お問い合わせはこちら

Rust (Steam版)サーバーをカゴヤのVPSで安価に立ててみた

公開
更新

Rust(Steam版)サーバーを立てれば、仲が良い友達同士で快適にRustをプレイできます。ただ、Rustサーバーを立てるのは「難しい」とか「お金がかかる」と考えている方も多いのではないでしょうか。 この記事では、まずRustのマルチサーバー(マルチプレイサーバー)とは何か簡単に解説します。その上で、カゴヤVPSを使い、安価かつ手軽にRust用のマルチサーバーを立てる方法を解説しますので是非参考にして下さい。

RUSTで個人サーバーを立てる方法

Rustのマルチサーバーとは

Rustのマルチサーバーとは、文字通りRustのマルチプレイをするために必要なサーバーです。

Rustのマルチサーバーを自分で構築することで、親しい友達同士だけでRustのマルチプレイを楽しむことができるようになります。公式のサーバーを使うときのように、他のプレイヤーに介入されることはありません。

RustのマルチサーバーをVPSで立てるとよい理由

VPSとは「Virtual Private Server」の略で、日本語に訳すと「仮想専用サーバー」となります。VPS(仮想専用サーバー)とは、仮想的にユーザーごとの専用サーバーを提供するサービスです。

※VPSについて詳しくは以下の記事をご覧ください。

VPSとは?レンタルサーバーと何が違う?分かりやすく解説

VPSとは?レンタルサーバーと何が違う?分かりやすく解説

VPS(Virtual Private Server)は、日本語に訳すと「仮想専用サーバー」となります。1台のサーバーを複数のユーザーで共有する点は共用サーバーと同じですが、VPSでは、仮想的に専用サーバーと同様の自由度・性能を利用できるよう設定されています。ここでは、VPSの魅力や性能、そしてメリット・デメリットを初心者の方にも分かりやすくまとめました。 VPSの仕組み、共用サーバーとの違い V…

それでは、なぜRustのマルチサーバーをVPSで立てるとよいのでしょうか。

以下、その理由を解説します。

サーバーを常時起動状態にできるのでいつでも遊べる

自分でサーバーを構築する場合、起動したままの状態にしておくと、その分電気代がかさんでしまう上にサーバーの動作音も気になるでしょう。一方のVPSであれば、電気代を気にせず起動したままの状態にしておけます。オンライン上のサーバーを使うことになるため、もちろんサーバーの動作音が気になることもありません。

コストを節約できる

VPSは一般的な専用サーバーに比べ、安価な料金で利用可能です。自前でサーバーを構築するときのように、サーバー機器の購入費用や電気代もかかりません。そのためVPSを使うことによって、マルチサーバーを利用するためにかかるコストを節約できます。

Rustのマルチサーバーに求められるスペック

Rustのマルチサーバーにおいて、推奨されるスペックは以下の通りです。

  • 最低4GB(最適なパフォーマンスを実現するためには8GB以上が推奨)
  • プロセッサ:デュアルコア3.4GHz以上
  • ディスク容量:32GB以上

VPSを使うなどしてRustのマルチサーバーを構築する場合、上記のサーバースペックを確保するようにして下さい。

RustのマルチサーバーをカゴヤVPSで立てる方法

カゴヤVPSは初期費用無料・月額550円(日額20円~)の低価格で使える、自社DC/自社開発の国産VPSです。Rustのマルチサーバーに必要なスペック(以下)のVPSについては、月額1,650円(日額59円~)で利用できます。

月額1,650円(日額59円~)で利用可能なVPSのスペック
  • CPU:4コア
  • メモリ:4GB
  • ディスク容量:80GB

カゴヤVPSの準備

カゴヤVPSは、以下公式サイトURLから申し込みいただけます。

KAGOYA CLOUD VPS公式サイト

申込方法やカゴヤVPSの初期設定については、以下記事で詳しく解説しています。よろしければあわせてご覧ください。

https://www.kagoya.jp/howto/cloud/webserver/vpsdojo_bootcamp_02/

※Rustサーバーの構築に関しては、上記記事の中でもVPSアカウントを作成してからサーバーへ接続するまでの手順が参考になります。

なおVPSで利用するOSは、CentOS 7 を選んでください。

Rust用マルチサーバーの立て方

VPS環境を用意できたら、早速Rust用マルチサーバーを構築しましょう。以下、1つずつ順番にマルチサーバーの立て方を解説します。

事前準備

まず事前準備としてパッケージ管理システム「yum」のアップデートを実行します。

yum clean all
yum update -y
yum upgrade -y

ファイアウォールを設定します。

Rustでは、TCP/UDPの28015-28016番ポートを開放しておく必要があります。

firewall-cmd –zone=public –add-port=28015-28016/tcp –permanent
firewall-cmd –zone=public –add-port=28015-28016/udp –permanent
firewall-cmd –reload 

必要なライブラリと「SteamCMD」をインストールする

SteamCMDは、Steamからゲームサーバーをダウンロードするのに必要となるSteamクライアントのコマンドライン版です。以下の手順でインストールを実行します。

まずSteamCMDに必要なライブラリをインストールしましょう。

yum install glibc.i686 libstdc++.i686 -y

次にSteamCMDをダウンロード・インストールするのに必要なコマンドをインストールします。

yum install wget
yum install tar

SteamCMDをダウンロード・インストールします。

wget https://steamcdn-a.akamaihd.net/client/installer/steamcmd_linux.tar.gz
tar xf steamcmd_linux.tar.gz

SteamCMDを実行します。

./steamcmd.sh +quit

Rust用サーバーをインストールする

SteamCMDを起動します。

./steamcmd.sh

以下コマンドを実行し、Rust用サーバーをインストールします。

Steam > login anonymous
Steam > force_install_dir /opt/rust_srv
Steam > app_update 258550 validate

インストール完了後、SteamCMDを終了します。

Steam > exit

Rustの実行に必要なスクリプトを作成し起動する

Rust用サーバーをインストールしたディレクトリへ移動し、Rustの実行に必要なスクリプトを作成します。

cd /opt/rust_srv
vi startrust.sh

「vi」エディタを利用し、以下のようにスクリプトを作成して下さい。

※vi エディタの使い方

キーボードの「i」キーで編集できる入力モードになります。矢印キーで編集したい箇所にカーソルを移動して編集していきます。編集が完了したら「Esc」キーで入力モードを終了し、「:wq」入力し「Enter」キーで編集内容を保存できます。

「server.maxplayers」の部分がサーバーに同時アクセス可能な最大ユーザー数、「server.worldsize」がマルチプレイをする際のフィールドサイズです。

本記事では、server.maxplayersを10、server.worldsizeを1,500としていますが、サーバーのスペックや必要に応じてこの値は変更して下さい。

#!/bin/sh
clear while : do
exec ./RustDedicated -batchmode -nographics \
-server.ip IPAddressHere \
-server.port 28015 \
-rcon.ip IPAddressHere \
-rcon.port 28016 \
-rcon.password “rcon password here” \
-server.maxplayers 10 \
-server.hostname “My Custom Server Name” \
-server.identity “my_server_identity” \
-server.level “Procedural Map” \
-server.seed 12345 \
-server.worldsize 1500 \
-server.saveinterval 300 \
-server.globalchat true \
-server.description “Description Here” \
-server.headerimage “512x256px JPG/PNG headerimage link here” \
-server.url “Your Website Here”
echo “\nRestarting server…\n” done

以下コマンドで、スクリプトの権限を変更し起動させたらインストール作業は完了です。

chmod u+x startrust.sh
./startrust.sh

あとはゲーム側からIPアドレスとポート番号「28015」 を指定してアクセスすれば、構築したマルチサーバーを使ってプレイできます。

まとめ

Rust用のマルチサーバーを使えば他のプレイヤーの介入を受けることなく、友達同士でRustをプレイできます。Rust用のマルチサーバーは、カゴヤVPSなら比較的安価に構築可能です。本記事の手順を参照いただければ、サーバーを構築したことがない方でも、無理なくRust用のマルチサーバーを構築できます。

カゴヤVPSの詳細については、以下公式サイトで確認下さい。

KAGOYA CLOUD VPS公式サイト

日額 20円 で使えるVPSサーバー

大容量メモリーで快適!“マルチプレイ”を楽しむなら KAGOYA CLOUD VPS!

カゴヤのVPSは初期費用無料でアカウント登録さえしておけば、遊びたい時だけすぐに遊べる!日額課金もあるから料金は使った分だけ。