【VPS活用】ARK: Survival Evolved サーバーの立て方~カゴヤVPSで設定してみた~

ゲーム「ARK: Survival Evolved」をできる限り自由に、コストを抑えてプレイするには、国内にある安定したVPSの活用がおすすめです。こちらの記事では、CentOS 7にインストールする手順をまとめました。ご自身でより良い環境を用意して、ストレスを減らしプレイに集中してみませんか。

オンラインマルチプレイ対応ゲーム「ARK: Survival Evolved」とは

2015年の初期リリースより時間が経っていますが、今年2020年に再び注目されているサバイバルゲームです。恐竜や古代生物が生息する世界で、自身の想像力と適応力を頼りに攻略していきます。他の生存者(プレイヤー)と協力しながら戦うこともあります。

プレイするために複数の方法があり、プレイヤーの利用環境と目的によって選びましょう。コストをかけるほど、プレイの醍醐味は増していきます。方法によっては機能制限があったり、新参者がつまらなくなったりする傾向があるからです。そこで「Ark Server Manager」などの手段で、個人でサーバーを簡易的に作る方法も公開され始めました。

それでもARK: Survival Evolvedには、日本国内の「VPS」がおすすめです。安定したサーバーの環境を整えた方が、より快適なプレイに集中できるからです。なおVPSとはVirtual Private Serverの略で、以下のページで詳しく説明しています。

VPSとは?レンタルサーバーと何が違う?分かりやすく解説
https://www.kagoya.jp/howto/rentalserver/basic-02/

利用するVPSの賢い選び方

ARK: Survival Evolvedを複数のプレイヤーで思う存分堪能するためには、日本国内にある安定したVPSサーバーの利用が近道と考えます。プレイするには高いスペックが要求されているため、高めのプランを申し込みましょう。利用料金が多少かかっても、その方が結局お得になるからです。

テストしたVPSプラン

以下のスペックを組み合わせて、VPSサーバーを構成してみました。

企業名 カゴヤ・ジャパン
プラン名 KAGOYA CLOUD VPS [KVM]
CPU 4コア
メモリー 4GB
ストレージ SSD 100GB
OSテンプレート CentOS7(64bit)
料金 日額138円/月額3,850円(税込価格)

おすすめのサーバースペック

プレイするには高いスペックが必要のため、VPSでは特にメモリー容量の選択がポイントになります。ARK_Survival_Evolved Wiki によれば、プレイヤーの人数により目安が紹介されています。その目安に対応するカゴヤ・ジャパンのVPSプランを、以下の表のようにまとめてみました。

スペックの目安 KAGOYA CLOUD VPS [KVM] 
の対応するスペック
プレイヤー数 メモリー スペック 日額料金 月額料金
~4人(注) 4GB 4コア/4GB 118円~ 3,300円~
~30人 8GB 6コア/8GB 256円~ 7,150円~
~70人 16GB 8コア/16GB 511円~ 14,300円~

(注)Non-Dedicated方式の場合

プレイヤーの数が増えるほど高いスペックが欲しいところですが、VPSのプランではかなり高価になります。そこで仮想メモリーの設定しメモリー容量不足を補うと、比較的低い容量のプランでも動作するようになります。このテクニックについては、後ほど解説します。

インストールする主なソフトウェア

主要なソフトウェア名 内容 詳細情報
SteamCMD Steamクライアント Valve Developer Community
(各種ライブラリ) SteamCMDを動かす
ARK: Survival Evolved 本体 Steamの操作でダインロードする本体のプログラム Steam Database

ARK: Survival Evolvedサーバーの立て方

事前準備をしてからARK: Survival Evolved本体のプログラムをインストールしていきましょう。

事前にしておく設定とインストール方法

設定内容(A)

開くことができるファイル数の設定をします。

【コマンド】

【コマンド】

以下を追記します。

【コマンド】

システム反映のためサーバーを再起動します。

【コマンド】

設定内容(B)

専用ユーザーを追加し、パスワードを設定しましょう。下記はユーザー名が「ark」の場合です。

【コマンド】

各種ライブラリ(必要な関連プログラム)のインストール

【コマンド】

VPSサーバーのポートを開く

サーバーにアクセスできるようにVPSのボートを必要な分のみ開けましょう。以下のようにファイアウォールを操作します。

【コマンド】

サーバーを再起動するとこの設定は消えてしまうため、以下のコマンドで設定内容を保存します。

【コマンド】

【参考】
カゴヤ・ジャパン サポートサイト
iptables の設定

メモリー不足の解消

【コマンド例】(4GBの仮想メモリーを割り当てる場合)

【コマンド】

以下を追記します。

【コマンド】

サーバープログラムの取得とインストール

専用ユーザーへの切り替え

【コマンド】

SteamCMDのダウンロード先ディレクトリの作成とそこへの移動

【コマンド】

SteamCMDのインストール

【コマンド】

以下のコンソール画面のように、ログインが成功したことが表示されます。

インストール先を設定

【コマンド】

ARK: Survival Evolvedサーバープログラムのダウンロード

【コマンド】

処理は自動的に進んでいきます。しばらく待ちましょう。
コマンドにある「376030」の数字は、ARK: Survival EvolvedのサーバープログラムのIDです。

SteamCMDの終了

ARK: Survival Evolvedサーバープログラムの起動

まずは起動するプログラムの場所に移動します。

【コマンド】

次にサーバープログラムを起動します。

【コマンド例】

上記の赤の太字の部分を好きな文字列に変更し、覚えておきましょう。
青の太字の部分は「リソースマップ」と呼ばれ、約10マップより選択が可能です。詳しくはこちらのサイトをご確認ください。

ARK: Survival Evolvedの始め方

前章まででサーバー側での作業が終わりました。この章ではサーバーに接続して、実際にゲームを始めるところまで解説していきます。

Steamクライアントでの操作

まずはPCゲームの総合サイトの一つ「Steam」で、クライアントプログラムをダウンロードして、インストールします。

こちらのSteamクライアントを開き、画面最上部にあるメニュー「表示」をクリックします。次に展開したメニューから「サーバー」を選択します。

下図(1)「サーバーを追加」ボタンをクリックした後に。(2)VPSのIPアドレスを入力します。すると(3)のように、前章で立ち上げたサーバーが表示されます。

続いて下記のように、表示されているサーバー名のところを右クリックして。(4)「サーバー情報を見る」を選択します。(5)「ゲームに参加」ボタンをクリックしたあとに、(6)「パスワード」を入力して「接続」ボタンをクリックします。

H3:ARK: Survival Evolvedソフトを立ち上げる!

これでゲームが立ち上がり、画面表示されます。

(注)あらかじめゲーム自体はこちらの公式サイトで購入し、インストールを済ませておく必要があります。

インストール時の注意点

設定作業は比較的少ないと思いますが、十分なメモリーを確保しておかないと、ゲームが立ち上がりません。

もし「SteamAPI_Init() failed; SteamAPI_IsSteamRunning() failed」などのエラーが出た場合には、「メモリー不足の解消」の項目を参考に設定すれば解消する可能性が高くなります。

【参考情報】
How to Create an ARK: Survival Evolved Server on Ubuntu 16.04
上記はUbuntuの場合ですが、CentOSでも有効です。

まとめ

ここまでいかがでしたか。ARK: Survival Evolvedを快適にプレイするためには、日本国内にあるVPSが必要で、その設定方法を解説しました。安定して動かすために、カゴヤ・ジャパンのKAGOYA CLOUD VPS のKVMがおすすめです。ぜひ自由な環境をご用意ください!

なんでもできるVPS すぐにインスタンスの追加が可能!

???e?E?A?Z?L??c?A?E?A??a?A?n^?p?A??a?eWordpress??o?[?U?[?u??P?E?gA?n?a??E??WordPress?e?p?T?[?o?[

人気記事ランキングトップ10

なんでもできるVPS すぐにインスタンスの追加が可能!

Office や SQL Server も利用可能!VPS Windows

カテゴリ一覧

新着記事Pick Up!