【SEO初心者向け】サーチコンソール使い方&登録設定~2020版~(アフィリエイト基礎講座vol.11)

Googleサーチコンソール(GoogleSearchConsole)とは、Googleの検索結果上に自分のホームページがどんなキーワードで何回表示されたか、検索順位は何位か、何回クリックされたかなどを調査できるSEOのためのツールです。無料で使えるので、必ず導入しておきましょう。

またエラー調査やご自身のサイトがどのような評価をされているか、どのようなサイトからリンクをつけられているか等も調査できます。

アフィリエイト基礎講座vol.11

Googleサーチコンソールでできること

サーチコンソールTOP画面

サーチコンソールは、もともと「ウェブマスターツール」という名前でした。その名の通りウェブマスター、つまりサイトの運営者のための効率化ツールで、サイト内のコンテンツ内容の最適化をするためにGoogleが提供しているツールです。

昨今ではAMPやモバイルユーザビリティといった「スマホ対応」がどのくらいできているかや、Google検索でどのように表示されているか等のチェックを行う事ができます。

具体的には以下のことができます。

  1. 検索パフォーマンス(表示回数、順位、クリック数など)を知ることができる
  2. 自分のサイトに向けて貼られているリンクを把握できる
  3. 構造エラー等のバグチェックができる
  4. サイトの表示速度を計測できる
  5. サイトのスマホ対応ができているかどうかのチェック

挙げだすとキリがありませんが、主に1,2の目的で使用する事が多いです。

1は当記事で例えるなら「サーチコンソール 使い方」というキーワードで「2,000回」検索画面に「平均6.5位」で表示され、「2,000回中150回」クリックされた、というようなデータを見ることができます。(※数字は架空の数字です)

2は「当記事のリンクが○○というウェブサイトに掲載されている」「twitterでシェアされている」等の確認ができます。

サーチコンソールの登録と設定

サーチコンソールを使用するには、大前提としてGoogleのアカウントが必要です。(※Googleアカウント作成の方法は割愛させていただきます。)

1) サーチコンソールのページから「今すぐ開始」

サーチコンソールTOP画面2

2) Googleアカウントでログイン

サーチコンソールログイン画面

3) トップ画面左上の「プロパティを検索」から「プロパティを追加」

サーチコンソール_プロパティを追加

4) 「URLプレフィックス」の入力欄にサイトURLを入力し「続行」

サーチコンソール_URL入力画面

5) 「その他の確認方法」にある「HTMLタグ」を選択する

サーチコンソール_申請方法選択画面

6) メタタグをコピーしてサイト内の<head>タグ内に埋め込む

サーチコンソール_メタタグ表示画面

埋め込みが完了したら「確認」ボタンを押し、「所有権が認証されました」と表示されれば完了です。

絶対覚えておいた方が良いサーチコンソールの使い方3つ

先ほども書きましたがサーチコンソールにはメインで使用する機能が3つあります。ここではその3つについてより詳しく解説していきます。

「検索パフォーマンス」で自分のサイトが表示・クリックされたキーワードとその検索順位を確認しよう

サーチコンソール_クエリ画面

上記は筆者運営サイトの実際のデータです。

「過去28日間の間で」「イケチュー サンプラザ」というキーワードで「120回検索結果で表示され」「31回クリックされた」という事実が確認できます。

サーチコンソール_クエリエクスポート

わかりやすくGoogleスプレッドシートにデータをエクスポートしたキャプチャがこちらです。

CTRとは、「クリック率」です。CTRが悪い場合は「記事のタイトルを見直そう」等の改善施策を見つけることができます。

「掲載順位」とは実際に検索された際の平均検索順位で、ここが低いのであれば記事を追記したり編集したりして上位表示させるために頑張ろう、みたいな改善施策を練ります。

「カバレッジ」で自分のサイトのクロール不具合を確認しよう

サーチコンソール_カバレッジ画面

クロールとは、Googleのロボットが自社サイトを巡回する行為のことで、このクロールが正常に行われないとGoogleがサイトをキチンと評価してくれず、アクセス数が伸びないという自体に陥ってしまいます。

そんな事にならないように、この部分を見てエラーがないかどうかを定期的にチェックしましょう。クロールされない原因はいくつかありますが、ここを見ればなぜクロールできていないかを教えてくれます。

「リンク」で外部リンクをチェックしよう

サーチコンソール_外部リンク確認画面

悪質な外部リンク偽装でSEO対策をしているサイトがまだまだたくさんありますが、ウェブサイトのアクセスを伸ばすために自サイトにリンクを獲得する事は大切です。

「リンク」のページでは自サイトの「どのページに」「どんなサイトから」「どんなアンカーテキストで」リンクを受け取っているかを調べる事ができます。

この作業をする事で、「どのような記事を書けば外部リンクを獲得できるか」「どのような記事がシェアされやすいか」等戦略的にコンテンツ案を練ることができます。

サーチコンソールの使い方まとめ 

サイト運営してアフィリエイト報酬をあげたり、アクセス数を増やしてアドセンスの売上を増やすためには、サーチコンソールを使いこなす事が必須となります。

サイト運営でしっかりと売上を確保して収益化している人で、サーチコンソールを使っていない人はおそらく世界中を探してもごくわずかでしょう。そのくらい、サーチコンソールを使いこなせるかどうかは重要です。

最初はよくわからないと思いますが色々な使い方、データの活かし方を覚えてサイト運営に役立ててください。

また、これからサイト運営を始めようと考えている方には、カゴヤのWordPress専用サーバーの利用がおすすめです。通常は自分でサーバーを契約してWordPressのインストール・設定を行わなければなりませんが、こちらであれば初めからWordPressがインストールされたサーバーを利用できるので安心です。さらに、初期費用無料かつ月額440円~と費用を抑えてサイト運営を始めることができるので、初心者の方にはメリットが大きいと思います。

WordPress専用サーバー

▼ 連載の他記事を読む ▼


高速でセキュアな環境で運用できるWordpressユーザー向けに特化したWordPress専用サーバー

人気記事ランキングトップ10

カテゴリ一覧

新着記事Pick Up!