FQDNとは?ドメイン名・ホスト名・IPアドレスとの違い

FQDNとは、一般的にはドメイン名とホスト名をつなげた文字列です。実際には何を意味するのでしょうか。ドメイン名やホスト名、IPアドレスと混同して使われることもあり、分かりにくいですね。

この記事では、FQDNとドメイン名・ホスト名・IPアドレスとの違いを明らかにして、確認方法や応用事例を解説していきます。

FQDN

FQDNとは?

FQDN(Fully Qualified Domain Name)の略で、直訳すると「完全修飾ドメイン名」です。単なるドメイン名ではなく、「完全に修飾」されたものです。何かを「省略」していないドメイン名と言い換えることができるでしょう。その何かとはホスト名のことです。

ドメイン名、ホスト名との違い

fqdn-domain-host

最近では「省略」しているサイトもありますが、ドメイン名の前に付けている「www」がまさにホスト名です。まとめると、下の表のようにドメイン名とホスト名をつなげたものがFQDNと呼ばれています。

名称 インターネット上で該当するもの カゴヤ・ジャパンの場合 ビル名にたとえると
FQDN ドメイン名 + ホスト名

インターネット上の特定のコンピュータ(サーバーなど)

www.kagoya.jp (地名 + ビル名+ ●●号室がわかれば、個人が特定できる)
ドメイン名 インターネット上の特定のネットワーク kagoya.jp ビル名
ホスト名 ネットワーク内の特定のコンピュータ(サーバーなど) www ●●号室

ドメイン名やホスト名についてより詳しく知りたい場合は、以下のページをご覧ください。

【関連記事】
【図解】ドメインとは?をわかりやすく解説します

IPアドレスとの違い

fqdn-ipaddress

実は、IPアドレスもFQDNも同じコンピュータ(サーバーなど)を指しています。

コンピュータ(サーバーなど)が理解できるのは。IPアドレスとよばれる数字の組み合わせだけです。FQDNを直接理解できるわけではありません。一方、利用者はFQDNの方が数字の組み合わせよりも身近で、識別しやすくなっています。

そこでコンピュータ(サーバーなど)と人がともに理解しあえるように、IPアドレスとFQDNを翻訳する仕組みが用意されています。それがDNSサーバーまたはネームサーバーと呼ばれる、特殊なサーバーです。詳しくは以下のページをご覧ください。

【関連記事】
IPアドレスとは?をわかりやすく解説します
【図解】DNSサーバーとは?設定・変更と確認方法

FQDN関連の操作方法

fqdn 操作方法

それではFQDNをどのように設定したり、設定状況の確認をしたりするのでしょうか。この章では、設定や確認の方法について一例をご紹介します。

設定方法(Linuxサーバー編)

OSインストール時に設定する場合

以下の画像左下にある「Host name」欄に入力します。(CentOS 7.6の場合)

fqdn01

【転載元】 CentOS Quick Installation Guide

コマンドで変更する場合

まず以下のコマンドで該当のファイルを開きます。

【コマンド】

# cat /etc/hosts

次に、開いたファイルを例のように編集します。この場合、FQDNは「hoge.example.com」です。なおIPアドレスの部分はサーバーのIPアドレスになります。

【コマンド例】

192.168.1.15 hoge.example.com

編集したら保存し終了しましょう。

FQDNからIPアドレスを確認する方法(Windows PC編)

すでにサーバーなどに設定されている情報を、Windows PC上で表示してみましょう。操作方法は、最初にメニューの「Windows システムツール」にある「コマンド プロンプト」を開きます。

fqdn02

次に以下のコマンドを入力します(カゴヤ・ジャパンの場合)。「コマンド プロンプト」では、Ctrl+CからCtrl+Vの操作にて、コピーアンドペーストができます。

【コマンド】

C:\>nslookup www.kagoya.jp

すると以下の結果が表示されます。FQDNでwww.kagoya.jpに相当するIPアドレスは、赤の下線部分にあるように、「203.142.206.20」とわかります。

fqdn03

【応用編】FQDNを操作してhostsファイルを活用する!

通常利用しているWindowsまたはMac OSでも、それぞれのhostsファイル上でFQDNを操作する場合があります。

【注】hostsファイルは重要なファイルで操作を間違うと、PCが起動しない場合があります。操作にはくれぐれもお気をつけください。

hostsファイルの操作方法

(1)Windowsの場合は以下の画像のよう、にメニュー→アクセサリ→メモ帳と順番に選択していきます。メモ帳を開くときは「管理者として実行」する必要があります。

fqdn04

(2)hostsファイルの場所は以下にあります。メモ帳を管理者権限で開いていきましょう。
C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts

(3)hostsファイルに例えば以下を書き込み、保存します。

【コマンド例】

192.168.1.15 hoge.example.com

hoge.example.comの部分がFQDNです。

hostsファイルの活用事例

FQDNと対応するIPアドレスを結びつけることができるのが、このhostsファイルです。特徴は、インターネットで浸透している変換ルール(DNSサーバー)ではなく、利用者のPCでのみ有効であることです。この機能を使えば、例えば契約中のレンタルサーバーを乗り換えるときに、事前テストができようになります。具体的な手順は以下の通りです。

  1. 移行後のサーバーに移行前と同じサイトを用意する
  2. hostsファイルで、新サーバーのFQDNと対応するIPアドレスを記述する
  3. ブラウザでFQDNを入力してWebサイトを表示すると、新サーバーのサイトが表示されるので、問題がないかチェックする
  4. hostsファイルで、(2)で書き込んだデータを削除する
  5. DNS(ネームサーバー)を旧サーバーの情報から新サーバーの情報に切り替える
  6. インターネット上で(5)で変更した情報が浸透するのを待つ(数時間~72時間程度)
  7. 乗り換え終了(インターネットには新サーバー上のデータが公開され始める)

上記のメリットはレンタルサーバーの切り替えが、Webサイト公開を途切れることなく、事前の表示チェックもできることです。

まとめ

ここまでいかがでしたか。似たような用語ばかりですが、意味と用途がわかると区別しやすくなります。ぜひFQDNを中心として、ドメインなどとの違いについて理解し、活用していただきたいと思います。

高速でセキュアな環境で運用できるWordpressユーザー向けに特化したWordPress専用サーバー

人気記事ランキングトップ10

カテゴリ一覧

新着記事Pick Up!