ログイン
ログイン

#カゴヤセミナー

情報系Webシステム開発を強力に支援するForguncy

~現場に散在するEXCEL業務をシステム化し、基幹業務と連携させる~

2019年12月6日(金) 清和梅田ビル4階(カゴヤ梅田ファクトリー同ビル)

  • 共同セミナー

セミナー概要

【テーマ】

情報系Webシステム開発を強力に支援するForguncy

~現場に散在するEXCEL業務をシステム化し、基幹業務と連携させる~

【開催日時】
2019年12月6日(金) 14:30~16:50(受付開始14:15)
【会場】
清和梅田ビル 4F(カゴヤ梅田ファクトリー同ビル) [アクセス情報]
【セミナー内容】
企業規模の大小問わず、社内の多くの部門にEXCELで作成された業務アプリケーションが存在します。流動的な業務が多い部門や現場では、基幹系・業務系システムで業務を完結することが難しく、担当レベルで自由に扱えるEXCELがシステムと業務のスキマを埋める役割として重宝されていることが背景にあります。
このような状況下で、社内各所に散在するEXCELアプリの課題を解決するツールとして、情報システム部門がForguncyを導入・有効活用されている事例が増加しています。
本セミナーでは、EXCEL資産をWEBアプリ化できるソフト”Forguncy”の活用事例とクラウドサービス「Forguncyプラン」の概要と活用方法について、わかりやすく解説します。
【Forguncyプランとは】
・グレープシティ社が販売するノーコードWebアプリ開発ツール「Forguncy」で開発したアプリケーションをカゴヤ・ジャパンのクラウド環境でご利用になれるサービスです。
・Forguncyの詳細はグレープシティ社のForguncyのWebサイト(https://www.forguncy.com)をご覧ください。
【ご参加いただきたい方】
● 会社内の各部門に散在するEXCELやACCESSで管理されている業務を全体最適化の観点から有効活用できないかと考えている情報システム部門の方
● Forguncy Builderで開発したアプリケーションの運用環境をオンプレミスにするか、クラウドにするか悩まれている方
● Forguncy Serverの運用環境としてAWS、GCP、Azure等のパブリッククラウドを検討されている方

【定員】20名 ※先着順 【参加費】無料

タイムテーブル

14:30〜14:35
開始のご挨拶、注意事項説明
14:35〜15:35
内海 和哉氏(グレープシティ株式会社)
情報系Webシステム開発を強力に支援するForguncyとは?
流動的な業務が多い部門や現場では特に、基幹系・業務系システムで業務を完結することが難しく担当レベルで自由に扱えるEXCELがシステムと業務のスキマを埋める役割として重宝されています。
一方で、EXCEL管理された業務データは、再利用性が低く煩雑な業務を生む要因となっており対策を行う企業も増え続けています。
本セッションでは、このようなEXCEL業務改善に使えるForguncyはどのような特徴があり、どのような領域で活躍できるのかをご紹介します。

大島 治彦氏(グレープシティ株式会社)
テーマ:情シスがForguncyを社内システム内製基盤として活用する背景にあるもの
ノーコード、ローコードによるシステム開発が一般化しつつあり、企業のシステム部門や現業務部門が主体となってIT活用を推進し業務改善した事例も珍しくなりました。
ノンプログラミングWebシステム開発ツールForguncyも企業内のサブシステムを内製開発する基盤としての活用が増えています。
本セッションでは、Forguncyの開発ツールとしての製品特性とお客様の活用事例についてデモを交えてご紹介します。
15:35〜15:45
休憩
15:45〜16:10
鶴岡 謙吾(カゴヤ・ジャパン株式会社)
テーマ:「Forguncyプラン」の特長と選択すべき理由
EXCEL感覚でWEBアプリを構築できるForguncyのクラウド版「Forguncyプラン」のメリットをご紹介します。
開発環境であるForguncy Builderで作成したアプリケーションの運用環境をオンプレミスかクラウドかで悩まれている方向けに「Forguncyプラン」無償トライアルの内容についてもご紹介します。
また「Forguncyプラン」はパブリッククラウドを利用するケースと何が違うのか?についても解説いたします。
16:10〜16:15
アンケートご記入していただいたお客様から順次ご退室
(個別ご相談参加のお客様除く)
16:15〜16:50
「Forguncyプラン」個別ご相談会(事前申込)
Forguncyや「Forguncyプラン」の導入を検討されているお客様、具体的な課題をお持ちのお客様は、お気軽に個別相談会にご参加ください。
事前に参加希望されたお客様から優先的に、ご対応させていただきます。