SMTPサーバーとは?IMAPやPOPとの違い&基本の設定方法

メール送信を受け持つSMTPサーバーを含め、これらはいずれもメール送受信に関わるサーバーの名称ですが、それぞれの役割や違いを把握されていない方も多いのではないでしょうか。ここではメール設定の際に欠かせないこれらの用語を解説します。
SMTPサーバーとIMAP/POPサーバーとの関係

SMTPサーバーとIMAPやPOPとの違い

ここではSMTPサーバーとIMAP・POPサーバーそれぞれの役割や違いについて解説します。いずれもメール設定の際に必要となる項目です。

SMTPサーバーの役割

SMTPサーバーはメールの送信(配送)の際に必要となるサーバーです。メールソフトを使ってユーザーがメール送信を行うと、メールソフトに設定されたSMTPサーバーが送信先のサーバーまでそのメールを届けます。

より詳しく説明すると、メールソフトはSMTPサーバーに対してメールの配送を依頼します。メール配送を依頼されたSMTPサーバーは、送信メールを、送信先メールアドレスを管理するSMTPサーバーまで送るのです。

POPサーバーの役割

メール送信に必要なSMTPサーバーに対して、POPサーバーはメール受信の際に必要となるサーバーです。SMTPサーバーが送信メールを相手先へ届けるのに対して、POPサーバーはメールサーバーに保存されたメールを、受信者のパソコンなどへダウンロードする役割を受け持ちます。

IMAPサーバーの役割

IMAPとPOPの違い
IMAPサーバーもPOPサーバーと同様にメール受信の際に必要となるサーバーです。受信したメールを受信者のパソコンなどにダウンロードするPOPサーバーに対し、IMAPサーバーを利用することで、受信者はメールサーバーに保存したままの状態でメールを読むことができます。パソコンほどのデータ保存容量を持たないスマートフォンなどでメールを受信する際は、メールソフトにIMAPサーバーが設定されることが多いです。

SMTPサーバー・POPサーバー・IMAPサーバーの違いまとめ

ここでSMTPサーバー・POPサーバー・IMAPサーバーの役割や違いを簡単にまとめておきましょう。SMTPサーバーはメール送信の際に必要となるサーバー、たいしてPOPサーバーとIMAPサーバーはメールを受信する際に必要となるサーバーです。

ユーザーはメール受信の際にPOPサーバーとIMAPサーバーのいずれかを利用します。2つの違いは、POPサーバーがメールサーバーから受信者のパソコンなどにメールをダウンロードさせるのに対して、IMAPサーバーはメールサーバーにメールを保存したまま読むことを可能にすることです。パソコンよりデータ保存容量が少ないスマートフォンなどでメールを読む際は、特にIMAPサーバーがよく利用されます。

メールの基本の設定と知っておくべきこと

PCでメールを作成しているイメージ
SMTPサーバー・POPサーバー・IMAPサーバーの違いは把握できたでしょうか。ここでは一歩進んで、これらの情報を使いどのようにメールを設定するか解説します。なおサーバー名など、メール設定の際に使用する具体的な設定値はメールサービスによって異なるため、ここではカゴヤのメールサービスを例に解説します。

メールソフトの設定

カゴヤのメールサービスを設定する際に必要となる設定値は以下の通りです。

項目名 設定値
ユーザー名
(メールアカウント名)
例:
kir*******など(※お客様によって異なります。)
パスワード メールアカウントのパスワード
アカウント名 メールアカウントに関する説明
※利用者がわかりやすいように任意の名前をつけます。
送信メールサーバー
(SMTPサーバー)
smtp.kagoya.netなど
※お客様によって異なります。
受信メールサーバー
(POP/IMAPサーバー)
m**.kagoya.netなど
※お客様によって異なります。

上記のような設定値は、各メールサービスの公式サイトやマニュアルに記載されているので必要に応じて確認してみて下さい。

次に実際メールソフトにどのように設定するか、その例を紹介します。設定方法はメールソフトによって異なりますが、ここでは参考までにWindows10のメールアプリを例に解説します。

まず、スタートメニューを開き「メール」→「アカウント」→「アカウントの追加」の順にクリックします。以下のように「メール」の設定画面が表示されます。
メールアプリスタート画面
「使ってみる」をクリックします。
メールアプリアカウント作成画面
「アカウントの追加」をクリックします。
メールアプリアカウント選択画面
「アカウントの選択」画面が表示されるため、「詳細設定」をクリックします。
メールアプリアカウント詳細設定画面
「アカウントの追加」が表示されるので「インターネットメール」をクリックします。
メールアプリアカウント設定項目画面
上記のように「インターネット メールアカウント」の設定画面が表示されます。ここで上記表に記載したようにメールアドレスやアカウント名・受信メールサーバー(POP/IMAPサーバー)・送信メールサーバー(SMTPサーバー)などの情報を入力します。その他、この画面でチェックすべき内容は以下の通りです。

アカウントの種類 「POP」「IMAP」どちらで受信するかを指定します。
メールサービスによってはPOPしか使えないことがあるので注意して下さい。

※POPは「POP3」、IMAPは「IMAP4」と記載されています。
※イメージでは「IMAP4」が選ばれています。
送信サーバーには、認証が必要 SMTP認証を行うか指定します。一般的にはチェックをいれることが多いです。
※カゴヤのメールサービスではチェックをいれます。
送信メールに同じユーザー名とパスワードを使用 受信と送信に同じユーザー名・パスワードを使うか指定します。一般的にはチェックをいれることが多いです。
※カゴヤのメールサービスではチェックをいれます。
受信メールにはSSLが必要 メール受信時にSSLで暗号化する際にチェックをいれます。メールサービスによってSSLの利用可否が異なります。
※カゴヤのメールサービスではチェックをいれます。
送信メールにはSSLが必要 メール送信時にSSLで暗号化する際にチェックをいれます。メールサービスによってSSLの利用可否が異なります。
※カゴヤのメールサービスではチェックをいれます。

全ての入力が完了したら「サインイン」→「完了」とクリックして設定が終了です。

SMTP認証

SMTPサーバーからメールを送信する際に、ユーザー名とパスワードによる認証を行うことです。認証情報を持っているユーザーだけが、そのSMTPサーバーを使ってメール送信を実行することができます。

Outbound Port 25 Blocking

SMTPサーバーは、インターネットの25番というポートを使ってメール送信を行います。Outbound Port 25 Blockingとは、個人向けインターネットサービスなどでこの25番ポートを閉じる(利用できなくする)ことで、そのサービス内から不正な迷惑メールの送信が行なわれないように規制する技術をさします。Outbound Port 25 Blockingが行なわれたネットワークで通常のメール送信をする場合は、25番ポートではなく465番ポートを使い、SMTP認証を実施して正しいSMTPサーバーからメール送信を行います。

メール送信に必要なのがSMTPサーバー

メールを送るイメージのスーツの男性
メールソフトに設定するサーバーにはそれぞれ別々の役割があります。SMTPサーバーはメール送信の際に必要なサーバー、たいしてPOPサーバー・IMAPサーバーはメール受信に必要なメールサーバーです。POPサーバーを利用すると、サーバーからメールソフトにメールをダウンロードするのに対して、IMAPサーバーを利用すると、メールソフトにメールをダウンロードせずサーバーに保存したままでメールを読むことができます。

高速でセキュアな環境で運用できるWordpressユーザー向けに特化したWordPress専用サーバー

人気記事ランキングトップ10

カテゴリ一覧

新着記事Pick Up!