株式会社エクソルの導入事例

株式会社エクソル

管理本部 情報システム部 屋久氏

ご利用サービス:ハイブリッドクラウド

自社の業務システムのインフラとしてご利用

太陽光発電業界を牽引するパワー・イノベーション企業

 当社は、日本で唯一の「太陽光発電システム総合企業」として2001年1月に創業し、再生可能エネルギーの普及促進によるエネルギー自給率の拡大、地球環境保全を使命と考えています。機器や施工などすべての品質・クオリティにこだわり、設計・調達・建設・設置後のメンテナンスまで一貫して行うことができるワンストップソリューションにより、長期間安心してご使用いただける太陽光発電システムのご提供に取り組んでいます。

サーバーを集約することで大幅なコスト削減が実現

 今まではカゴヤ様を含めて3社のデータセンターを利用しておりましたが、管理コストの見直しや社内の体制の変更を機に、それらを集約することになりました。

各社様からご提案を頂いたのですが、他社データセンターではハウジングになり初期費用が高くなることが懸念されました。その中でカゴヤ様からFLEXクラウドサーバーで仮想環境上で運用するご提案をいただき、イニシャルにかかる費用が抑えられるとのことでしたので具体的なお話をさせていただきました。

データセンターを3社使っていたこと、ネットワーク構成が複雑になっていたこと、それをどう集約し移行するのかが大きな課題となりましたが、親身にご提案やアドバイスをしていただき、移行後のイメージが出来たことからカゴヤ様にお願いすることとなりました。
一から構築を行うことで、ネットワークの見える化や社内システムやグループウェアのサーバー集約など運用面も含めて大幅なコスト削減を実現できました。

 移行の際も構成まではスケジュール通りでしたが、アプリ移行時にOSのバージョンアップの影響による不具合や動作確認等に時間を要し、オンタイムでの進行が困難となりました。
その際もエンジニアの方から丁寧なサポートをもらい大変助かりました。
私自身も専門知識が深くなかったインフラ部分の知識をカゴヤ様に教えて大変感謝しています。
移行後は快適になり、現行では見えなかった不具合が解消されたこと、また社外からのリモート接続環境も安定したものとなりました。

[ご利用中のプラン]

ハイブリットクラウド
(FLEXクラウドサーバー、KAGOYA DC+)

<構成のポイント>

仮想環境を利用して月額、固定資産の削減を実現

サーバーはFLEXクラウドサーバーを採用、インターネット回線は現状ご契約のハウジングサービスの拡張で対応して作業費も抑えました。
パフォーマンスはこれまで以上、月額、固定資産の総コストは約半分まで減らす事ができました。

採用の決め手!

・当社の課題に寄り添ったご提案を頂いた
・イニシャル、運用コストが大幅に削減できた

今後の展開

太陽光発電が “あたりまえ”のものになるよう取り組んでいきます
。
今後は、太陽光発電が特別なものではなく、社会にとっても、人にとっても“あたりまえ”のものになるよう、コスト低減と共に20年、30年と使い続ける太陽光発電システムを安心してお使いいただけるように、高品質な製品やサービスを提供し続けていきます。

屋久 泰至 氏

屋久 泰至 氏

管理本部 情報システム部 社内システムのインフラ保守、改善を担当

株式会社エクソル
〒604-8152 京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町659 烏丸中央ビル
https://www.xsol.co.jp/

【会社概要】

[代表者]鈴木 伸一

[設立]2001年1月24日

  • [事業内容]
  • 太陽光発電システム(住宅用、産業用)の設計、施工、販売