次世代アンチマルウェアソリューション

MR-EP

PC1台あたり月額200円で導入できる
次世代アンチマルウェアソリューション MR-EP

MR-EPの特長

次世代アンチマルウェアソリューション MR-EP
  • 高速!
    数秒でインストール
    数分のフルスキャン
  • PCのスローダウンや
    生産性低下の撲滅
  • 既知のみでなく
    未知のマルウエアに
    対する完全な防御
  • サーバ投資のいらない
    クラウド型管理ポータルで

ハッシュベースで超高速・超軽量

従来のアンチウイルス 次世代アンチマルウェアソリューション MR-EP
インストーラ 数10~100MB 1MB未満
最低メモリ要件 256/512MB 128MB
インストール完了 数10分 数秒
初回スキャン 数10分 数分
スキャン手法 定義ファイル ハッシュ
クラウド対応 不完全
・頻繁な定義ファイル更新
・定義ファイル不具合
・問題ネットワーク負荷
完全 定義ファイル更新の必要なし
ゼロデイや未知の脅威に迅速対応
低スペックマシンなどでパフォーマンスに影響。
VDI環境でも重い
低スペックマシンなどでパフォーマンスに影響なし。
VDI環境でも軽い

PassMark Software の調査によりMR-EPは3年連続パフォーマンス1位

製品名 総合スコア
Webroot SecureAnywhere Business Endpoint Protection 97
ESET Endpoint Security 58
Kaspersky Endpoint Security 57
Symatec.cloud 56
Trend Micro Worry Free Business Security Standard 50
Microsoft Security Center Endpoint Protection 47
Sophos Cloud 43
MacAfee Complete Endpoint Protection-Business 40

PCのスローダウンや生産性低下の撲滅

既存のアプローチ

  • スキャンはユーザーの生産性を妨げる
  • 古いバージョンの製品を維持
  • シグネチャは古く、ゼロデイ脅威を検出できない
  • すべてのユーザにシグネチャを配布するのは難しい
  • 大きなインストール・モジュール (数10MB~数100MB)
  • 製品展開が難しい
  • サーバー等のオンサイトでの運用インフラストラクチャが必要
  • 迷惑なメールメッセージと分かりにくいポップアップ・メッセージ
  • サポートを得るのは難しく、長時間の電話やメールが必要です
  • 新しい脅威の検出から全てユーザのアップデートに2週間かかる
  • 感染したマシンは再インストールする必要があります
次世代アンチマルウェアソリューション MR-EP 従来のシグネチャベースのウイルス対策製品

Webroot:スマートなアプローチ

  • 超高速で、パフォーマンスにインパクトの無いスキャン
  • 自動更新により、いつも新しい製品を維持
  • シグネチャは不要で、ビヘイビアベースにより新しい攻撃の検出
  • 新しい脅威がどこにあってもすべての顧客を保護
  • 1MB程度のサイズ
  • インストール時間は、たった数10秒
  • サーバー等のオンサイトでの運用インフラストラクチャが不要
  • 分かりやすい製品内のメッセージ
  • 10分以内で製品内サポート機能でチケットの解決が可能
  • 新しいマルウェアを特定した場合、すべての顧客をリアルタイムで保護
  • 再インストールなしに、マシンは感染していない状態に復元される

Webrootの動き

次世代アンチマルウェアソリューション MR-EP Webrootの動き

未知のマルウェアに対する完全な防御

未知のマルウェアに対する完全な防御
次世代アンチマルウェアソリューション MR-EP

サーバー投資のいらないクラウド型管理ポータル

MR-EP サーバー投資のいらないクラウド型管理ポータル
  • グループ・PCの一元管理
  • ホワイト・ブラックリスト管理(許可(白)、拒否(黒)、監視(グレー)から選択)
  • ログ/レポーティング
  • 30種類以上のコマンド&スクリプト遠隔操作
  • スキャン、シャットダウン、再起動、 ファイルダウンロード、レジストリコマンド、DOSコマンド実行など

【管理者】

  • インターネットの接続さえあれば、どこからでも管理・制御が可能

【エンドポイント】

  • インターネットの接続さえあれば一元管理 下に置かれる 定義ファイルの更新を社内の管理サーバーから受信する必要なし

第三者評価機関でも高い検知率と認定

  • ■ 金融機関を対象にした高度なマルウェアを使ったテストを行う第三者評価機関
  • ■ 正確な評価結果を出すため、リアルな環境でテストを行うなど非常に現実的な手法を採用
  • ■ MRG Effitasの保護性能テストは、ほかの第三者評価機関が実施する製品の性能比較とは異なり、セキュリティ製品の信頼性と効率を評価するものである
  • MRG Effitas Online Banking

    出展:MRG Effitas Online Banking / Browser Security Certification Project – Q3 2016