サーバー間暗号化通信(STARTTLS)

STARTTLSとは?

STARTTLS(スタート・ティーエルエス)とは、通信の暗号化を行なう手法の一つです。
メールの送信において、メールクライアントソフトとメールサーバー間の通信をSSL/TLSで暗号化するだけではなく、メールサーバー間の通信においてもSSL/TLSで暗号化します。
STARTTLSは、Gmailなど主要なメールサービスがサポートしており、STARTTLSによる暗号化通信を行っていない送信元からのメールには赤い鍵アイコンを表示し、ユーザに注意を促しています。

STARTTLSによる暗号化通信に対応したサーバーから送信することで、メールの盗聴を防ぐだけではなく、メールを受信した方に安心してメールを開封いただける効果もあります。

企業の信用という観点からも、メールマガジンなどを配信する場合はSTARTTLSに対応したサーバーの利用をおすすめしています。

ご利用料金

無料(対応プランの月額料金でご利用いただけます。)

オプション一覧

データベース

E-commerce

便利なオプション充実のレンタルサーバー

  • 共用サーバー

    WAF+IPS標準搭載
    全プラン100GBオーバーの大容量

    高品質でハイパフォーマンスのサーバーを低価格でご利用頂けるプランです。WAF+IPS標準搭載と万全のセキュリティ。転送量が業界最大級なので巨大アクセスや大容量ファイルの転送なども快適にご利用いただけます。

    詳細はこちら
  • マネージド専用サーバー

    サーバー管理知識不要!
    高スペックなサーバー1台を専有

    お客様にサーバーを1台専有してご利用いただけるプランです。専用サーバーでありながらOSのバージョンアップやセキュリティパッチ対策など、サーバーの管理・運用はカゴヤ・ジャパンが責任を持って担当いたします。

    詳細はこちら
  • メールプラン

    メールサービスのみに特化
    ビジネスに欠かせない機能が充実

    メールサービスのみご利用に対応したプラン。低価格なプランからご希望の環境にカスタマイズが可能なエンタープライズまで用途に応じて3つのプランからお選びいただけます。

    詳細はこちら