SSLサーバー証明書

SSLサーバー証明書

証明書の種類

SSLは大きく3種類に分けられます

通信を暗号化するだけの「ドメイン認証」、正しい企業がウェブサイトを運営していることを証明する「企業認証 SSL」、企業認証に加えブラウザのアドレスバーが緑に変化することでよりユーザーに信頼性をわかりやすく伝えられる「EV SSL」があります。それぞれの種類によって証明できる内容に差異があります。

SSL証明書の詳しい機能については、こちらの比較表をご覧ください。

ドメイン認証SSL

ドメイン実在確認のみで簡単に導入できるSSL証明書

オンラインでのドメイン実在確認のみで発行可能なSSL証明書です。企業認証SSL証明書に比べ信頼性は劣りますが、短時間で発行ができ、面倒な書類提出も不要です。 個人のお客様にもご取得いただけ、手軽に安心してご利用いただけるSSLです。イントラネットや管理画面での利用に向いています。

【カゴヤで取得可能なドメイン認証SSL】

ジオトラスト

RapidSSL  ジオトラスト クイックSSLプレミアム

企業認証SSL

企業や組織の実在を証明する電子証明書がセットに

商業登記簿謄本(登記事項証明書)や帝国データバンクの情報を元に認証局が企業や組織の実在を証明する電子証明書がセットになったSSL証明書です。なりすましやフィッシングサイト対策にもなり、お客様に安心してご利用いただけます。不特定多数が訪れる公式サイトでの利用に向いています。

【カゴヤで取得可能な企業認証SSL】

シマンテック

シマンテック セキュア・サーバID   シマンテック グローバル・サーバID  セキュア・サーバID ワイルドカード

セコムパスポート for Web

セコムパスポート for web SR3.0

ジオトラスト

トゥルービジネスID

EV SSL

EV SSLとは

従来のSSLサーバー証明書は各認証局によって資格審査内容が統一されておらず、資格審査の甘い認証局で証明書が取得され、フィッシングサイトに流用されてしまうといった様な事例もありました。
こうした状況に対応するため、CA/ブラウザフォーラムは業界統一基準を策定し、準拠した新しいサーバー証明書が発行されることとなりました。それが EV SSL証明書です。

アドレスバーの色が緑色に変化します。

アドレスバーに、【ウェブサイトの運営組織名】と【その証明書を発行した認証局】名が表示され、またアドレスバーの色が緑色に変化します。 期限切れなど証明書に不備がある場合、アドレスバーが赤色となり警告画面が表示されます。高い信頼性がわかりやすく伝わるのでブランドを重視する公式サイトでの利用に向いています。

   

EVSSL

【カゴヤで取得可能な企業認証SSL】

シマンテック

シマンテック セキュア・サーバID EV  ▶ シマンテック グローバル・サーバID EV

セコムパスポート for Web

セコムパスポート for Web EV2.0

ジオトラスト

トゥルービジネスID with EV

お客様サポート

PAGE TOP