オープンソースって一体何?利用する際の注意点と合わせて解説します

ソフトウェアを検索しているときなどに、「オープンソース(open source)」という言葉をよく見かけます。簡単に言えば、文字通り「公開(open)されたプログラムのソース(souce)」ということなのですが、つまりはどういう意味なのでしょうか。ここではオープンソースの意味やメリット・デメリットなどについて解説しています。

オープンソースってどんなもの?

オープンソース(open source)について理解するためには、まずはソース(ソースコード/souce code)とは何かを知る必要があります。そのため、ここではまずソースコードについて解説しましょう。

プログラムがコンピューターによって実行される際は、コンピューターは機械語という言葉でそのプログラムの内容を理解し実行します。けれど機械語は人間には理解しづらいものです。

そこで人間は、自分が理解しやすいプログラミング言語という言葉でプログラムを記述します。そうしてプログラムが実行される際に、それが機械語に翻訳(変換)されるわけです。ソースコードとは、このプログラミング言語によって記述されたプログラムのことをさします。プログラム言語によって書かれているため、人間はその内容を見れば、どんなプログラムかを理解することが可能です。

また、オープンソース(open source)とは、公開(open)されたソースコード(source)のことをさします。ホームページを作成するために近年よく利用されるソフトウェア「WordPress」もオープンソースの1つです。

例えばどんな風に使用するの?具体例2つ

それでは、オープンソースとはどんなときにどんなシーンで活用するのでしょうか。ここでは具体的な例を2つあげます。

ソフトウェアのコストを抑えたいときに使う

WordPressもオープンソースの1つと書きましたが、オープンソースとはWordPressのようにプログラムを無料で利用することができます。ソフトウェアの中には、数万・数十万、モノによってはさらに高額なライセンス費用がかかることがあります。その点、オープンソースのソフトウェアなら無料なので、コストを抑えたいときに利用されるのが一般的です。

手軽に自社向けのソフトウェアを開発したいときに使う

一から自社用にソフトウェアを開発するのには大変な手間がかかります。その点、あらかじめ出来上がっているオープンソースを利用すればその手間を減らすことが可能です。

ソースコードは、簡単に例えると料理のレシピのようなものです。レシピを非公開にすればレストランなどはその料理を自分のお店だけで提供し、利益を得ることができます。逆にレシピを公開すれば、他のお店がそのレシピをアレンジして、自店のメニューとして提供することもできます。

ソースコードも同様に公開されているので、自社向けにアレンジ(カスタマイズ)して使われることも多いです。料理でレシピを0から作るより他のレシピをアレンジして自分好みにする方が簡単なように、自社向けのソフトウェアもプログラムを0から開発するより、オープンソースを使った方が簡単なのは誰の目から見ても明らかでしょう。

オープンソースのメリットとデメリット

オープンソースの利用にはメリットもデメリットもあります。ここではメリット・デメリットをそれぞれ簡単に解説します。

メリット

オープンソースの主なメリットとして、以下の4つをあげることができます。

  • 自由にカスタマイズが可能
  • 自分で問題の発見や解決ができる
  • 開発元の倒産などで使えなくなることはない

1つずつ簡単に解説していきましょう。

まずは上でも書いた通り、無料で利用できる点がメリットと言えます。Microsoft Officeのように、ソフトウェアの中には高額なライセンス費用がかかるものが多いです。ソフトウェアを使うスタッフが増えるたびに高額となるライセンス費用に、頭を悩ませている担当者の方も多いのではないでしょうか。その点、オープンソースのソフトウェアなら無償で利用できます。

2番目に書いたカスタマイズも上に書いた通りです。仮にそのソフトウェアの中で自社に合わない内容があっても、ソースコードが公開されているので自由に改変して自社用に利用することができます。

またソフトウェアのバグがあった際に、自分でその原因を発見したり解決したりできるのもメリットと言えます。ソフトウェアのソースコードが公開されていない場合、当然ながらバグの修正は開発元が行わなくてはなりません。開発元の対応が早ければバグもすぐに解消されますが、対応が遅い場合はずっとバグと付き合わなくてはなりません。

一方オープンソースであれば、ソースコードの内容を自分で見ることができるので、バグの原因を自分で発見して解決することが可能です。その分だけ、問題を速やかに解決できる場合もあります。

ちなみにオープンソースの中には、WordPressや有名なOS「Linux」のように有償のソフトウェアより品質が高いと言われるものも多くあります。それはソースコードが公開されることにより、外部の優秀な技術者がこぞってバグの改修や改善に取り組んでいるからです。改修・改善の内容は通常はオープンソースの開発元に還元され、アップデートの際にはその内容が反映されています。

また4番目にあげた点について、有償のソースコードが公開されていないソフトウェアでは、開発元が倒産などで閉鎖されてしまうと使えなくなってしまうことがあります。その点、ソースコードが公開されたオープンソースでは、その心配がないのもメリットです。

デメリット

一方、オープンソースを利用する主なデメリットとして、以下の3つがあげられます。

  • マニュアルがまとめられていないことがある
  • 開発元にバグ修正の責任はない
  • 開発元のサポートが受けられない場合が多い

オープンソースのデメリットは、Microsoft Officeのような有償のソフトウェアと比較すると分かりやすいでしょう。

有償のソフトウェアであれば、当然ながら使い方のマニュアルが整備されており、購入者はそれを利用することができます。それに対してオープンソースでは、十分なマニュアルが用意されていないことも多いです。ユーザーはソースコードを解読して、自分で使い方を学ぶ必要があります。

次にバグ修正の責任について。Microsoft Officeのような有償のソフトウェアでは、当然ながら開発元がバグの修正を行います。ですがオープンソースでは、開発元にバグを修正しなければならない責任がありません。

とはいっても、WordPressのような有名なオープンソースのソフトウェアでは、バグが発見された際には開発元が修正をすることも多いです。しかしながら、全てのオープンソースが同様の対応をとるわけではないことは覚えておきましょう。

サポートに関しても同様です。有償のソフトウェアでは開発元や提供元にサポートの責任がありますが、オープンソースの開発元にはその責任がありません。そのため問題が起こった際には、全て自分で解決しなければならないこともあります。またユーザーの多いオープンソースでは、他のユーザーが発見した解決策などをインターネットなどで検索し、それを適用するといった場合もあります。

オープンソースを使う上で気を付けるべきこと

オープンソースのソフトウェアは、誰もが無償で利用し自由にカスタマイズできることは書いた通りですが、使い方について定めたライセンス契約があり、制約がないわけではありません。仮にライセンス契約に違反した場合は、訴訟などの問題に発展してしまうこともあります。

オープンソースの主なライセンス契約の例として以下があげられます。

ライセンス 制 約
GPL カスタマイズして再配布する際には著作権表示が必要。また再配布する際には、同様のライセンス形式としなくてはならない。
BSD License カスタマイズして再配布する際には著作権表示が必要。逆にこれさえ守れば再配布は自由。
MPL カスタマイズして再配布する際には著作権表示が必要。ソースコードを改変して再配布する際には、その部分はMPLのライセンス形式にしなければならない。

オープンソースのソフトウェアを利用する際は、ライセンス契約を確認するようにしましょう。

まとめ

オープンソースは、ソースコードが公開され無償で利用できるソフトウェアのことをさします。ソースコードを自社に合うように改良したり再配布したりすることも可能です。
一方で、開発元にバグ修正やマニュアル整備、サポートの提供といった責任がないなど、ソースコードが公開されていないソフトウェアより自分で解決しないといけない問題が多い点には注意が必要です。また無償で利用できるとはいえ、ライセンス契約に従う必要がある点にも気を付けましょう。

高速でセキュアな環境で運用できるWordpressユーザー向けに特化したWordPress専用サーバー

人気記事ランキングトップ10

カテゴリ一覧

新着記事Pick Up!