公式サイト
https://ja.wordpress.org/plugins/siteguard/
有効インストール数500,000+
最終更新月2022年6月

【サイト全体のSSL化】Really Simple SSL

Really Simple SSL
画像出典 : WordPress 公式サイトプラグイン「Really Simple SSL」
概要(目的など)SSL化されていないWebサイトを、すぐにSSL化する際に必要な機能が揃っている
選定理由・ほぼプラグインの有効化のみの簡単操作で初心者にも使いやすい
混在コンテンツ(Mixed Content)を回避する(ページにhttp~の記述があると、https~へ一括して書き換えする)
・http://~でのアクセスをhttps://~ に自動転送(設定による)
・WordPress 管理画面「一般設定」で、「WordPress アドレス」と「サイトアドレス」が、自動的に https~ に更新される(手動で別途作業は不要)
費用(有料版の有無)無料版のほかに有料版あり(29.99ドル~ / ライセンス)
期待できる効果・問い合わせフォームなどで大切なデータを送信する場合などで、情報セキュリティを強化する
・Webサイトの基本的なセキュリティ対策として有用
類似プラグイン名とその違い・多機能型
WP Encryption
SSL Zen – Free SSL Certificate & HTTPS Redirect for WordPress」など
・機能の限定型
SSL Insecure Content Fixer」など
詳細情報■wordpress.org 公式サイト
https://ja.wordpress.org/plugins/really-simple-ssl/
■プラグイン作者のサイト
https://really-simple-ssl.com/
有効インストール数5百万以上
最終更新月2022年4月

【バックアップの自動化および障害時のデータ復元】BackWPup – WordPress Backup Plugin

BackWPup
画像出典 : WordPress 公式サイトプラグイン「BackWPup – WordPress Backup Plugin」
概要(目的など)WordPressの全データを自動で定期的にバックアップし、指定の場所に保管する(場所は手元だけでなく遠隔地にも指定可)
選定理由・データベースも簡単にバックアップ
・バックアップしたファイルを用いて、緊急時に「復元」する作業を実施しやすい
費用(有料版の有無)無料版のほかに有料版あり(69ドル~ / ライセンス)
期待できる効果WordPressにトラブルが発生したときに、それ以前に正常に動いていた状態にほぼ復元可能
類似プラグイン名とその違いDuplicator」「UpdraftPlus WordPress Backup Plugin」に比べ、設定画面が初心者向けに簡素で操作しやすい
詳細情報■wordpress.org 公式サイト
https://ja.wordpress.org/plugins/backwpup/
■プラグイン作者のサイト
https://backwpup.com/
有効インストール数700,000+
最終更新月2022年7月

なお自動バックアップに関しては、カゴヤのレンタルサーバーであればプラグイン無しでも無料オプションでご利用いただけます。

バックアップサービス|オプション|クラウドとレンタルサーバーのカゴヤ・ジャパン

カゴヤのレンタルサーバーでは、コントロールパネルでの簡単な操作でお客様のデータをバックアップする事ができます。また、バックアップデータが必要なったときにはすぐにリストアしていただけます。

【Webサイトの管理者向け】自組織の収益につなげる

自組織のWebサイトを収益化するための手段として、WordPressプラグインを取り入れる方法があります。さまざまな対策が比較的手軽にできるため、まずは無料版を試用することをおすすめします。

【ランディングページ作成】Elementor

Elementor
画像出典 : WordPress 公式サイトプラグイン「Elementor」
概要(目的など)・販売などの専用のページ(ランディングページ)の制作をデザイナーに依頼しなくても、ある程度誰にでも可
・ちょっとした更新の場合では、デザイナーなどの専門業者に依頼しなくてもある程度自身で対応可
選定理由・専門的な作業(コーディングなど)をせずに、画面上で表示を確認しながらそのままレイアウトが可能
・無料版でも基本機能が充実している
費用(有料版の有無)無料版のほかに有料版あり(49ドル~ / ライセンス)
期待できる効果新規ページの制作時や更新時に作業時間を短縮し、コスト削減や販売機会の損失を抑える
類似プラグイン名とその違いPage Builder by SiteOrigin」「Website Builder by SeedProd」などに比べ、シンプルで操作しやすい
詳細情報■wordpress.org 公式サイト
https://ja.wordpress.org/plugins/elementor/
■プラグイン作者のサイト
https://elementor.com/pro/
有効インストール数5百万以上
最終更新月2022年7月

【見積もりや注文方法の自動化】AForms — Form Builder for Price Calculator & Cost Estimation

AForms
画像出典 : WordPress 公式サイトプラグイン「AForms」
概要(目的など)顧客がいろいろなオプションの中から選択し見積書を作成したり、その結果をもとにすぐに注文ができるよう自動化する。
選定理由・関連する解消方法が一式含まれているので導入しやすい
・設置代行サービス(有料)などサポートが充実している
費用(有料版の有無)本体は無料(拡張機能は有料)
期待できる効果顧客と店舗の双方で、見積もりから注文までの手間を省き円滑にできるため売上増につながる。
類似プラグイン名とその違いCost Calculator Builder」などと異なり、日本でのサポートが充実している。
詳細情報■wordpress.org 公式サイト
https://ja.wordpress.org/plugins/aforms-form-builder-for-price-calculator-cost-estimation/
■プラグイン作者のサイト
https://a-forms.com/ja/
有効インストール数2,000+
最終更新月2022年6月

【販売店舗などでの予約を自動化】Easy Appointments

Easy Appointments
画像出典 : WordPress 公式サイトプラグイン「Easy Appointments」
概要(目的など)煩雑な予約受付業務を自動化
選定理由・関連する業務をまとめて解消する
・店舗の場所、サービス内容、従業員をそれぞれ複数設定可
・メール告知機能が充実している
費用(有料版の有無)本体は無料(拡張機能は有料)
期待できる効果予約受付業務を自動化することで本業に専念でき、店舗での従業員の負担を軽減する。
類似プラグイン名とその違いAppointment Hour Booking」「Appointment Booking Calendar」「Webba Booking」など多数あるなかで、機能が充実し詳細な設定可。
詳細情報■wordpress.org 公式サイト
https://ja.wordpress.org/plugins/easy-appointments/
■プラグイン作者のサイト
https://easy-appointments.net/
有効インストール数20,000+
最終更新月2022年6月

【クーポンの自動発行と管理】WP Coupons and Deals

WP Coupons and Deals
画像出典 : WordPress 公式サイトプラグイン「WP Coupons and Deals」
概要(目的など)「クーポン」の発行などの管理を効率化し販売促進の手段として活用する。
選定理由設定の際に操作しやすく、管理画面に沿って設定すれば基本的なクーポンをWordPress のページで発行する。
費用(有料版の有無)無料版のほかに有料版あり(29.99ドル~ /サイト)
期待できる効果売上高の増加
類似プラグイン名とその違いCoupon Creator」「Affiliate Coupons」など多数ある中で、基本機能が充実している。
詳細情報■wordpress.org 公式サイト
https://ja.wordpress.org/plugins/wp-coupons-and-deals/
■プラグイン作者のサイト
https://wpcouponsdeals.com/
有効インストール数3,000+
最終更新月2022年7月

【SEOの基本的な対策をする】All in One SEO

All in One SEO
画像出典 : WordPress 公式サイトプラグイン「All in One SEO」
概要(目的など)・サイトマップファイルを自動的に更新し、検索エンジンに通知する
・Google Analyticsなどの追跡用のコードを簡単にWordPressへ埋め込める
・固定ページと投稿ページで、個別にタイトルや説明文を設定する(検索の結果表示される内容を見直し更新可)
選定理由・Googleアナリティクスと連携し無駄なく対策ができる
・SEOでの評価向上につながる各種設定をまとめてできる
・圧倒的な知名度
費用(有料版の有無)無料版のほかに有料版あり(49.60ドル~ / サイト、年間)
期待できる効果・利用者には本当に必要な情報に、可能な限り早く到達する
・Webサイト管理者は、公開ページをより使いやすい状態に保てる
類似プラグイン名とその違いYoast SEO」「XML Sitemaps」などSEO総合または単機能のプラグインに比べて、機能が充実し設定しやすい。
詳細情報■wordpress.org 公式サイト
https://ja.wordpress.org/plugins/all-in-one-seo-pack/
■プラグイン作者のサイト
https://aioseo.com/
有効インストール数3百万以上
最終更新月2022年7月

【Webサイトの管理者向け】Webサイトで広告収入を得たり宣伝をして集客する

収益化や宣伝効果を上げるには、膨大な経費をかけなくとも、すぐに始められる方法があります。WordPress ではこれらの目的に特化したプラグインを入れれば、たとえ難しい設定でも、ある程度は誰にでも易しくできるようになっています。

【広告アフィリエイト管理】QuickAdsense

QuickAdsense
画像出典 : WordPress 公式サイトプラグイン「QuickAdsense」
概要(目的など)・広告収入をより増やすために、自組織のWebサイト上にGoogle AdSense を効果的に設置し管理する
・Google AdSense 以外の広告の管理も可能
選定理由広告の掲載時に必要なコードを、わかりやすく安全にWordPress へ設定可能。
費用(有料版の有無)無料版のみ
期待できる効果広告掲載のルールにそって、広告収入を増やすための設定が可能
類似プラグイン名とその違いAd Inserter – Ad Manager & AdSense Ads」「Advanced Ads – Ad Manager & AdSense」などに比べ必要な機能を絞っているため使いやすい。
詳細情報■wordpress.org 公式サイト
https://ja.wordpress.org/plugins/quick-adsense/
■プラグイン作者のサイト
https://quickadsense.com/
有効インストール数60,000+
最終更新月2022年6月

【OGP 画像の設定がうまくできないときの解決方法】SEO SIMPLE PACK

SEO SIMPLE PACK
画像出典 : WordPress 公式サイトプラグイン「SEO SIMPLE PACK」
概要(目的など)SNS でシェアされたときに記事とともに自動的に表れる画像を、意図した通りに表示する。
選定理由余分な機能がついていないため、比較的簡単に始められる。
費用(有料版の有無)無料版のみ
期待できる効果設定時間の短縮(各 SNS 公式サイトの説明は難しく、その通りにやってもうまくいかず作業時間がかかることもある)
類似プラグイン名とその違い・「Yoast SEO」「All in One SEO」などの SEO 用統合型プラグインと比べ、機能が絞られているため設定時に混乱しない
・プラグイン作者が日本人で解説ページがわかりやすい
詳細情報■wordpress.org 公式サイト
https://ja.wordpress.org/plugins/seo-simple-pack/
■プラグイン作者のサイト
https://wemo.tech/1670
有効インストール数50,000+
最終更新月2022年7月

【Webサイトの管理者向け】更新作業の時間短縮をする

Web サイトの制作や更新作業は、量や種類の多さだけでなくそれぞれに難易度の違いがあります。最初から完璧に全作業を行い、完成させるのは無理があります。良い意味で要領良く進行していかなければ、時間と予算がいくらあっても作業は終了しません。WordPress では、管理者にとって作業時間を短縮するさまざまなプラグインが公開されています。

【アンケートの自動化】YOP Poll

YOP Poll
画像出典 : WordPress 公式サイトプラグイン「YOP Poll」
概要(目的など)Web サイト上でアンケートを実施し、その結果を自動的に集計する。
選定理由最小限の操作でWeb サイトにアンケート機能を設置する
費用(有料版の有無)無料版のみ
期待できる効果・(Web サイトの管理者)現状分析と将来の施策する
・(利用者向け)要望などを負担の少ない方法で、Web サイトの管理者に伝える
類似プラグイン名とその違いDemocracy Poll」「WP-Polls」「Crowdsignal Dashboard – Polls, Surveys & more」などに比べて、設定しやすい。
詳細情報■wordpress.org 公式サイト
https://ja.wordpress.org/plugins/yop-poll/
■プラグイン作者のサイト
なし
有効インストール数20,000+
最終更新月2022年7月

【お問い合わせフォーム管理】Contact Form 7

Contact Form 7
画像出典 : WordPress 公式サイトプラグイン「Contact Form 7」
概要(目的など)お問い合わせフォームに必要な仕組みが揃っている(レイアウト、項目名、送信ボタンなど)
選定理由・画面にそって設定するだけで、基本的な問い合わせフォームが完成する
・プラグインの基本機能だけでも動作するが、さらに増強したいときは以下の拡張機能が複数用意されている(公式および第三者のプラグイン)
(A)スパム対策(reCAPTCHA コードの埋め込み)
(B)お問い合わせボタンを押したあとに確認画面を表示
・同機能のプラグインのなかでほぼ標準
費用(有料版の有無)無料版のみ
期待できる効果問い合わせフォームは作成や更新が難しく時間がかかるため、プラグインを入れることで作業を効率化する。
類似プラグイン名とその違いMW WP Form」より拡張機能が充実
詳細情報■wordpress.org 公式サイト
https://ja.wordpress.org/plugins/contact-form-7/
■プラグイン作者のサイト
なし
有効インストール数5百万以上
最終更新月2022年7月

【Webサイトの引越しやバックアップを簡単に】All-in-One WP Migration

All-in-One WP Migration
画像出典 : WordPress 公式サイトプラグイン「All-in-One WP Migration」
概要(目的など)・WordPress で制作した Web サイトのサーバー間での引越作業を、正確に短時間で行う
・バックアップ対策としても有効
選定理由・引越し前後のWordPress に本プラグインをインストールすれば、Webサイトのデータを丸ごと一つにしたファイルで、やり取りできる(データベース含む)
・たとえ異なるドメイン名の引越し先にでも、自動的にデータベースが更新され、後で手作業による修正が基本的にない
費用(有料版の有無)本体は無料(拡張機能は有料)
期待できる効果契約しているサーバー業者を変更する際に、引越し作業が円滑にできる(FTPなどで個々のファイルを全てダウンロードし、引越し先にアップロードするのは時間がかかりすぎる)
類似プラグイン名とその違いDuplicator」と比べて操作手順は少なく分わかりやすい(重要な引越し作業では両プラグインを併用すると安心)
詳細情報■wordpress.org 公式サイト
https://ja.wordpress.org/plugins/all-in-one-wp-migration/
■プラグイン作者のサイト
https://servmask.com/products/unlimited-extension
(注)引越し先にデータをインポートする際にデータの容量制限があり、超過する場合は拡張機能の購入が必要
有効インストール数4百万以上
最終更新月2022年7月

【見栄えの良い一覧ページ作成がより簡単に】Content Views

Content Views
画像出典 : WordPress 公式サイトプラグイン「Content Views」
概要(目的など)制作した固定ページや投稿ページなどの一覧ページ(アーカイブページ)を、ある程度誰でも簡単に作成可。
選定理由・同様の作業は WordPress のテンプレートファイル(archive.php)の操作で行うが、作業が複雑なため誰でもできない
・プラグインの管理画面で、レイアウトの調整まである程度で設定できる
・レスポンシブ対応
費用(有料版の有無)無料版のほかに有料版あり(39ドル~ /サイト)
期待できる効果高度なコーディング作業をしなくても、固定ページや投稿ページなどの一覧ページを制作でき、設置ページやページ内での位置を指定できる。
類似プラグイン名とその違いPost Grid」「WP Blog Post Layouts」などに比べ、さまざまな抽出条件が設定できレイアウトもしやすい
詳細情報■wordpress.org 公式サイト
https://ja.wordpress.org/plugins/content-views-query-and-display-post-page/
■プラグイン作者のサイト
https://www.contentviewspro.com/
有効インストール数100,000+
最終更新月2022年7月

まとめ

業務目的で WordPress プラグインを適切に使いこなせば、利用者の使い勝手を向上するだけでなく、同時にWebサイト管理者の業務改善にもつながります。ぜひご検討ください。

WordPressをすぐに始めることができ、高速で安心なプランをカゴヤ・ジャパンでは提供しています。ぜひご検討ください。

WordPress専用サーバー

2週間お試し無料

「これからWordPressを導入したい」「サーバー移転を考えている」という人に!

WordPress にピッタリのレンタルサーバー

法人利用率80%、多数の導入実績。
自社国内データセンターで20年以上の実績。障害に強いサーバー構成で、多くの法人様から選ばれています。
ホームページの移転に伴うデータ移行作業も専門スタッフにおまかせ下さい。