KAGOYA CLOUD チュートリアル

第3回
CentOS 7 に Tomcat 9 を入れてみた

Tomcat とは、「 Java Servlet・JSP(JavaServer Pages) 」を実行するための「サーブレットコンテナ( Web アプリケーションサーバー)」です。
Java が使えるレンタルサーバーはあまりありませんが、KAGOYA CLOUD ではサーバーに Tomcat をインストールすることで簡単に Java の実行環境を構築できます。

このマニュアルでは CentOS 7 のサーバー環境に Tomcat 9 をインストールする手順を例に説明します。

① CentOS7のインスタンスを作成

まず、KAGOYA CLOUD のコントロールパネルにログインし、CentOS 7 でインスタンスを作成します。

CentOS7のインスタンスを作成

② Java をインストール

Tomcat 9 を動作させるには、サーバーに JRE(Java SE Runtime Environment) 8 以降をインストールする必要があります。
Java の開発環境も必要な場合は JDK(Java Development Environment) 8 以降をサーバーにインストールします。

ここでは yumでOpenJDK 8 をインストールします。

次のコマンドでパッケージを検索します。

# yum search openjdk
Loaded plugins: fastestmirror
base                                                     | 3.6 kB     00:00
extras                                                   | 3.4 kB     00:00
updates                                                  | 3.4 kB     00:00
(1/4): base/7/x86_64/group_gz                              | 156 kB   00:00
(2/4): extras/7/x86_64/primary_db                          | 101 kB   00:00
(3/4): updates/7/x86_64/primary_db                         | 2.8 MB   00:01
(4/4): base/7/x86_64/primary_db                            | 5.7 MB   00:01
Determining fastest mirrors
 * base: ftp.iij.ad.jp
 * extras: ftp.iij.ad.jp
 * updates: ftp.iij.ad.jp
============================= N/S matched: openjdk =============================
java-1.6.0-openjdk.x86_64 : OpenJDK Runtime Environment
java-1.6.0-openjdk-demo.x86_64 : OpenJDK Demos
java-1.6.0-openjdk-devel.x86_64 : OpenJDK Development Environment
(略)
java-1.8.0-openjdk-debug.i686 : OpenJDK Runtime Environment with full debug on
java-1.8.0-openjdk-debug.x86_64 : OpenJDK Runtime Environment with full debug on
java-1.8.0-openjdk-demo.i686 : OpenJDK Demos
java-1.8.0-openjdk-demo.x86_64 : OpenJDK Demos
java-1.8.0-openjdk-demo-debug.i686 : OpenJDK Demos with full debug on
java-1.8.0-openjdk-demo-debug.x86_64 : OpenJDK Demos with full debug on
java-1.8.0-openjdk-devel.i686 : OpenJDK Development Environment
java-1.8.0-openjdk-devel.x86_64 : OpenJDK Development Environment
(以下、略)

OpenJDK 8 をインストールするには、java-1.8.0 で始まるパッケージを選択します。
ここでは Java の開発環境もインストールするので、java-1.8.0-openjdk-devel をインストールします。

# yum install java-1.8.0-openjdk-devel.x86_64

インストールした Java のバージョンを確認します。

# java -version
openjdk version "1.8.0_144"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_144-b01)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.144-b01, mixed mode)

③ Tomcat 9 をインストール

Tomcat 9 をインストールします
まず、Tomcat を動かすためのユーザーを追加します(ユーザー名は tomcat とします)。

# useradd -s /sbin/nologin tomcat

Apache Tomcat 9 のダウンロードページを開きます。

■ 参考URL Apache Tomcat Download > Tomcar 9.0
http://tomcat.apache.org/download-90.cgi

インスタンス作成

最新バージョンの tar.gz 形式のダウンロード URL を確認します。

2017年9月21日時点では、9.0.0.M26 が最新バージョンで、tar.gz 形式のダウンロードURL は、
http://ftp.riken.jp/net/apache/tomcat/tomcat-9/v9.0.0.M26/bin/apache-tomcat-9.0.0.M26.tar.gz でした。

curl コマンドでサーバーにダウンロードします。

# curl -O http://ftp.riken.jp/net/apache/tomcat/tomcat-9/v9.0.0.M26/bin/apache-tomcat-9.0.0.M26.tar.gz

解凍します。

# tar -xzvf apache-tomcat-9.0.0.M26.tar.gz

/usr/local/tomcat に配置します。

# mv apache-tomcat-9.0.0.M26 /usr/local/tomcat

Apache Tomcat の所有者を、先ほど作成した tomcat とします。

# chown -R tomcat:tomcat /usr/local/tomcat

CentOS 7 から systemd がサービスを管理します。
Tomcat 9 をサービスとして登録するために systemd unit ファイルを作成します。

# vi /etc/systemd/system/tomcat.service

以下の内容を記述し、保存します。

[Unit]
Description=Apache Tomcat 9
After=syslog.target network.target

[Service]
User=tomcat
Group=tomcat
Type=oneshot
PIDFile=/usr/local/tomcat/tomcat.pid
RemainAfterExit=yes

ExecStart=/usr/local/tomcat/bin/startup.sh
ExecStop=/usr/local/tomcat/bin/shutdown.sh
ExecReStart=/usr/local/tomcat/bin/shutdown.sh;/usr/local/tomcat/bin/startup.sh

[Install]
WantedBy=multi-user.target

作成した定義ファイルの権限を 755 に変更します。

# chmod 755 /etc/systemd/system/tomcat.service

自動起動設定をし、サービスを有効にします。

# systemctl enable tomcat
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/tomcat.service to /etc/systemd/system/tomcat.service.

Tomcat 9 を起動します。

# systemctl start tomcat

ブラウザで以下の URL にアクセスし表示を確認します。
http://[サーバーのIPアドレス]:8080/

Wordpress CentOS 6 64bit

④ Tomcat Web アプリケーションマネージャ の設定

Tomcat Web アプリケーションマネージャの設定をします。

# vi /usr/local/tomcat/conf/tomcat-users.xml

<tomcat-users>

</tomcat-users>
の間に以下の内容を追記し、保存します。

<role rolename="manager-gui"/>
<user username="admin" password="password" roles="manager-gui"/>

Web アプリケーションマネージャに外部からアクセスできるよう制限を解除します。

Manager app のコンテキスト設定ファイルを編集します。

# vi /usr/local/tomcat/webapps/manager/META-INF/context.xml

以下の部分を編集します。

<Context antiResourceLocking="false" privileged="true" >
  <Valve className="org.apache.catalina.valves.RemoteAddrValve"
         allow="127\.\d+\.\d+\.\d+|::1|0:0:0:0:0:0:0:1" />
  <Manager sessionAttributeValueClassNameFilter="java\.lang\.(?:Boolean|Integer|Long|Number|String)|org\.apache\.catalina\.filters\.CsrfPreventionFilter\$LruCache(?:\$1)?|java\.util\.(?:Linked)?HashMap"/>
</Context>

アクセス許可する接続元 IP アドレスを追加することもできますが、
どこからでもアクセスできるようにするには、

<Valve className="org.apache.catalina.valves.RemoteAddrValve"
allow="127\.\d+\.\d+\.\d+|::1|0:0:0:0:0:0:0:1" />

の部分をすべて削除して保存します。

編集が完了したら、Tomcat を再起動します。

# systemctl restart tomcat

ブラウザで以下のURLにアクセスします。
http://[サーバーのIPアドレス]:8080/manager/html

正引き設定

認証画面が表示されるので、
設定した ID とパスワードでログインします。

Tomcat Web アプリケーションマネージャが表示されます。

WordPress の設定画面

PAGE TOP

お客様サポート