【図解】DNSサーバーとは?設定・変更と確認方法

DNS (Domain Name System) は、インターネットを支える大切な技術です。これがないと、Webサイトやメールの利用ができません。そもそも、ふだん使っている英数字のドメイン名と、Webやメールのサーバー機器にアクセスする番号 (IPアドレス) とは別物です。それらを変換する情報をDNSは保管して、提供するサービスを担当しています。この記事では、ドメイン名とIPアドレスを結びつけるこの巨大なデータベースの仕組み、設定や確認方法を解説していきます。
DNSサーバーの役割

DNSサーバーとは?

DNSサーバーには、人が使う言葉で書かれた住所 (ドメイン名) とネットワーク上にあるコンピュータ (WebやメールサーバーのIPアドレス) の間で、翻訳機としての役割があるとも言えます。ドメイン名やIPアドレスについてもっと知りたい方は、「カゴヤのサーバー研究室」では次の記事が役立つと思います。

それでは、DNSサーバーの仕組みの解説から始めましょう。

DNSサーバーの仕組み

利用者がPCのブラウザ上で、Webサイトのドメイン名を入力してから、実際にWebサイトが表示されるまでの動きを例に説明します。メール利用の場合も基本は一緒です。
DNSサーバーの仕組み

  1. PC がDNSキャッシュサーバーに、ドメイン名でアクセスする
  2. DNSキャッシュサーバーがDNSルートサーバーに、管理情報 (ドメイン名に対応するIPアドレスは何か) を問い合わせる
  3. DNSルートサーバーがDNSキャッシュサーバーに、管理情報のあるDNSサーバーを知らせる
  4. DNSキャッシュサーバーが管理情報のあるDNSサーバーに、ドメイン名に対応するIPアドレスを問い合わせる
  5. 管理情報のあるDNSサーバーはDNSキャッシュサーバーに、IPアドレスを回答する
  6. DNSキャッシュサーバーはPCに、IPアドレスを回答する
  7. PCはIPアドレスでWebサイトにアクセスし、ブラウザ上にWebサイトが表示される

お気づきのように、利用者がPCのブラウザ上でWebサイトのドメイン名を入力して、直接Webサイトを表示させているわけではありません。ステップがあります。世界中に無数にあるDNSサーバーが一瞬で連携して、完結するのです。あまりにも短時間なので、ふつうはこのステップを意識することもないと思います。

DNSルートサーバーとは?

DNSキャッシュサーバーが最初に問い合わせをするサーバーです。世界中に13機しかありません。膨大な問い合わせを、たったこれだけのマシンがさばいているのですね。そうなると、ものすごい負荷になって、反応速度も遅くなるのでしょうか。
実際には違います。それはDNSキャッシュサーバーが間に立って、DNSルートサーバーの代行をしているからです。

DNSキャッシュサーバーとは?

キャッシュとは、データを一時的に保存する仕組みのことです。そしてDNSキャッシュとは、ドメイン名に対応するIPアドレス情報が一時的に保存されている状態を指しています。
この作業を担当するサーバーがDNSキャッシュサーバーです。問い合わせ結果のデータが、一定時間蓄積されています。そのためPCより以前と同じ問い合わせがあった場合には、自身でPCにIPアドレスを回答することができます。
まとめると、DNSキャッシュサーバーには次の重要な役割が2つあります。

(役割1) DNSサーバーの仕組み全体のスピードアップ化
(役割2) DNSルートサーバーの負担軽減

DNSサーバーの設定する

この章では、いよいよDNSサーバーの操作方法をご説明しましょう。基本的な知識と、ふだんお使いのレンタルサーバーなどのコントロールパネルの利用方法がわかれば、設定は可能です。ここでは、カゴヤ・ジャパンのレンタルサーバープランを例にとってご説明します。
なおこのコントロールパネルでの操作は、レンタルサーバー側で実施するか、またはドメインを登録した業者側で実施するか、どちらか1か所で行います。手順の呼び名が違う場合もありますが、操作方法そのものはだいたい同じです。

DNSサーバーを新規に設定する方法

作業の流れ

■以下(A)か(B)のどちらかを選択する
(A) ドメイン登録業者のDNSサーバーを利用する
(B) レンタルサーバー業者のDNSサーバーを利用する

(A) ドメイン登録業者のDNSサーバーを利用する場合
(1) ドメイン登録業者のコントロールパネルのDNSサーバー欄に、ドメイン登録業者のDNSサーバー名を入力する
(2) ひきつづきドメイン登録業者のコントロールパネルに、DNSレコードを入力する

(B) レンタルサーバー業者のDNSサーバーを利用する場合
(1) ドメイン登録業者のコントロールパネルのDNSサーバー欄に、レンタルサーバー業者が指定するDNSサーバー名を入力する
(2) レンタルサーバー業者のコントロールパネルに、DNSレコードを入力する

この章では、「(B) レンタルサーバー業者のDNSサーバーを利用する場合」を例にとり、コントロールパネルで、新規に設定する方法を説明します。具体的には、DNSレコードを入力していきます。

DNSレコードとは?

DNSサーバーは、DNSレコードを設定して動かします。代表的なDNSレコードは以下のとおりです。ほかにもあります。

レコード名 目的
A ホスト名+ドメイン名にIPアドレスを関連づける
CNAME ホスト名+ドメイン名の別名のものに転送する
NS 別のDNSサーバーに処理をさせる
MX ホスト名+ドメイン名でメールが使えるようにする
TXT 認証などができるようにする

詳しくは、カゴヤ・ジャパンの公式マニュアル「DNSレコードの設定」などをご覧ください。

DNSサーバーを新規に設定する方法

いろいろなパターンがありますが、ここでは以下の条件で説明します。なおAレコードの解説だけですが、他のレコードでも同様です。メール利用の場合MX設定が必要です。

  • DNSサーバー:カゴヤ・ジャパン
  • Webサーバー業者:A社
  • ドメイン登録業者:B社

(注1) キャプチャ画像は、カゴヤ・ジャパン様より許可を得て、Webサイトと同じ画像を使用しています。
(注2) DNSサーバーとWebサーバーともにカゴヤ・ジャパンの場合は、DNSレコードの設定はなく、Webサーバーの設定だけで済みます。
(注3) 設定がインターネット上で反映するまでに、数分から数時間かかる場合があります。

  1. カゴヤ・ジャパンコントロールパネルにアクセスする
  2. メニューより「ドメイン」を選択する
    メニュー画面「ドメイン」該当位置
  3. さらに「DNSレコード設定」を選択する
    「DNSレコード設定」該当位置画面
  4. 「DNSレコード設定」画面が表示されたら、赤枠内を入力する
    記入必要箇所、ホスト名ドメイン名レコード名
    IPアドレス欄には、Webサーバー業者A社が提供するプランのIPアドレスを入力する
  5. 「DNSレコード設定が追加されました」と表示されたら新規登録完了
    設定完了の確認画面
  6. 最後に、ドメイン登録業者B社のコントロールパネルで、「ネームサーバー」欄に以下を入力して、カゴヤ・ジャパンのDNSサーバーを指定する
    ・ネームサーバー1:ns0.kagoya.net
    ・ネームサーバー2:ns1.kagoya.net

DNSサーバーの設定追加方法

管理しているWebサイトが増えた場合にも、上記の新規設定の方法で追加できます。例えばサブドメインとして追加した場合には、「ホスト名」欄に登録します。こうすれば、独自ドメインが1つあれば、Webサイトを好きなだけ増やすことができますね

記入必要箇所、ホスト名ドメイン名レコード名

 DNSサーバーの確認

DNSの文字を指さすスーツ姿の男性
DNSの設定はすぐに有効になるわけではありません。反映するまで時間のかかることがあります。その場合、反映したか確認する方法をご説明します。Windows10の場合ですが、Macの場合でもコマンドは同じです。

  1. 「コマンドプロンプト」画面を表示する
    コマンドプロンプト該当箇所
    表示手順は以下の通りです。
    スタートメニュー → すべてのアプリ → Windowsシステムツール → コマンドプロンプト
  2. 「コマンドプロンプト」画面で以下を入力する
    nslookup www.example.com
    *ホスト名がwww、ドメイン名がexample.comの場合
  3. 「Address」欄に表示されたIPアドレスを確認する
    ・従来のIPアドレスの場合 → まだ切り替えが終了していない
    ・新規設定したIPアドレス → 切り替え完了
    nslookup箇所とAddress箇所

IPアドレスとドメインを結びつけるのがDNSサーバー

ここまでいかがでしたか。DNSサーバーそのものと、基本操作についてご理解いただけましたか。どの業者のサービスを利用するかによりパターンがあるため、わかりづらい部分もあります。ドメイン名やIPアドレスについてもわかっていれば、スムーズに設定まで進めるのではないでしょうか。この機会に、チャレンジすることをおすすめします。

高速でセキュアな環境で運用できるWordpressユーザー向けに特化したWordPress専用サーバー

人気記事ランキングトップ10

カテゴリ一覧

新着記事Pick Up!