お知らせ

「IPv6」接続対応開始のお知らせ

平素よりカゴヤ・ジャパンに格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

弊社は、2011年6月20日よりハウジングサービス「KAGOYA DC+(以下、DC+)」およびホスティングの一部サービス「KAGOYA 専用サーバーFLEX(以下、FLEX)」において、IPv6接続オプションの提供を開始いたします。

———————————————————
■IPv6とは
———————————————————
IPv6はIPv4に代わる次世代のプロトコルです。
現在のインターネットの通信において主に使われているのはIPv4ですが、アドレス数の枯渇が大きな問題となっており、IPv6が注目されています。

総務省でも2008年の「インターネットの円滑なIPv6移行に関する調査研究会」報告書等を踏まえてIPv6の普及・促進の施策がとられており、最近では「World IPv6 Day」と称して、世界中のWEBサービス事業者などが連携し、1日(24時間)だけ各社のWEBサイトをIPv6のみの環境からの接続に対応するというイベントが開催されました。

——————————————————–
■IPv6対応の必要性
——————————————————–
IPv4アドレスの枯渇問題など、IPv6普及を見据えれば早期からIPv4/IPv6の両方に対応することが必要となります。
また、IPv4とIPv6の間には互換性がなく、IPv4アドレスだけが設定されたサーバーはIPv6アドレスだけが設定された端末からアクセスすることができません。

——————————————————–
■IPv6接続で提供されるもの
——————————————————–
DC+およびFLEXでは、「IPv6アドレスの利用」をお申し込みいただくだけで、IPv6アドレスブロックの割り当てを実施させていただきます。

現在カゴヤ・ジャパンが提供しているレンタルサーバーでは、IPv4でインターネット接続されています。「IPv6アドレスの利用」をお申し込みいただくことで、IPv4と併用してIPv6でもインターネット接続が可能になります。

———————————————————
■申込方法
———————————————————
DC+およびFLEXの各申込用紙に記載の「IPv6アドレスの利用」欄で「IPv6を使用する」にチェックを入れてお申し込みください。

※ご注意
ログ解析ソフトや使用されるソフトウェアのバージョンによってもIPv6に未対応のものがありますので、「IPv6は使用しない」を選択いただけます。
(現在のところ、お申込みながければ「使用しない」とさせていただいております。)

◇KAGOYA DC+
http://www.dc-plus.com/
◇KAGOYA 専用サーバーFLEX
http://www.kagoya-flex.jp/

KAGOYA 会員

KAGOYA 会員は複数アカウントを管理できる統合IDです。お申し込みフォームの入力などを簡単に行うことができます。

従来のログイン方法