お知らせ

KAGOYA CLOUD 「IaaS」 サービス提供開始

2020年07月28日

2020年7月28日(火)より、クラウドサービス「KAGOYA CLOUD」 において 「IaaS」 の提供を開始します。

本サービスは、物理サーバーのように自由度の高い仮想サーバー環境を、オンデマンドで提供します。
お選びいただけるサーバースペックのバリエーションは 95 パターンと、幅広い用途にご活用いただけます。

また、複数台のサーバー運用や、当社サービス外の環境と組み合わせてご利用いただく際に便利な、ネットワークオプションをご用意しております。
自社サービスの公開環境や、社内システム基盤としてもお使いいただける高機能なサーバー環境を、お申込み後すぐに使い始められます。

料金は1時間単位の従量課金制となっておりますので、短時間のお試し利用や、
急激なリソース増が見込まれるようなサービスの基盤としても、効率よくお使いいただけます。

これにより「KAGOYA CLOUD」は安価にご利用をはじめていただける「VPS」と、
Kubernetes環境を手軽に利用できる「コンテナサービス」の間を補完する形で、
より高度なネットワーク構成やAPI対応が可能な「IaaS」が揃うことで、お客様の幅広いニーズにお応えできるようになりました。

◇ KAGOYA CLOUD 「IaaS」 のサービス詳細はこちら
  https://www.kagoya.jp/cloud/iaas

【サービスの特徴】
KAGOYA CLOUD「IaaS」の特長は、下記の通りです。

豊富なスペックバリエーション
最小コア数: 1コア、最小メモリ: 512MB から選択可能です。
スペックバリエーションは全 95パターン から最適なサーバーをお選びいただけます。また、大容量ディスクも選択いただけます。(最大: 1TB )

クラウドサーバーならではの柔軟性
必要に応じてスケールアップやスケールダウンが可能です。ディスクは容量増大に加え、増設(1サーバーに複数のディスクをアタッチ)も行えます。
構築済みのサーバーのスナップショットをもとに、簡単にサーバーの複製も可能です。

効率的な料金体系
一時的なリソース強化などの場合でも、リソースの利用時間に応じた従量課金制を採用しているので無駄な費用が発生しません。
また月額上限設定(200時間)があるので、利用料金の予測ができ安心です。

ビジネス用途に適した高機能オプション
複数台サーバーのローカル接続が可能な 「スイッチ」 オプションや、拠点間VPNを実現する 「ルーター」 オプションなど、法人のお客様に向けた高機能なネットワークオプションを提供します。

APIによる リソース情報取得 / リソース操作
サーバーの管理、スケーリングの自動化などにご活用いただけます。
 ※現在β版での提供のため、利用可能な機能は順次追加中です。

【提供価格(税込)】
「サーバースペック」と「ディスク容量」の合計金額が基本料金となります。

■ 料金表(一部抜粋)

サーバースペック 1コア / 512MB 2コア / 2GB 4コア / 4GB 6コア / 8GB
時間額 6.6 円 16.5 円 33 円 56.1 円
月額 1,320 円 3,300 円 6,600 円 11,220 円
ディスク容量 20GB 40GB 80GB 100GB
時間額 2.2 円 4.4 円 8.8 円 11 円
月額 440 円 880 円 1,760 円 2,220 円

※ サーバー作成時にはディスクが必ず必要になります。
※ ディスク単体での作成は可能です。
※ 1サーバーに複数のディスクをアタッチすることも可能です。

■ オプション料金(一部抜粋)

「スイッチ」 オプション 1台あたり
時間額 8.8 円
月額 1,760 円
「ルーター」 オプション スタンダード
時間額 10.45 円
月額 2,090 円

◇ KAGOYA CLOUD 「IaaS」 の料金詳細はこちら
  https://www.kagoya.jp/cloud/iaas/price/

◇ KAGOYA CLOUD 「IaaS」の詳細はこちら 
 https://www.kagoya.jp/cloud/iaas/