お問い合わせはこちら

今さら聞けない「IISとは?」Windowsサーバーソフトを分かりやすく解説

公開
更新

IISとはMicrosoft社が提供するWindowsのWebサーバーソフトです。シェアも高いIISの設定方法や機能をわかりやすく紹介しています。早速見ていきましょう。


IIS

IIS (Internet Information Services)とは?

「無料」で利用できるWebサーバーソフトです。サーバー用OSのWindows Server 2016(最新)はもちろん、ふだんお使いのWindows 10などにもインストール可能です。

WebサーバーはLinux用がほとんどで、しかもコマンドでしか操作できないので、とっつきにくいイメージがあると思います。ところが、WebサーバーはWindows用もあるので安心ですね!視覚的に操作できるので、構築のハードルは低めです。Microsoft公式サイトで申し込めば、Windows Server最新版も「無料」でトライアルができます。クラウドですぐに試すことができるので、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Webサーバーソフトの仕組みとIISのメリット

Webサーバーソフトの仕組みを理解している方は、ここは読み飛ばしてくださいね。


IISとは


こちらの図のように、サーバーは箱(ハード)と中身(ソフト)からできています。今回のテーマのIISは、もちろん中身の方です。

Webサーバーソフトがしっかり動くためには、その利用者(クライアント)がWebサーバーソフトに正確な指示を出す必要があります。そうすれば、Webサーバーソフトはクライアントの指示に、きっちりと応えてくれます。

Webサーバーソフトの比較表(私見)

Webサーバーソフトにも、用途に応じて種類と特徴があります。わかりやすく言えばWindows用と、LinuxなどのWindows以外に分類できます。それでは、どのような違いと特徴があるのでしょうか。簡単にまとめてみました。

種類IISApachenginx
シェア (注)第1位(32%)第2位(27%)第3位(25%)
用途WindowsLinuxLinux
利用できる主な言語ASP.NETなどPHPなどPHPなど
信頼性かなり高い高い高い
利用サイトの規模大規模大規模~小規模大規模~小規模
動作速度速い速いより速い
操作方法視覚的にマウス操作コマンド入力コマンド入力
料金無料無料無料
難易度比較的やさしいややむずかしいむずかしい

(注) February 2018 Web Server Survey

Apacheについては、下記の記事が参考になると思います。

IISのメリット

他のWebサーバーソフトと比較すると、次のようなメリットがあります。

【メリット1】使いやすい
  • PCと同じWindows OSで動き、操作は慣れている
  • 視覚的に操作可能(コマンドを覚える必要がない)
【メリット2】安心
  • 日本語の公式マニュアルが多い
  • セキュリティの設定がわかりやすい
【メリット3】豊富な機能
  • 拡張機能が充実している
  • 開発環境が揃っている

IISの機能

下のメニュー(Windows10の場合)のように、とても多くの機能が統合されています。Linux用Webサーバーソフトに比べると、対応する範囲が広くなっているので、効率的に管理できます。
IISディレクトリ

(1)Webサーバーの基本機能

Webサーバー機能

Webサーバーを動かすための基本機能には、セキュリティや監視などの関連ツールも含まれています。盛りだくさんです!

(2)FTPサーバーの機能の搭載

Webサーバーにあるデータを更新するためのツールとして、FTPサーバーの機能を組み込むことができます。別途Windows用のFTPサーバーソフトを探してきて、インストールする必要はありません

FTPについては、下記の記事に詳しくまとめています。どうぞご覧ください。

(3)ASP.NETなどで動的Webページ生成機能

IISならではの機能としてASP.NETがあり、高機能なWebアプリの開発ができるようになります。

詳しいことは、下記の公式サイトの情報が参考になると思います。

IIS設定方法

設定


それでは、実際の設定はどうやっていくのか見ていきましょう。ここではインストールと基本的な設定などに分けて、画面キャプチャ画像にて紹介しています。項目は多いようですが、ほとんどが画面の説明を読んで「次へ」のボタンをクリックだけなので、かなり簡単です。

インストール

IISのインストール手順は、Windows server 2016とWindows10とでは少し違います。まずはWindows server 2016の場合で説明します。

  1. 「サーバーマネージャー」を起動します。
  2. 「役割と機能の追加」をクリックします。
    ダッシュボード
  3. 「開始する前に」画面が表示されたら内容を確認し、良ければ「次へ」ボタンをクリックします。
  4. 「インストールの種類の選択」画面が表示されたら内容を確認し、良ければ「次へ」ボタンをクリックします。
  5. 「対象サーバーの選択」内容を確認し、良ければ「次へ」ボタンをクリックします。
  6. 「サーバーの役割の選択」画面が表示されたら、「役割」のリストから「Web サーバー(IIS)」の項目のチェックボックスをクリックします。
    サーバーの役割
  7. 「Web Server(IIS)に必要な機能を追加しますか?」が表示されたら内容を確認し、良ければ「機能の追加」ボタンをクリックします。
    ウィザード
  8. 「サーバーの役割の選択」画面に戻ったら、「次へ」ボタンをクリックします。
  9. 「機能の選択」画面が表示されたら、「次へ」ボタンをクリックします。
  10. 「Web サーバーの役割(IIS)」画面が表示されたら内容を確認し、良ければ「次へ」ボタンをクリックします。
  11. 「役割サービスの選択」画面が表示されたら内容を確認し、良ければ「次へ」ボタンをクリックします。
  12. 「インストールオプションの確認」画面が表示されたら内容を確認し、良ければ「インストール」ボタンをクリックします。これでIISのインストールが開始します。
  13. インストールが終了したら、「閉じる」ボタンをクリックして画面を終了します。
    管理状態
  14. サーバーマネージャーにIISが追加されていることを確認します。

Windows10の場合は、以下の順番で画面を進めてください。

  1. 「Windowsシステムツール」を選択
  2. 「コントロールパネル」を選択
  3. 「プログラム」を選択
  4. 「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択
  5. 「インターネットインフォメーションサービス」にチェックを入れてOKボタンをクリック
  6. IISのインストール開始(画面上は「変更を適用しています」)
  7. インストール終了
  8. ブラウザでhttp://localhost/と入力して以下の画面が出たら、インストールが無事終了
    Windowsサーバー

基本的な設定

インストール後は基本設定を行っていきましょう。

  1. スタートメニューの「Windows 管理ツール」のグループの「インターネット インフォメーション サービス(IIS) マネージャー」をクリックします。
    スタートメニュー
  2. すると下記のようなIISの管理画面が表示されます。次に赤枠の「Default Web Site」の部分をクリックします。
    デフォルト
  3. 下記のようなサイトの管理画面が表示されます。
    管理画面

(ご参考) ASP.NETのインストール

  1. 「サーバーの役割の選択」画面で設定します。
    1.「役割」のリストから、「Application Development」の項目のチェックボックスをクリックします。
    2.「Application Development」の文字の左側にある三角のマークをクリックします。すると詳細が表示されます。
    3.「ASP.NET 4.6」の項目のチェックボックスをクリックします。
    サーバーの役割選択
  2. 「役割と機能の追加ウィザード」が表示されたら内容を確認し、良ければ「機能の追加」ボタンをクリックします。
    ASP
  3. 「サーバーの役割の選択」画面に戻ったら、「次へ」ボタンをクリックします。
  4. 「機能の選択」画面が表示されたら、「次へ」ボタンをクリックします。
  5. 「インストールオプションの確認」画面が表示されたら、内容を確認し良ければ「インストール」ボタンをクリックします。これでASP.NETのインストールが開始します。
  6. インストールが終了したら、「閉じる」ボタンをクリックして画面を終了します。

(ご参考) 開発環境をつくる

Visual Studio Community 2017を導入すれば、個人なら「無料」で開発環境が手に入ります。さらに必要なものがセットで入手できるので、急ぎの時には助かります。詳しくはVisual Studio公式サイトをご覧ください。

ここに注意!

Windows 10のライセンスにご注意ください。Microsoft ライセンス条項によれば、「最大 20 台の他のデバイスからの接続を許可することができる」とのことです。このことから、アクセス数の多いWebサイトをWindows 10で公開すると、ライセンス違反になる可能性があります。
MicrosoftおよびWindows、Windows Serverは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

ASP.NETを動かすなら「IIS」

ASP.NET

ここまでいかがでしたか。WindowsのWebサーバーソフトの導入により、ASP.NETなどWindowsを活用した世界が広がります。ぜひ導入をご検討されてみてはいかがでしょうか。