KAGOYA CLOUD チュートリアル

第4回
CentOS7 に Ruby on Rails 環境をつくってみた

ここでは rbenv を使用してCentOS 7 に Ruby on Rails をインストールする方法を説明します。

① CentOS7のインスタンスを作成

まず、KAGOYA CLOUD のコントロールパネルにログインし、CentOS 7 でインスタンスを作成します。

CentOS7のインスタンスを作成

② rbenv のインストール

はじめに CentOS のパッケージを最新の状態にします。

# yum update

rbenv と Ruby をインストールにあたって依存関係のあるパッケージなどをインストールします。

# yum install -y git-core zlib zlib-devel gcc-c++ patch readline readline-devel libyaml-devel libffi-devel openssl-devel make bzip2 autoconf automake libtool bison curl sqlite-devel

rbenv をインストール

# git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git .rbenv
# echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
# echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
# exec $SHELL -l

rbenv のプラグイン ruby-build をインストール

# git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
# echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/plugins/ruby-build/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
# exec $SHELL -l

③ Ruby のインストール

インストールできる Ruby のバージョンを確認

# rbenv install --list

Ruby をインストール

# rbenv install -v 2.5.0

すべてのシェルが使用する Ruby のデフォルトバージョンを設定

# rbenv global 2.5.0

バージョンを確認

# ruby -v

④ Railsのインストール

Rails をインストール

# gem install rails

バージョンを確認

# rails -v

⑤ Javascript Runtime をインストール

Rails のいくつかの機能は、Javascript ランタイムを必要とするため Node.js をインストールします。

# yum -y install epel-release
# yum install nodejs

⑥ データベースをインストール

ここでは、MariaDB をインストールします。

# yum install mariadb-server mariadb-devel
# systemctl enable mariadb.service
# systemctl start mariadb.service
# mysql_secure_installation

※ # mysql_secure_installationで MariaDB の root パスワードを設定します。

MySQL Gem をインストール

# gem install mysql2

⑦ Rails アプリケーション を作成

Railsアプリケーションを作成します。

# cd ~
# rails new testapp -d mysql

Rails アプリケーション のデータベース接続情報を設定します。

# cd testapp
# vi config/database.yml

passwordにMariaDB の root パスワードを入力して保存します。

default: &default
  adapter: mysql2
  encoding: utf8
  pool: <%= ENV.fetch("RAILS_MAX_THREADS") { 5 } %>
  username: root
  password:(設定した MariaDB の root パスワードを入力)
  socket: /var/lib/mysql/mysql.sock

Rails アプリケーション が使うデータベースを作成します。

# rake db:create

iptables の設定で 3000 番ポートを有効にします。

# iptables -A INPUT -p tcp --sport 3000 -j ACCEPT
# iptables -A INPUT -p tcp --dport 3000 -j ACCEPT
# iptables-save > /etc/sysconfig/iptables

WEBrickサーバーを起動

# rails server --binding=203.0.113.100

※ 「203.0.113.100」のは例示用のIPアドレスです。サーバーのIPアドレスを入力してください。
※ WEBrickサーバーを止める場合は、キー操作で「Ctrlキー」+「C」を押します。


ブラウザでアクセスして表示を確認します。
http://203.0.113.100:3000

Rails アプリケーション

“Yay! You’re on Rails!”と表示されます。

PAGE TOP

お客様サポート