WordPressの高速化に最適!キャッシュサーバー「オリジンアシスト」の魅力

WordPressでホームページを運用していてサイトの動作が重かったり、突発的なアクセス増でホームページがダウンしたりすることで運用に困っているユーザーは多いです。スリーハンズ社様の「オリジンアシスト」は、WEBサーバーの負荷を下げコンテンツを高速かつ安定的に配信しサイバー攻撃に対応する次世代コンテンツ配信サービス。今回は、カゴヤ・ジャパン(株)営業担当の森(写真右)が、オリジンアシストを提供されているスリーハンズ株式会社マネージドサービス部の岩本 和也様(写真左)にサービスの魅力について詳しく伺いました。

スリーハンズ(株)の事業内容

カゴヤ・ジャパン株式会社 森:
本日はどうぞよろしくお願いいたします。まずは読者の皆様のために御社の事業内容をご説明いただけますか?

スリーハンズ株式会社 岩本様:
スリーハンズは2000年の設立以降、サーバーの設計、構築、運用を行うマネージドを主体としたサービスを提供してきました。ここ数年は開発スタッフ含めが増えてきたこともあり受託開発も積極的に請け負っており、インフラのマネージドからアプリケーション開発までワンストップで提供することが可能です。
カゴヤ・ジャパンさんとはフルマネージドサービスの一部において協業させていただいております。

「カゴヤのサーバー研究室」について

-今回はカゴヤのサーバー研究室に掲載する対談ですが、サーバー研究室の記事をご覧になられた感想はいかがでしょうか。

岩本様:
企業のIT担当者の方が読んで、たとえば『WordPressとはこんなもの』などインターネットに関する情報を非常に分かりやすく説明されていると感じました。インターネット上にはたくさんの情報で溢れていますが、インフラを中心にさまざまなインターネットサービスを提供されているカゴヤさんが配信するコンテンツなので、読者の方も安心して参考にされていると思います。

オリジンアシストとは

-今回の記事でご紹介するオリジンアシストとはどのようなサービスでしょうか。

岩本様:
オリジンアシストは、お客様のWebサーバー上にあるコンテンツをオリジンアシストのサーバー上に一時的にキャッシュした上で高速に配信するサービスです。

具体的にはあるユーザーがホームページ上の任意のページにアクセスすると、そのタイミングでオリジンアシストがお客様Webサーバー上の該当コンテンツをキャッシュします。別のユーザーが改めて同じページを参照した際は、キャッシュしたデータをそのユーザーに返します。

そのため、お客様のWebサーバーの負荷軽減と高速なコンテンツ配信が実現可能です。
突発的なアクセス集中が発生しても、オリジンアシストがそのアクセスを受けますので、お客様が利用される回線やWebサーバーの負荷は上がりません。

オリジンアシスト
また、オリジンアシストはクラウドブロッカーという別のセキュリティサービスを内包しています。クラウドブロッカーはDoSやSQLインジェクションといった一般的なセキュリティ攻撃を防ぐことができますので、お客様のWebサイトをセキュアに運用いただくことが可能です。

-なるほど、Webサーバーの負荷軽減や高速化、セキュリティ向上まで実現できるのですね。それでは、コンテンツがキャッシュされる時間はどのくらいですか。

岩本様:
デフォルトでは10分ですが、オリジンサーバーの設定を変えることでキャッシュ時間をお客様の任意に変えていただくことができます。

オリジンアシストがWordPressの負荷軽減、高速化に役立つ理由

-キャッシュ時間が柔軟に設定できれば利用の幅も広がりますね。次にオリジンアシストがWordPressの負荷軽減に役立つ理由を教えて下さい。

岩本様:
WordPressはPHPで実装されているアプリケーションです。ユーザーがWordPress上のコンテンツを参照する度に、PHPによってhtmlが生成されユーザーに返されます。このhtml生成処理が重いのがWordPressの悪い特徴なんですね。複数のユーザーがコンテンツを参照しようとすれば、この重い処理がその分だけ発生してしまうわけです。

オリジンアシストを使えばURL単位でコンテンツがキャッシュされ、キャッシュが保持される期間はオリジンアシストからコンテンツを返すので、2回目以降のリクエストの際はPHPのhtml生成処理は行われません。そのためお客様のWEBサーバーの負荷が上がらない上、コンテンツを高速に配信できるようになります。

-弊社のレンタルサーバーサービスをご利用いただいているお客様の中にもWordPressユーザーは非常に多いです。WordPress運用に際してアクセス数が増えて現状のプランのスペックが足りなくなった場合にプランアップを検討いただくことになりますが、サーバーのIPアドレスが変わることになりお客様に設定変更などの負荷がかかることがありました。

そういった際にオリジンアシストのキャッシュ機能を使っていただけるようなオプションがあれば、仮にサイトへのアクセス数が急激に増えてもプランを変えずに同じサーバーを使っていただけるため、お客様にとっては利便性が高いと考えています。

WordPressのプラグインに比べて管理の手間が不要

-オリジンアシストがWordPressの運用に役立つことはわかりました。WordPressにもデータをキャッシュするプラグインがありますが、オリジンアシストとの違いは何でしょうか。

岩本様:
WordPressのスピードを速くするという意味では同じですが、実装が全く異なります。プラグインは飽くまでお客様のWEBサーバーにインストールしたWordPressに機能を追加するものである一方、オリジンアシストはお客様のWEBサーバーの外側に機能追加するソリューションです。

プラグインを使う場合、WordPressの挙動の確認やテスト、アップデートなどの処理をお客様自身で行っていただく必要があります。オリジンアシストであれば、そういった対応は全てオリジンアシスト側で行うためお客様に運用の負荷はかかりません。

-管理の負担がかからないのは、お客様にとっては助かりますね。それではWordPressの高速化という点では、プラグインとオリジンアシストにはどの程度の差がありますか。

岩本様:
コンテンツの内容にもよりますが、WordPressでプラグインを多く使えば使っているほど、またアクセス数が多いサイトほど、オリジンアシストの方が高い効果を上げることができます。

転送量が増えても料金は一定

-WordPressの表示速度が遅くてお困りのお客様ほど、プラグインよりオリジンアシストは有効のようですね。それでは他社の同様のサービスと比較した場合のオリジンアシストの強みは何でしょうか。

岩本様:
比較対象となるサービスはCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)です。CDNは従量課金が主流なので転送量が増える程、料金が高くなる傾向があります。その点、オリジンアシストは月額固定制なので、仮にアクセス数が突発的に増えたとしても料金は変わりません。その分、お客様に安心してお使いいただけると考えています。

オリジンアシストはWordPressを最大で数百倍高速化することが可能

-オリジンアシストはWordPressをどのくらい高速化できるものでしょうか。

岩本様:
コンテンツによって大きく異なります。ただ弊社のテストでは、”テスト”という文字のみ記載されたページの場合では、最大数百倍もの差がでることを確認しています。

-それはすごいですね。どのような場合に高速化の効果は大きくなりますか。

岩本様:
アクセス数とWordPressに搭載するプラグインの数になります。前者については先ほど述べたとおりです。
プラグインについても基本的にはPHPで実装されているので、アクセスが増えれば増えるほど動作が重くなりますので、効果は出やすいと考えています。

オリジンアシストなら突発的なアクセス増でも耐えられる

-Webサーバーにアクセスが集中した場合、オリジンアシストにはその負荷に耐えうる力はどのくらいありますか。

岩本様:
オリジンアシストは1台あたり毎秒18,000リクエスト処理できる上、そのサーバーを2台冗長化して使っています。さらに、サーバーはクラウド上に設置されているので、必要に応じて30分程度で1台増やすこともできます。

-負荷に耐えるためのサーバーの体制は整っているわけですね。
それでは、ネットニュースに取り上げられたりキャンペーンを展開したりして突発的にホームページへの訪問者が増え、例えば1時間に数十万・数百万PVといった膨大なアクセス数が発生したとしても耐えることはできますか。

岩本様:
コンテンツの内容にもよりますが、基本的には仮にその程度のアクセスが発生したとしても、オリジンアシストなら問題はありません。

オリジンアシストの開発の背景

-オリジンアシストを開発した経緯やきっかけをお聞かせください。

岩本様:
弊社でサーバーの管理を行っているある大手メディアのお客様のホームページは、月間20億PVのアクセスが発生しています。この膨大なアクセスに耐えるためにWebキャッシュの技術を使っておりまして、それをカスタマイズしてサービスとして手軽に使っていただけないか、と考えたのが開発のきっかけでした。

弊社のサーバーをご利用いただいているお客様の中にもWordPressユーザーは多いですが、『WordPressが常に重い』とおっしゃる方が多数いらっしゃいます。このような方々へお役立ていただけると思います。

オリジンアシストをおすすめするユーザー(シーン)

-オリジンアシストの利用を特におすすめできるのはどんなユーザーやシーンでしょうか。

岩本様:
例えばWordPressの動作が重く困っているユーザーやLINEで広告をうったりヤフーのトピックに取り上げられたりして急激的なアクセス数の増加が見込まれるホームページを運営している場合にはおすすめできます。

逆に気を付けていただく必要があるのは、ユーザーがログインしてユーザー毎のコンテンツが参照できるようなホームページへの導入です。

たとえば、ログインして『○○さんこんにちは』のように名前が表示されるページを間違ってキャッシュしてしまうと、他のお客様がログインした場合でもキャッシュしたそのページが表示されてしまいます。そういった意味でECサイトへの導入は特に注意が必要ですね。

このような場合、キャッシュしてよいページとそうでないページがあります。決してオリジンアシストを導入できないわけではありませんが、設定に工夫が必要なのでその際はぜひ事前にご相談下さい。出来る限りサポートさせていただきます。

サイトの種類 適性
コーポレートサイト
プロモーションサイト ◎※1
ブランディングサイト ◎※1
EC(ショッピング)サイト △※2
SNSサイト △※2

※1)急激なアクセス増が発生しやすいプロモーションサイトやブランディングサイト
は特にオリジンアシストの導入の効果が見込めます。
※2)ログインしてユーザー毎のコンテンツの出し分けが必要なECサイトやSNSサイト
はキャッシュするページとしないページを分ける必要があります。

岩本様:
たとえばクリスマスやバレンタインのプレゼントに関するサイトなど一時期にアクセスが集中するホームページでご利用いただくと特に効果的ですね。

オリジンアシストの契約に関する情報

-オリジンアシストの契約に関する情報について教えて下さい。

岩本様:
オリジンアシストはメールなどでお問合せいただいたりオンラインから申し込みいただけます。申込から最短3営業日でご利用が可能です。

オリジンアシストお申込み
次に料金ですが、オリジンアシストにはキャッシュ容量が200MBで回線に帯域制限があるライトコースと、キャッシュ容量が2GBで回線に帯域制限がないスタンダードコースがあります。固定料金制で、ライトコースは月額16,500円(税込)~、スタンダードコースは月額33,000円(税込)~です。また現在社内でクラウドブロッカーをなくしたよりリーズナブルなプランの検討もおこなっております。
なお初期費用はかからず最低利用期間は1ヶ月となっていますので、短期でのご利用にもお使いいただけると考えています。
※価格は2019年10月現在になります、詳しくは公式サイトでご確認ください。

-料金が固定で想定外に高額になることがなく最低利用期間が1ヶ月と短ければお客様も契約しやすいですね。お試し期間のようなものはありますか。

岩本様:
はい、1週間のお試し利用が可能です。お試しでご利用いただき、ご自身でスピードテストをしていただいてもよいです。たとえば1秒間に何回アクセスするなど弊社で簡単な負荷テストを行わせていただくこともできます。お試し利用の希望でなくても、ご相談だけでも歓迎いたします。

-興味をお持ちいただいたお客様には、気軽にお試し期間の利用やご相談をしていただきたいですね。オリジンアシストではサポートを提供していますか。

岩本様:
ご利用前のご相談からご利用中のサポートまで出来る限り行わせていただきますので安心してご利用いただけます。

オリジンアシストの今後の展望

-最後にオリジンアシストの今後の展望についてお聞かせください。

岩本様:
カゴヤ・ジャパン様と協業させていただいてサービスの規模を拡大したいと考えています。たとえば現在は東京のデータセンターでサービス運営していますが、カゴヤ様の関西データセンターにもサーバーを設置して、仮に災害などで東京のサーバーがダウンした場合でも関西でサービス継続できるディザスタリカバリの体制を整えたいですね。またカゴヤ様の品質の高い回線を利用させていただいて、オリジンアシストの性能を最大化できればと思っています。

-本日はありがとうございました。

高速でセキュアな環境で運用できるWordpressユーザー向けに特化したWordPress専用サーバー

人気記事ランキングトップ10

カテゴリ一覧

新着記事Pick Up!