株式会社レブニーズの導入事例

株式会社レブニーズ

業務改善室 杉山 定希氏

ご利用サービス:マネージド専用サーバー

自社コーポレートサイトとECサイトの特集コンテンツのWebサーバーとしてご利用

「北海道の美味しさを全国へ届けたい。」多岐にわたる販売チャネルで商品を提供

弊社は、創業当時から一貫して「北海道の美味しさを全国へ届けたい。」を理念に北海道の食を扱い続けています。本当に美味しいものを新鮮なまま上質な味わいでお客様にお届けしています。北海道の多くの特産品から厳選した逸品に「島の人」ブランドを付与しています。通信販売や実店舗、法人営業等の多岐にわたる販売チャネルで北海道の美味しい商品を提供しています。

転送量無制限が魅力なマネージド専用サーバー

コロナの影響で予定していた物産展が開催出来なくなってしまって、余った在庫を福袋にして販売する企画を行ったところ、テレビで取り上げていただき、嬉しいことに想像以上の反響がありました。ところが、自社サイトにアクセスが殺到してサーバーがダウンしてしまい折角ご興味いただいたお客様にご迷惑をお掛けすることになってしまい、販売機会の損失が発生する事がありました。

そこで対策としてアクセス負荷に耐えられるサーバーへのリプレースを検討して、インターネットで探していたところカゴヤのマネージド専用サーバーなら転送量が無制限と記載があったので問い合わせをさせていただきました。営業担当の方も、きちんとご対応いただいたことで信頼感もでき御社のサーバーに決めました。導入後、サーバーがダウンすることもなく快適に利用できているので契約して良かったと思っています。

採用の決め手!

・転送量が無制限
・コストパフォーマンスが良い

今後の展開

例えば、弊社は礼文島のうにの入札権を持っており、漁獲されたうにの多くを買わせて頂いています。今回のコロナ禍のような、地元のホテルや店舗で漁獲したものが売れなくなってしまう状態になった時に弊社が地元の商品を仕入れる事により生産者の生活も安定し、地域への貢献ができると考えています。こういった取り組みを通して地方創生に取り組んでいきたいと思っています。
ただ、弊社のポリシーとして、提供する商品は自信をもってお客様に勧められる品質の物しか販売しません。
そのため生産者の元に足を運んで、実際に食べてその上で取り扱うかどうかは判断しています。生産者とも切磋琢磨してよりよい関係を築いていきたいです。

今後も、北海道の美味しいものを多くのお客様へ届けるという基本的な軸は変えず、海産物から農畜産物まで取り扱う商品の幅を広げ、北海道プロデュースカンパニーを目指して邁進してまいります。

[事業紹介]

レブニーズでは2つの個性的なブランドを展開しています。
どちらも北海道の食の魅力を伝えるために施したブランド。
全道各地の様々な特産品を、バイヤー自らの目で舌で確かめ、磨き上げたものをお届けします。

サービス紹介ページはこちら
https://www.rebun.jp/brand/

業務改善室 杉山 定希 氏

業務改善室 杉山 定希 氏

全社横断的な業務改善事項の発見、解決を推進しています。

株式会社レブニーズ
〒060‐0809 北海道札幌市北区北9条西3丁目19-1ノルテプラザ5階
https://www.rebun.jp/

【会社概要】

[代表者]鹿内 茂光

[設立]2006年

  • [事業内容]
  • 通信販売事業、直営店舗での商品販売、催事・フードイベントへの出店、法人向けの販売等幅広く事業展開を進めております。