ログイン
ログイン

KAGOYA CLOUD チュートリアル

第1回
KAGOYA CLOUD で
WordPress を使ってみた

KAGOYA CLOUD では、CMS として導入事例の多い WordPress を簡単に利用開始できます。

  • OpenVZ を利用する

    KAGOYA CLOUD では、VPS基盤として KVM と OpenVZ の両方を選択できます。
    どちらの基盤を選択しても WordPress を利用できますが、ここではより簡単に WordPress を導入できる OpenVZ 環境を選択します。

    OpenVZ を利用する
  • インスタンスを作成する

    インスタンスとは仮想専用サーバーのことです。
    まずは WordPress を運用する仮想専用サーバーを作成します。

    インスタンス作成

    「インスタンス作成」をクリックします。
    スペックはSSDタイプを選択します。

    SSDタイプを選択

    HDDタイプと比較して、ストレージ容量は少ないですが、データの読み込み/書き込み速度の向上が見込めるため、データベースを使用する WordPress の運用に適しています。

    パッケージはOSテンプレートの中から「Wordpress CentOS 6 64bit」を選択します。

    Wordpress CentOS 6 64bit

    このパッケージを選択すると、LEMP(Linux, Nginx, MySQL, PHP-FPM)環境で WordPress を使用できます。
    Webサーバーは、一般的な Apache ではなく Nginx となります。Nginx は Apache と比較してメモリ消費量が少なく、サーバー本体への負担が低いため、処理速度の向上が見込めます。

    後は、ログイン用認証キーを選択し、インスタンス名を入力したら「インスタンスを作成」ボタンをクリックします。

  • インスタンスの起動

    インスタンスを作成すると、インスタンス一覧に表示されます。

    インスタンス名

    インスタンス名をクリックし、インスタンス情報を表示します。

    起動

    「起動」をクリックします。

  • ドメインの設定

    正引き設定にドメインを登録します。

    正引き設定

    ※ 正引き設定をすると、当社ネームサーバーに自動的にAレコードが設定されています。
    ※ 当社以外のネームサーバーを利用する場合は、ネームサーバーのDNSレコード設定で、AレコードにインスタンスのIPアドレスを登録してください。
    (参考画像:お名前の場合)

    お名前

    設定したドメインのDNS情報がインターネットに反映するまで数時間ほどかかります。

  • WordPress にアクセスする

    DNS設定が反映したら設定したドメインにアクセスします。
    例)http://www.example.com/

    WordPress の設定画面

    WordPress の設定画面が表示されます。
    必要情報を設定し、「WordPress をインストール」をクリックします。

    正設定が完了すると「成功しました!」と表示されます。

    成功
  • WordPress にログイン

    WordPress にログインするのは、wp-login.php にアクセスします。
    例)http://www.example.com/wp-login.php

    ログイン

    設定したユーザー名とパスワードでログインします。

    ログインするとダッシュボードが表示されます。

    最新バージョン

    セキュリティのため、Wordpress のバージョンは必ず最新バージョンに更新しましょう。
    以上の手順でWordPressを利用開始できます。

  • 補足情報

    データベース情報の確認
    WordPress が利用しているMySQL データベースの情報は、WordPress の設定ファイルで確認できます。
    SSH接続して以下のファイルをご確認ください。
    /usr/share/nginx/wordpress/wp-config.php

    データベース情報の確認
KAGOYA CLOUD
チュートリアル トップへ