送信ドメイン認証(SPF)

送信ドメイン認証(SPF)とは

なりすましメールを迷惑メールとして判定可能
SPFとは "Sender Policy Framework" の略で、メールの送信元 (Sender) のドメインが詐称されていないことを証明するための技術の一つです。
現在のメール送信においては、送信者情報を詐称することが可能で、実際、多くの迷惑メールは他のアドレスになりすまして送られています。そこで、送信者情報を詐称しているメールを判定するためにSPFという送信ドメイン認証技術を使用します。

送信側は、あらかじめ送信メールサーバで使用するIPアドレスをネームサーバーのSPFレコードに登録しておきます。

受信側は、メール送信者のドメインとIPアドレスを比較することで、なりすましメールかどうか判定することができます。

送信側

あらかじめ送信メールサーバで使用するIPアドレスをネームサーバーのSPFレコードに登録しておきます。

受信側

メール送信者のドメインとIPアドレスを比較することで、なりすましメールかどうか判定することができます。

メール受信側の設定

疑わしいメールを受信した場合は、ヘッダー記載のSPF認証結果を確認することでなりすましメールか確認できます。また、メールクライアントソフトのフィルタリング機能を使えば、ヘッダー記載のSPF認証結果を条件に、迷惑メールフォルダへの自動振り分けも可能になります。

SPFレコードチェックのおもな認証結果とその意味

認証結果 意味
None 送信元のメールサーバーにSPFレコードが設定されていない
Neutral 送信元メールアドレスドメインの正当性を判断できない
Pass 認証処理に成功した
Fail 認証に失敗し、送信元メールアドレスはなりますましされている
SoftFail 送信元メールアドレスはなりすましされている可能性が高い
TempError 一時的な障害で認証処理に失敗した
PermError SPFレコードの記述に誤りがあるなどで認証処理に失敗した

オンラインマニュアル

メール送信側の設定

あらかじめ送信メールサーバで使用するIPアドレスをネームサーバーのTXTレコードにSPFレコードを登録しておくことで、送信したメールを迷惑メールと誤判定されることなく届けることができます。

オンラインマニュアル

ご利用料金

無料

オプション一覧

データベース

E-commerce

便利なオプション充実のレンタルサーバー

  • 共用サーバー

    WAF+IPS標準搭載
    全プラン100GBオーバーの大容量

    高品質でハイパフォーマンスのサーバーを低価格でご利用頂けるプランです。WAF+IPS標準搭載と万全のセキュリティ。転送量が業界最大級なので巨大アクセスや大容量ファイルの転送なども快適にご利用いただけます。

    詳細はこちら
  • マネージド専用サーバー

    サーバー管理知識不要!
    高スペックなサーバー1台を専有

    お客様にサーバーを1台専有してご利用いただけるプランです。専用サーバーでありながらOSのバージョンアップやセキュリティパッチ対策など、サーバーの管理・運用はカゴヤ・ジャパンが責任を持って担当いたします。

    詳細はこちら
  • メールプラン

    メールサービスのみに特化
    ビジネスに欠かせない機能が充実

    メールサービスのみご利用に対応したプラン。低価格なプランからご希望の環境にカスタマイズが可能なエンタープライズまで用途に応じて3つのプランからお選びいただけます。

    詳細はこちら