【入門】FTPとは?通信・ソフトについて分かりやすく解説します

FTP(File Transfer Protocol)はサーバーとクライアント間で、ファイルを送受信する通信の決まりごとです。FTPという用語だけで、本来の意味である通信方法以外にも、FTPサーバーやFTPクライアント(ソフト)など、多用な意味を持って語られることが多いのが現状です。
FTP

FTPとは

はじめに

そもそもWebサイトを公開するためには、手元にある文章や画像データなどを、Webサーバーに転送(実質的には複製)しなければなりません。これがFTPの基本です。FTPの用語に含まれるPはプロトコル(約束事)の略で、転送作業を実施する決まりごとを示しています。実際の作業はFTPソフトを利用し、FTPサーバーに接続します。するとWebサーバーにあるファイル一式が表示されます。そこで手元にあるファイルを転送して上書きしたり、新規に転送して追加したりまた削除し、Webサーバーの公開データを更新します。
近年WordPressなどのCMSが普及し、FileをTransfer(転送)する作業は少なくなりました。それでもWebサイトの制作や管理の現場では、FTPやそのセキュリティ改良版を重宝しています。もともとFTPは、インターネットの誕生とともに使われ始めた、歴史のある技術です。その後、より安全に、より簡単に使いやすいように改良されて現在に至っています。

繰り返しになりますが、厳密にはFTPという用語には多くの意味と関連技術があるため、全てを理解することは意外と難しいと思います。そこで次項からは、現状のFTPについて概要を整理し、セキュリティなどの問題点とその解決方法をご紹介します。

FTP通信の仕組みとは

FTPの仕組み

概要

FTP自体が目的で完結するわけではなく、あくまで中継や輸送の手段です。要所に位置して、通信全体をつなぐ仕組みです。具体的にはFTPサーバーとFTPクライアントと呼ばれ、両者間でデータがやり取りされています。
FTPサーバーはインターネット側に位置し、Webサーバーとつながっています。そのためFTPサーバーを操作することにより、Webサーバー内のファイルを制御できます。
この制御方法にはいくつかあります。一番わかりやすいのはFTPクライアントという専用ソフトを、手元のPCで利用する方法です。後ほどWindows用とMac用の定番ソフトをご紹介します。このFTPクライアントにFTPサーバーへの接続情報を一度設定すれば、繰り返し操作ができて便利です。

FTPを構成する大切な仕組み

難しい話になりますが、FTPにはサーバー側にもクライアント側にも、PIとDTPという専門的なプログラムが含まれています。普段FTP利用時には、まったく意識しない地味な機能ですが、ファイル転送には不可欠な役割を担っています。
まずPIとはProtocol Interpreter(プロトコル・インタプリタ)の略で、指示内容をプロトコルにインタプリタ(翻訳)することを担当しています。そしてサーバー側とクライアント側双方のPIが、互いに通信し合っています。FTPクライアントによる操作が、直接FTPサーバーに影響するわけではなく、インタプリタ(翻訳)という中継ぎが存在しています。
次にDTPとはData Transfer Process(データトランスファープロセス)の略で、実質的なデータ転送プロセスを示しています。先に説明したPIとこのDTPの2つが揃って初めて、念願のファイル転送が実現できます。なおDTPもサーバー側とクライアント側両方にあり、相互に通信するだけでなく、PIとも連携しています。

SFTPとは(FTPとの違い)

SFTPとFTP
FTPをセキュリティの面で、より安全にした改良版のひとつがSFTPです。SFTPのSとは、SSH(セキュアシェル)の頭文字です。SFTPはFTPの利便性を損なわず、さらにFTPにSSHの安全性を付加しています。

(1)FTPの弱点
通信経路が暗号化されていないことが挙げられます。そのため、悪意をもった第三者から盗視や侵入される可能性があり、危険があると言われています。
(2)SSHとは
FTPに似ているプロトコルです。主な違いとして、SSHは暗号や認証の技術を利用して、安全に通信ができることです。通常SSHを使う場面は、サーバーにログインして設定や管理などの操作するときです。SSHにもサーバーとクライアントがあり、SSHクライアントソフトをPCにインストールして、SSHサーバーにつなぎにいきます。

コントロールコネクションとデータコネクション

既述の項目「FTPを構成する大切な仕組み」の通り、FTPにはサーバー側にもクライアント側にも、PIとDTPの2種類の仕組みが動いています。この仕組みに関連して、サーバーとクライアントのつながり(コネクション)にも、次の2種類あります。

PI(プロトコル・インタプリタ) DTP(データ転送プロセス)
コネクション分類 コントロールコネクション データコネクション
ポート番号 21 20

ポート番号とは

サーバーのアプリケーション毎に、あらかじめ決められた数字です。今回のFTPの場合は、コントロール用の20番とデータ用の21番で2個あります。
一般にサーバーは、余分なポート番号は通過できないように閉じて、使っているアプリケーションの通信のみを通過できるように設定しています。これがファイアウォール(防火壁)運用の基本で、セキュリティを維持する一つの方法となっています。

FTPでできること

以下の4点にまとめることができます。

  • FTPサーバーに接続しデータの操作(FTPクライアントソフト利用で容易に可能)
  • 物理的に離れたサーバーにアクセス(わざわざサーバーの設置場所に行く必要がない)
  • データの操作(1) ファイルのアップロード (クライアント→サーバー)
  • データの操作(2) ファイルのダウンロードとバックアップ(サーバー→クライアント)

あらためてFTPサーバーとは

FTPサーバーとは
この項目ではサーバー側からみたFTPについて、現状を簡単にご紹介します。

レンタルサーバーの状況

サービス開始時には設定済で、すぐに利用できるようになっています。その利用にはFTPサーバーへの接続情報さえわかればよく、普段、存在を意識することはまずありません。それは、レンタルサーバー業者があらかじめFTPサーバーのアプリケーションを、サーバーにインストールして、少しでも安全に利用できるように設定しているからです。

ライセンス

現在多くのFTPサーバーのアプリケーションが公開されています。その中にはオープンソースとして、ライセンスの条件次第で無料で利用できるものもあります。

アプリケーション

Linux OS用のFTPサーバーのアプリケーションとして有名なものには、VsftpdやProFTPDなどがあります。設定自体はそれほど難解ではないため、VPSなどを利用して利用者自身で設定している方も少なくありません。
既に触れたように、セキュリティの観点でリスクがあるため、FTPは代替手段のSFTPに移行しつつあります。

FTPソフト(クライアント)とは

次にクライアント側からみたFTPについてご説明します。

概要

レンタルサーバー利用の場合は、業者から通知された設定情報を正確にFTPソフトに設定してください。一度だけ実施すれば、次回からはクリック一つでFTPサーバーに接続が可能です。

FTPソフトの設定に最低限必要な情報

  • FTPサーバーのホスト名
  • FTPサーバーにログインするためのユーザー名
  • 上記(2)に対応するパスワード

注意点

言うまでもなく、これらの設定情報の取り扱いにはくれぐれもご注意ください。情報が外部に知れ渡ってしまうと、第三者からFTPサーバーにアクセスされ、Webサイトの改ざん被害などにつながる可能性があります。

よく使われる無料FTPソフト

それでは、初心者に人気の定番FTPソフトを幾つか取り上げたいと思います。どのソフトもバージョンアップを重ねているため、どなたでも使いやすいのではないでしょうか。

Windows/Macどちらでも対応「FileZilla」

FileZilla

(1)公式サイトFileZilla
(2)特徴

  • 複数のOSで利用可能(Windows/Mac OS X/Linux)
  • 機能は豊富で詳細まで設定可能
  • SFTP利用可

出典:FileZilla

Windowsの定番その1「FFFTP」

FFFTP

(1)公式サイトFFFTP (エフエフエフティーピー) プロジェクト
(2)特徴

  • シンプルな画面で操作がしやすい
  • 日本製
  • 公開されてから20年の歴史があるが、開発終了のニュースあり
  • 筆者も利用中

出典:FFFTP (エフエフエフティーピー) プロジェクト

Windowsの定番その2「WinSCP」

WinSCP

(1)公式サイトWinSCPプロジェクト
(2)特徴

  • シンプルな画面で操作がしやすい
  • SFTP利用可
  • タブを用いて複数のFTP同時接続が可能(これは便利)
  • 筆者も利用中

出典:WinSCPプロジェクト

Macならこちらもおすすめ「Cyberduck」

Cyberduck

(1)公式サイトCyberduck
(2)特徴

  • 日本語に対応し、シンプルで操作しやすい
  • 接続方法が多様(Cloud ストレージ対応。画面キャプチャー画像参照)
  • Windowsでも利用可
  • SFTP利用可

FTPで簡単にサーバーへファイルを送受信!

ここまでいかがでしたか。FTPはWebサイト更新作業には欠かせない手段です。ただ、意外と詳細を理解していないことが多いのではないでしょうか。
FTPのセキュリティ面で不安のある場合は、解決方法があることをご理解いただけたかと思います。本文では紹介していませんが、解決手法としてFTPサーバーへのアクセス制限をかける方法もあります。例えばカゴヤ・ジャパンでは、共用サーバーなどで標準搭載している無料オプションにより、不正アクセスを防御しています。ご検討されてみてはいかがでしょうか。

高速でセキュアな環境で運用できるWordpressユーザー向けに特化したWordPress専用サーバー

人気記事ランキングトップ10

カテゴリ一覧

新着記事Pick Up!