サービス案内

【KAGOYA:257100】SSLサーバー証明書設定におけるSNI対応のご案内

2017年10月24日

 

平素は当社サービスをご利用いただき誠にありがとうございます。

来る10月24日(火)、ご利用サービスでのSSLサーバー証明書設定におきまして、
SNI(Server Name Indication)を導入する運びとなりましたのでお知らせいたします。

◇SNI(Server Name Indication)とは
 これまで、SSLサーバー証明書の設定は、1つのグローバルIPアドレスに対し
 1つのSSL証明書しか設定できませんでした。SNIを導入することにより、1つの
 グローバルIPアドレスに対し、複数のSSL証明書設定が可能となります。

当社では、複数のSSL証明書設定のご依頼があった際、各SSL証明書に対し
グローバルIPアドレスの追加発行を行っておりましたが、SNI導入により、SSL証明書
設定におけるIPアドレスがご利用サーバーのグローバルIPアドレスとなります。
お客様によるDNSレコード設定の簡便化、SSL設定までの時間短縮といったメリットが
ございます。

SNI対応実施についての詳細は以下の通りです。

実施日:2017年10月24日(火)
※実施に際し、ご利用サーバーの停止などはございません

対象プラン:下記の各プランが対象です
      共用サーバー S10、S20、S30
      専用サーバー3G 2シリーズ(102、202、302、402、602、602-SSD、702、702-SSD)
      ※専用サーバー3G 1シリーズ(101~701-SSD)は対象外です
      マネージド専用サーバー 全プラン
      desknet’s NEO 専用プラン(Regular、Highspec、Enterprise)

●実施日以降に設定されるSSL証明書は、全てSNIでの設定となります
●現在個別IPアドレスにて設定されているSSL証明書については、次回更新まで
 影響、変更はございません
 ※次回更新時よりSNIでの設定に変更(サーバーのIPアドレスに変更)となります
  現在サーバーのIPアドレスが割り当てられている場合には変更ございません
 ※次回更新に先行してSNIへの変更をご希望の際は、コントロールパネルの
  お問い合わせフォームよりお申し付けください
●サービスプランを変更されますと、プラン変更後はSNIでのSSL証明書設定となります

ご不明な点がございましたら、いつでもカゴヤ・ジャパン サポートセンターまで
お問い合わせください。

お客様サポート

PAGE TOP