お問い合わせはこちら

これでサーバーとネットワークの冗長化が実現できる!【カゴヤのソリューション事例】

公開
更新

運営中のサービスを安定して提供するには、具体的にどのような仕組みを導入し維持したらいいのでしょうか。このような悩みをもつ企業担当者は、思いのほか多いと感じます。例えばサーバーとネットワークの冗長化をしたいが、内容が難しく悩む場合などです。情報セキュリティ向上のためBCP(事業継続計画)を策定する役員だけでなく、情報システム部門以外の担当者にも重要です。カゴヤ・ジャパンには解決策があります。事例とともにご紹介しましょう。

 「冗長化してください」と突然指示されても

インフラ担当に就任したばかりのAさんは、直属の上司より社内のサーバーやネットワークを冗長化するように言われ、どうしたらいいか悩んでいました。何をどのようにしたらいいのか、なぜ自分がやるのか理解できなかったからです。決して他人事ではありません。

それでは、どのように解消すればいいのでしょうか。どこに問題があるかを明らかにするために、最初に調査をします。例えばAさんの場合では、上司や社内の関係者にヒアリングし以下のような3つの課題があることがわかります。

  • 【課題1】 BCPが「できている」状態にしたい
  • 【課題2】 いま利用中のものはできる限り活かしてデータセンターに移行したい
  • 【課題3】 データセンターへの移行を早めに済ませたい

これらの3つを解く手がかりを、Aさんに代わって補足します。ここを押さえておけば、ソリューションの選定が円滑に進みます。

 【Aさんの課題(1)を解く手がかり】 BCPが「できている」状態にしたい

自社のサービスにとって最適なBCPについて、対象を決め対策を進める一つの手順をご紹介します。

指針(ガイドライン)にそって計画する

BCP(Business Continuity Plan、事業継続計画)とは、緊急事態でもサービスを止めない仕組みをまとめた計画です。その対象範囲は広大で、限りある予算で全ての予測に対処することは現実的ではありません。そこで優先的に対策をする対象を決めてから、実施計画書を作成します。国の行政機関が出している指針(ガイドライン)などにそって進めるのが効率的です。

プロの力を借りて進める

プロの支援があって、初めてBCPが「できている」状態になると考えます。素人がいくら孤軍奮闘しても、全体の流れを理解し実際の運用に慣れた専門家にはかないません。

情報システムを見直す

BCPを実現するためには、情報システムの根幹部分の増強も必要になってきます。特に冗長化(二重化または多重化)の考え方が大切です。ここでは次のような事態を想定しています。

  • サーバー機器の停止
  • ネットワーク回線とその関連機器の停止
  • 保存されているデータの消失

【Aさんの課題(2)を解く手がかり】 いま利用中のものはできる限り活かしてデータセンターに移行したい

たとえ新しい別の場所に移転するとしても、これまで利用していたものが出来る限り無駄にならないよう再活用したいものです。決められた期限の範囲内であれば、安易に廃棄するのは避けたいところです。捨てるのも有料で手続きが必要なことがあるからです。

移行先での冗長化する手段としても、この再活用は十分に有効と考えます。費用を抑えるだけでなく、BCPを「できている」状態にする有力な手段になるのではないでしょうか。

【Aさんの課題(3)を解く手がかり】 データセンターへの移行を早めに済ませたい

引っ越し作業をなるべく安全に早く、そして確実に実施できる秘策はあるのでしょうか。巨大なファイルサイズのデータだったり、大切な情報(機密情報や個人情報など)が含まれるデータを扱う際には、十分すぎるほど慎重に対処すべきです。

このような場合、それらのデータを記録媒体(HDDやDVDなど)ごと人が持参したり、または高度なセキュリティ対策をして郵送する方法もあります。遠隔地からの操作で、多くの設定やデータ転送はできるようになってきましたが、あえてアナログ的なやり方を選ぶのも有益です。

もちろん移転先のデータセンターで、記録媒体が使えるかを事前に調べておきましょう。データセンターでのセキュリティ対策などにより、不可の場合があるからです。

カゴヤからの提案(1) サーバーやネットワークの冗長化を確実に進めましょう

それでは当社がおすすめする解決策をご紹介しましょう。

目的

BCPが「できている」状態にすることです。解決策は、サーバーとネットワーク関連とに分けてご説明します。

カゴヤの解決策

当社データセンターを活用し、多様な組み合わせによる構成が可能です。

サーバー

  • 2台構成のクラウドサーバー
  • ハイブリッドクラウド(仮想サーバーと物理サーバーの組み合わせ)

構成するイメージの詳細は以下のページをご覧ください。典型的な構成例での費用感をご確認いただけます。

ネットワークやサーバーを冗長化したい | ソリューション | クラウドとレンタルサーバーのカゴヤ・ジャパン

ネットワークやサーバーを冗長化したい方へのソリューションサービス。回線、ルーター、サーバーを冗長化することにおいて万が一のトラブルにおいてもシステムのダウンを最小限に抑え安定した運用いただける構成となっております。

構成する機器をすべて冗長化したい | ソリューション | クラウドとレンタルサーバーのカゴヤ・ジャパン

クラウドサーバーでアプライアンスを冗長構成を検討されている方へのソリューションサービス。各上位アプライアンスを2台で冗長構成し、クラウドサーバーをご利用頂く構成です。耐障害性と拡張性に優れた環境でご運用できます。営業/SEが訪問、ヒアリングしてご提案いたします。

クラウド×ベアメタルサーバー|ハイブリッドクラウド|FLEX|クラウドとレンタルサーバーのカゴヤ・ジャパン

冗長化されかつ拡張性にも優れた専用仮想サーバーのFLEXクラウドサーバー。低コストでリソースをフル活用できる専用物理サーバーのFLEX物理サーバー。この両方をご要望と用途に合わせ組み合わせてご利用頂くハイブリッド構成が可能です。

ネットワーク関連

  • カゴヤ回線とキャリア回線(お客様持ち込み)でネットワーク回線の冗長化
  • お客様持ち込みのルーターの設置による冗長化

ネットワークやサーバーを冗長化したい | ソリューション | クラウドとレンタルサーバーのカゴヤ・ジャパン

ネットワークやサーバーを冗長化したい方へのソリューションサービス。回線、ルーター、サーバーを冗長化することにおいて万が一のトラブルにおいてもシステムのダウンを最小限に抑え安定した運用いただける構成となっております。

異なるキャリア回線でネットワークを冗長化したい | ソリューション | クラウドとレンタルサーバーのカゴヤ・ジャパン

異なるキャリア回線でネットワークを冗長化したい方へのソリューションサービス。カゴヤ回線+キャリア回線で外部回線を冗長化し、クラウドサーバーとベアメタルサーバーをローカル接続してご提供します。外部向けにはカゴヤ回線、メンテナンス用にキャリア回線を使用するなど、ご要望に応じて柔軟にご運用になれます。

カゴヤからの提案(2) いま使っているネットワーク回線やルーターはそのまま利用も可能です

目的

いま使っている機器などを継続して使い、構築の負担と費用を抑え、冗長化にも有効な手段となります。

カゴヤの解決策

お客様所有のネットワーク回線やルーター機器を当社がお預かりし、引き続きご利用いただくことができます。

ネットワーク回線

お客様がご契約されている当社サーバー用に、インターネット接続用回線としてご使用いただけます。全てのキャリア回線やプロバイダをお受けできます。当社提供の回線と併用すれば冗長化にもなります。

外部回線接続サービス|オプション|KAGOYA FLEX|クラウドとレンタルサーバーのカゴヤ・ジャパン

外部回線接続サービスは、お客様の拠点の一つとして、当社データセンターにお客様ご指定のキャリア回線(NTT-FLETSなど)を引き込み、ご契約サーバーのインターネット接続用回線としてご利用いただくサービスです。

ルーター

お預かりすることで、お客様が既に構築されているネットワーク(VPNなど)に当社データセンターを拠点として加えることも可能になります。

ルーターお預かりサービス|オプション|KAGOYA FLEX|クラウドとレンタルサーバーのカゴヤ・ジャパン

ルーターお預かりサービスは、お客様所有のルーター(または、Firewall)をお預かりし、ご契約サーバーのゲートウェイとしてご利用いただくサービスです。

カゴヤからの提案(3) 冗長化は円滑に進めましょう

目的

データの種類により、移管時は厳重に取り扱わなければなりません。人がそれらのデータを記録媒体(HDDやDVDなど)で持参するなどの方法が確実で安心なときがあります。特に巨大なサイズのファイルや、機密情報や個人情報などの大切な情報を扱う場合、堅実な情報セキュリティ管理のもと実施しなければなりません。

カゴヤの解決策

当社データセンターをご利用時に、以下のような場面でデータの移管作業が発生します。「HDD/DVD持ち込み」や郵送により、なるべく早く確実に実施しましょう。

サーバーの監視や運用も任せたい | ソリューション | クラウドとレンタルサーバーのカゴヤ・ジャパン

サーバーの監視や運用も任せたい方へのソリューションサービス。サーバーに対して弊社マネージドパートナーによる運用サービスをご提供します。監視や障害対応などを月額定額でご利用頂けます。

占有できるクラウド環境を作りたい | ソリューション | クラウドとレンタルサーバーのカゴヤ・ジャパン

占有できるクラウド環境を作りたい方へのソリューションサービス。仮想化基盤としてのハイパーバイザー機能に加え、冗長化やシステムの停止を伴わないリソースの拡張や切替手段をご提供。投資コストと運用コストを抑えながら障害に強く、拡張容易なプライベートクラウド環境としてご利用になれます。

世界No.1アクロニスのクラウドバックアップ、仕組みと魅力を徹底解説

世界No.1アクロニスのクラウドバックアップ、仕組みと魅力を徹底解説

ランサムウェア対策・災害対策などのため、企業においてバックアップの重要性は増していることは言うまでもありません。 しかし、バックアップをとっているもののうまく復元できる自信がない、バックアップ対象が増えて作業が煩雑化してしまっているなど、バックアップに関して課題を抱える企業様は多いのではないでしょうか。 今回は世界150ヵ国でバックアップを含めたサイバープロテクションのソリューションを展開するアク…

構成する機器をすべて冗長化したい | ソリューション | クラウドとレンタルサーバーのカゴヤ・ジャパン

クラウドサーバーでアプライアンスを冗長構成を検討されている方へのソリューションサービス。各上位アプライアンスを2台で冗長構成し、クラウドサーバーをご利用頂く構成です。耐障害性と拡張性に優れた環境でご運用できます。営業/SEが訪問、ヒアリングしてご提案いたします。

まとめ

この記事では、サーバーとネットワークの冗長化についてまとめています。カゴヤ・ジャパンはデータセンターの事業者として、その他にもさまざまなソリューションをご提供しています。以下のページで広くご紹介しています。

ソリューション | クラウドとレンタルサーバーのカゴヤ・ジャパン

インフラ基盤、セキュリティ、AI・IoT、BCP対策などお客様の様々な課題を、データセンターを背景とした最新のITソリューションでの解決策をご提案いたします。

こちらのページでは、目的や用途のほか導入事例からもご覧いただくことができます。お困りのときに参考にしていただきたいと願っています。