専用リモートKVM

KVMスイッチとは

KVMスイッチとは"Keyboard Video Mouse"の略で、遠隔地にいながら、あたかもサーバー機器に直接つながっているようにディスプレイ、キーボード、マウスを操作できます。BIOS、POSTレベルのアクセスも可能です。

サーバー機器のネットワークとは別なので、
「設定作業中、リモート接続を無効にしてしまった」
「誤った接続元IPアドレス制限を設定し、SSHでログインできなくなった」など、
ご利用サーバーへリモートアクセスができなくなった場合でも操作できます。

KAGOYA FLEX をご利用中のお客様には無料で一時貸し出しも利用できますが、ご利用にはコントロールパネルからの申し込みが毎回必要となります。専用リモートKVMなら、お客様が必要とするタイミングで利用できるので、緊急時でもすぐに機器操作ができます。

特長

リモートでデータセンターラック内の複数の機器を操作

画面を切り替える感覚で複数のサーバーの状態確認や操作ができます。
ローカル接続のサーバー機器の状態監視や設定変更も可能です。

セキュアな利用環境

WebUIに対するアクセス制限(IPフィルター)
IPアドレスまたはMACアドレスで接続拒否・接続許可の設定ができます。

ログイン試行回数による制限(ブルートフォース攻撃対策)
デフォルト設定では、ログインに5回失敗すると3分間、接続元IPからのアクセスを拒否します。

ユーザー単位のポート制限
特定ユーザごとにアクセス可能なポートを指定できます。

ポート単位のユーザ制限
ポートごとにアクセスするユーザーを制限できます。

ログ機能
接続履歴をログで確認できます。CSVでダウンロードも可能。

仮想メディア機能

仮想メディア機能
手元のPCのドライブを使用してサーバーにソフトインストールやデータ更新が可能

ご利用料金

必要U数 初期費用 月額費用
専用リモートKVM
[ 16ポート、仮想メディア対応 ]
1U 33,000円 13,200円
専用リモートKVM
[ 32ポート、仮想メディア対応 ]
1U 33,000円 26,400円
サーバー接続用ケーブル
[ キーボードがUSB接続となるタイプ ]
1,100円
サーバー接続用ケーブル
[ キーボードがPS2接続となるタイプ ]
1,100円

※ 料金には、ハードウェア代、取り付け費用を含みます。

お申し込み方法

お問い合わせください。