開発者が語る「マネージドクラウド for WEB」の魅力

カゴヤ・ジャパンのサービスの一つである「マネージドクラウド for WEB」。開発に携わったカゴヤ・ジャパン システム開発チームの今井が、開発の背景、特徴や魅力について解説します。

システム開発チーム リーダー 今井徹

「マネージドクラウド for WEB」とは?

「マネージドクラウド for WEB」とは、クラウド技術を採用し「可用性・拡張性」が加わったマネージド付専用サーバーです。クラウドサーバーのキャンペーンなどで一時的にアクセス増加が見込まれる時やWebサイトの拡張が必要になった時でも、必要に応じたリソースの増減ができる「可用性・拡張性」に魅力はあるが、「難しくてレンタルサーバーの方が簡単で使いやすい」「インフラの専任技術者にコストを割くなら必要ない」といったユーザー向けのレンタルサーバーとクラウドサービスの魅力を合わせたサービスです。

PC

「マネージドクラウド for WEB」開発の背景

クラウドサービスといえば一般的にはIaaSサービスが連想され、この分野はamazonを始めとする大手ベンダー各社によりサービス提供がなされています。
ただ、IaaSサービスを利用するにはある程度の知識が必要になり、「クラウドは便利だが難しい」というイメージもあるようです。
カゴヤ・ジャパンはもともとサーバーの管理権限(root権限)をお預かりしてサーバーの運用・監視を行う「マネージド」の分野に力を入れ、サーバーやネットワークに詳しくない、もしくは環境の構築に時間を掛けたくないというユーザーをターゲットとして商品展開をしてきました。
そこで、クラウド市場においてもIaaSの分野に真正面から切り込んでユーザーに技術知識を求めるのではなく、そのような知識がなくてもスケーラブルなクラウドの環境を利用したいというユーザーにもクラウドを利用していただきたいと考え、「マネージドクラウド for WEB」を開発しました。
まだクラウド市場的にはポピュラーなサービスではありませんが、弊社のマネージドサーバーをご利用のお客様の中でも、WEBサイトのアクセス状況に応じてサーバースペックを柔軟にしたいというような声も多数あり、このようなニーズは市場に確実に存在すると考えています。そのような方にぜひおすすめしたいサービスです。

マネージドクラウド for WEBの特徴

「マネージドクラウド for WEB」の特徴を以下の3点にまとめました。

高い可用性

マネージドクラウド for WEBで提供する環境は仮想専用サーバーですが、サーバーの管理権限(root権限)は弊社でお預かりし、WEBインターフェイスとして提供するコントロールパネルでサーバー設定が可能になっています。
つまり従来のレンタルサーバーと同様の感覚で利用できるようになっているわけです。
ですが、仮想サーバーが動作している環境は完全なクラウド環境です。
クラウド環境の構築には、現在多くのメジャーベンダーでも多数の採用例があるOpenStackを採用。仮想化ソフトウェアはKVMを利用しています。これを基本として独自にクラウド基盤を構築し、直感的な操作性を持つコントロールパネルも独自開発。これらを組み合わせ、マネージドクラウド for WEBが完成しました。
サーバー障害に対しても、共用ストレージの採用と、サーバー障害時のマイグレーション機構により、高い可用性を持つことが1つの特徴です。

柔軟なスペック増減

管理画面

そして最大の特徴はマネージドサーバーなのにクラウドの利点である柔軟なスペック増減が可能となっていることです。
スペック増減は1台のサーバーをスケールアップさせるだけでなく、複数のサーバーにスケールアウトさせることも可能です。
これらはコントロールパネルの簡単な操作1つでできるようになっています。
従来のレンタルサーバーの場合、サーバーリソースが不足してきたら、面倒な手続きの上、上位のプランへ変更しなければならず、また継続的に大きなリソースが必要なわけではないが、瞬発的に大きなリソースが必要となる事がある場合は上位プランを選択し、相応の料金を支払い続けなければなりませんでした。
「マネージドクラウド for WEB」は日額単位の課金のため、必要な時だけスペックアップが可能でコスト的に有利になります。

回線についても独立して回線スペック(帯域)が設定可能です。
時間帯別に帯域をスケジューリングすることができ、アクセス数の増加が予想される時間帯のみ帯域を広げるようなことができます。

スペック

WEBサイトの構築に特化

またマネージドクラウド for WEBはそのネーミングの通り、WEBサイト構築に特化しています。
コントロールパネルでサイトを作成するという形でサイト環境を構築することが出来、あらゆるサーバー設定はサイト毎に設定できるようになっています。
更にサイト毎に管理権限を他者に移譲する機能も備えています。この機能を利用すると、そのサイト専用の管理アカウントが発行され、このアカウントでログインすると、そのサイトの設定のみが可能な状態のコントロールパネルが利用できるようになります。こちらを利用するとサイト単位に再販する事や、構築したサイトの管理のみを他者に任せるようなことが可能になります。

管理権限を他者に移譲する機能

2週間お試し無料

記事を読んでいただき、興味を持ったけれど一度試してみないと良さが分からないといった方もおられると思います。「マネージドクラウド for WEB」は2週間お試し無料でご利用いただけるのも魅力の一つです。

是非、一度クラウド型のレンタルサーバー「マネージドクラウド for WEB」をお試しください。

高速でセキュアな環境で運用できるWordpressユーザー向けに特化したWordPress専用サーバー

人気記事ランキングトップ10

カテゴリ一覧

新着記事Pick Up!