お知らせ

【セミナー】NVIDIA社登壇決定!第3回 カゴヤ GPUコンピューティング・セミナー(4/20)

2018年03月19日

 

第3回 カゴヤ GPUコンピューティング・セミナー

「GPUコンピューティングのもうひとつの未来」
~ハードウエアの限界に挑む超高速データベース・ソリューション~

昨今、話題のAI(人工知能)やディープラーニング(深層学習)ですが、自動車の自動運転技術に
代表される画像解析以外でもGPUを活用したソリューションが注目を浴びています。

今回のセミナーでは、GPUの世界的リーディングカンパニーNVIDIA社とGPUベンチャーの雄、
ヘテロDB社がその仕組みについて解説します。

お申し込みは、先着順で定員が埋まり次第終了致します。
本セミナーは人気セミナーですので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

また、個別ご相談会では、御社が抱える具体的な課題についてのご相談も承りますので、
奮ってご参加ください。

■日 時 :2018年4月20日(金) 13時30分〜15時50分 ※受付開始時間:13時15分
■会 場 :品川インターシティ B1F 会議室4[アクセス情報] 
■参加料 :無料
■定員 :40名

> セミナー特設ページはこちら

————————————————————————————————————–
■講師紹介

エヌビディア エンタープライズマーケティング部 マーケティングマネージャー 佐々木 邦暢氏
日本マイクロソフト株式会社でミッションクリティカルシステム、サーバー仮想化、クラウドコンピューティング及びハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)のセールス・コンサルティングを担当。2010年、TSUBAME2.0のTOP500チャレンジでWindows HPC Serverによる初のペタフロップス級クラスタ構築に関わったことでGPUコンピューティングと出会う。
2016年エヌビディア入社。ディープラーニング、HPC領域のマーケティング活動を推進中。
ディープラーニング技術者に向けた各種の情報リソースやハンズオントレーニングを提供する“Deep Learning Institute”の責任者。

ヘテロDB株式会社 チーフアーキテクト兼代表取締役社長 海外 浩平氏
NECにて10年以上Linux kernelやPostgreSQLを中心としたオープンソースソフトウェアの開発・サポートに従事。
特にPostgreSQL開発者コミュニティにおいては、セキュリティ機能の強化や外部データラッパ(FDW)の開発を通して Major Contributor の一人として知られている。
2012年頃からGPUコンピューティングのデータベース領域の適用に取り組みはじめ、GPUを用いたPostgreSQLの高速化モジュールPG-Stromを開発。2017年、PG-Stromを中核技術とするビジネス立ち上げのため、HeteroDB社を創業。現在に至る。
2006年 IPA未踏ソフト創造事業にて『スーパークリエータ/天才プログラマ』受賞

————————————————————————————————————–

■タイムテーブル

・13:15 開場
・13:30〜13:35 開始のご挨拶、注意事項説明
・13:35〜14:15 GPUコンピューティングのもうひとつの未来
エヌビディア 佐々木 邦暢氏
・14:15〜14:25 休憩
・14:25〜15:05 GPUとデータベースの密結合がアプリケーションを進化させる
ヘテロDB 海外 浩平氏
・15:05〜15:15 GPU・AI関連サービス、今後の展開
カゴヤ・ジャパン株式会社 森 明義
・15:15〜15:20 アンケートご記入していただいたお客様から順次ご退室
(個別ご相談参加のお客様除く)
・15:20〜15:50 個別ご相談会

■参加方法 : 事前にご予約ください。
(セミナー特設ページからお申し込みください)

お申し込み用はこちら:https://www.kagoya.jp/gpu/semminar/

お客様サポート

PAGE TOP