お知らせ

【重要】「EC-CUBE」脆弱性対応のお願い(不具合修正)

平素より当社サービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

2013年5月22日、KAGOYA Internet Routing で提供しております「EC-CUBE」につ
いて、提供元(株式会社ロックオン)より以下のバージョンには深刻な脆弱性があると
報告がございました。

「EC-CUBE 2.11.x」
「EC-CUBE 2.12.x」

上記バージョンのEC-CUBEをご利用のお客様は、至急下記の対処方法を参考に
対応をお願いいたします。

——————————————————————————————————–
■対処方法について
——————————————————————————————————–

今回の脆弱性につきましては、eccube2_data 以下のファイルが対象になります。

例:EC-CUBE のインストール先が「public_html/eccube/shop」の場合
  eccube2_data/eccube/shop 以下が対象です。
  ※eccube2_dataフォルダはpublic_htmlフォルダと同じ階層に存在します。

対処手順

1.該当フォルダ以下のディレクトリを含む全ファイルを、当社のバックアップ
 サービスでバックアップいただくか、FTPでダウンロードしてください。

 ◇当社コントロールパネル > システム > バックアップサービス
  https://cp.kagoya.net/?a%5Bmid%5D%5Bmain%5D=backup

2.EC-CUBEの管理画面にログインし、トップページに表示されている「EC-CUBE
 バージョン」を確認ください。

3.EC-CUBE公式サイトより、確認いただいたバージョンの修正ファイル(圧縮
 ファイル)をダウンロードして下さい。

 ◆修正ファイル一覧と修正方法
  http://www.ec-cube.net/info/weakness/20130522/index.php

4.ダウンロードしたファイル(圧縮ファイル)を解凍し、eccube2_data 以下の
 データフォルダに上書きしてください。

5.ご利用のEC-CUBEが正常に動作することを確認ください。
  ※修正ファイルを適応することにより、プラグインが正常に動作しなくなる
   可能性がございます。

——————————————————————————————————–
■脆弱性について
——————————————————————————————————–

「EC-CUBE 2.11.x」および「EC-CUBE 2.12.x」には、提供元(株式会社ロックオン)より
以下のセキュリティホールの存在が報告されています。

・パスワードリマインド機能における不適切な入力確認の脆弱性
・一部環境における、管理画面の不適切な認証に関する脆弱性
・カート画面でのXSS脆弱性
・お届け先複数指定画面でのXSS脆弱性

——————————————————————————————————–

※コントロールパネルから新規インストールされるEC-CUBEは、本脆弱性への
 対応済みです。

KAGOYA 会員

KAGOYA 会員は複数アカウントを管理できる統合IDです。お申し込みフォームの入力などを簡単に行うことができます。

従来のログイン方法